ac1b149c

618:2014/10/28(火) 21:37:25.69 ID:

【オネエ提督と武蔵ちゃん】

《居酒屋》

<ィャッシャーセー

大和「あ、いたいた、武蔵~!」

武蔵「おお、ここだここだ……店員さん、とりあえず生大2つ」

<カシコマリッ!

武蔵「久しいな、大和」

大和「本当に。お互い、別の鎮守府に着任してからメールか電話で話すぐらいでしたからね」

武蔵「基本、大和がそちらの提督殿について書きつらねるか、一方的に話しまくるだけだがな」

大和「それは仕方ありません、大和の提督の素晴らしさが留まるところを知らないのですから」(ドヤァ

武蔵「相変わらずお熱いことで」

<生大2ツオマシャッシター

武蔵「来た来た……久方ぶりの再会に乾杯」

大和「ハイ、乾杯です♪」

武蔵「ングング……そういえば大和、提督殿との夜戦は上手くいってるか?」

大和「ブーーーッ!!?」

武蔵「……おい、何をするんだ」(びしょ濡れ

大和「む、武蔵がビックリするようなこと言うからです……」

武蔵「む……そんなにおかしなことを言ったか?」

大和「おかしなことというか……まさか武蔵からそーいう話題が出てくるとは思わなくて」

武蔵「まさかって、私だって女だからな、色恋に興味ぐらい持ってる」

大和「(そういうことズバッと言っちゃうから驚かれるんですよ……)」

武蔵「……実は今日、飲みに誘ったのも色恋に関して大和にアドバイスを貰いたくてだな」

大和「アドバイス、ですか?」

武蔵「うむ。言い忘れていたが、ウチの提督とケッコンカッコカリした」

大和「……え?」

武蔵「それでまあ、ケッコンした以上やることはやらねばと、何度か夜戦(意味深)も致したわけだが」

大和「え」

武蔵「自分で言うのもなんだが、ソッチの夜戦は門外漢でな……ウチの提督を満足させられているのか自信がなくてな」(テレ

武蔵「私だって、奴のことを憎からず思っているからこそケッコンカッコカリを受けたんだ。家事で負担をかけてる分は夜戦(意味深)で埋め合わせしてやりたい」

武蔵「大和なら男を悦ばせ方の一つや二つ知ってるだろう?できればソレを私に伝授してくれ」

大和「」

武蔵「どうした?」

大和「………………そ、そうですね、殿方に満足していただくためには、まず縄でですね――」

武蔵「ふむふむ」

(大和、願望吐露中・・・)

619:2014/10/28(火) 21:42:51.23 ID:

《オネエ鎮守府》執務室

武蔵「というわけだ」

オネエ提督「いきなり部屋に入ってきて『おい、縛らせろ』なんて言い出すから何事かと思ったわ……」

武蔵「むう、こうすれば間違いなくヤレると大和の奴が言っていたんだが」

オネエ提督「イヤよ、そんなムードもへったくれもないプレイ」

オネエ提督「だいたい、それだとアナタが満足できるだけで、アタシただのヤラレ損じゃない?」

武蔵「うむ、言われてみれば確かに」

オネエ提督「しっかりしてちょうだいな、駄級戦艦さん」

武蔵「駄級はやめてくれ……」(ムスッ

オネエ提督「ハイハイ、拗ねない拗ねない♪」(グルグル

武蔵「……おい、どうして私を縛ってるんだ?」

オネエ提督「ゴメンなさいね、武蔵が夜戦(意味深)のことで悩んでることに気づいてあげられなくて」

武蔵「それは私が勝手に……ッ、バ、バカ、どこをまさぐって……!?」

オネエ提督「ん~、せっかく武蔵がソノ気になって来てくれたから、満足させてもらおうかなって♪」

武蔵「」

オネエ提督「……つまらないことで悩まないで済むよう、可愛がってあ・げ・る♪」

武蔵「オイ、やめろバカ……ヒャン!? ダ……ダメ……!」

《この後、無茶苦茶ムチャクチャにされた》

620:2014/10/28(火) 21:54:47.34 ID:

(同時刻)
《鎮守府》執務室

提督(手首拘束)「や、やめたま……やめてくれ大和君、早まってはいけない……や、やめてっ……!」(ジタバタ

大和「武蔵がケッコンカッコカリしていて夜戦で可愛がられているのに大和は提督に愛していただけていないというのは不公平だと思いませんか?不公平ですよね?そんなのいけませんよね?」(ハイライトOFF

大和「提督が恥ずかしがりやさんで夜戦(意味深)はケッコンカッコカリが済んでからと考えてくださっているのは嬉しいです、でも同じ超弩級戦艦の武蔵には負けたくないんです、わかっていただけますよね提督?」(ベルトカチャカチャ

大和「大丈夫……ええ、大丈夫です、大和も初めてですがちゃんと提督にご満足いただけるよう頑張りますから……ね?」(首筋ねぶり

提督「(だ……誰か……誰か助けて、誰か……!!)」(ブルブル

<バーン!!

漣「そこまでよ、この超駄級戦艦っ!」

神通「て、提督から離れてください!」

提督「さ、漣君……神通君……た、助かった」(ホッ

漣「金剛さんも間もなくこちらに到着予定です! 無駄な抵抗はやめてご主人様を解放しなさい!」

神通「も、もし抵抗されるのでしたら、こちらにも考えがあります……!」

大和「…………」

漣「……あり?」

神通「や、大和……さん?」

大和「…………の……に」(ボソ

漣神通「「?」」

大和「……見逃してくれるなら、あなたたちにも思う存分、提督と愛し合うチャンスを分けてあげるのに」

提督(緊縛涙目)「き、君は何を言っているのだ」(ブルブル

提督「漣君と神通君からも何とか言ってやって……」

漣「思う存分……」(ゴクリンコ

神通「……愛し合う」(ゴクリンコ

提督「漣君!? 神通君!?」

漣「ハッ……!? そ、そんな甘言に誰が乗りますか!」(目逸らし

神通「っ……そうです、提督にそんな酷いこと、で、できません!」(震え声

提督「…………」(ハイライトの消えた猜疑心に駆られた瞳

大和「さあ、提督、今こそ大和と一つに……♪」(瞳孔ハートマーク

(後日、提督の人間不信が再発して引きこもったので、憲兵が艦娘に厳重注意しに来た)

621:2014/10/28(火) 21:57:02.69 ID:

乙です
「駄級戦艦」流行ってるwwwwwwwwww
623:2014/10/28(火) 22:15:50.40 ID:

乙ー
そりゃコミュ症提督にはオーバーキルもいいとこだわなww
624:2014/10/28(火) 22:36:56.65 ID:

大和の愛が有頂天になった この愛はしばらくおさまる事を知らない.
625:2014/10/28(火) 22:48:01.39 ID:

大和「私の愛が今、有頂天に達したぁ!!」
626:2014/10/28(火) 22:55:02.98 ID:

【ハロウィーン前日】

《鎮守府》執務室

提督「…………」(黙々

ルタバガ<ねえ知ってる? 肉抜きしてもミニ四駆は特に早くならないんだよ

漣「……あ、あのー、ご主人様~、なんですか、そのでかい蕪をくりぬいて作ってるSAN値直葬な……デスマスク?」

提督「これかね? ジャ、ジャックランタンのつもりなのだが……下手ですまない」

漣「い、いえいえ、その逆で異様に禍々しくて雰囲気出すぎで怖いです、はい」

提督「そ、そうか。……もうすぐハロウィーンだからな、ジャックランタンは必要になると思って、今のうちに用意しているのだ」(キラキラ

漣「(物作ってる時はホントに楽しそうですねー……)」

漣「てか、必要になると思って……って」

漣「もしかしてやるんですか、ハロウィーン?」

提督「……や、やらないのかね? 当日はパーティーでもと思い、間宮君や鳳翔君に菓子や料理の手配をしているのだが」

漣「」(窓ガチャー

提督「さ、漣君?どうかしたのかね?」

漣「いえ……空からバイクでも降ってくるんじゃないかと」

提督「!?」

漣「あ、漣たち、これからちょ~っと大事な会議があるのでー。ご主人様はゆっくり、ランタンとか作っててください♪」

提督「あ、ああ」

漣「」(ダッ!

<非常召集警報発令~~~~!!

<ナンダナンダ

<クマクマニャー!?

<まさか、また提督の身になにか……!?

<みなさん、聞いて! ご主人様が……ご主人様がハロウィーンの日にパーティーするって……!

<ナ、ナンダッテーーー!?

提督「(やはり唐突に私がこんなことを言い出したら驚かれる、か……)」

提督「……さ、さて、時間がない。次はカボチャのランタンを作らねば」(ゴリゴリ

《この後、無茶苦茶ランタンを量産した》

627:2014/10/28(火) 23:18:48.62 ID:


どこぞのゲシュペンストイェーガーが何故か思い浮かんだ
630:2014/10/29(水) 02:01:28.69 ID:

なお、提督は裏方でお菓子食べるだけの模様
631:2014/10/29(水) 02:11:58.48 ID:

【改修工廠が可能になりました】

明石「お久しぶりです、みなさん! 明石、参上ました!!」

提督「あ、ああ」

漣「お久しぶりですねー。で、今日はなんの御用で?」

明石「はい! 今回、大本営より新しいシステムの認可が下りたのでアドバイザーとして出張に参りました!」

提督「き、聞いていないぞ、そんな話は……」

明石「え? でも、元帥から教えに行ってくれって……ホラ、この通り辞令も」

提督「」

漣「(あー、さすが大本営……というか元帥殿、ご主人様の扱い方がわかってますね~)」

明石「も、もしかして私、来ない方がよかったのでしょうか!?」(ワタワタ

提督「い、いや、そんなことはないぞ……たぶん」

明石「たぶん!?」

漣「ご主人様のことは無視して結構なのです、はい。それで、新しいシステムっていうのは具体的にどういう内容で?」

明石「あ、はい、工廠改修といって、なななんと! 艦娘さんたちの兵装の性能を向上させることができるんです!!」

漣「…………へ?」

明石「あ、あれ、思ったより反応が鈍い? す、すごいんですよ、最後まで改修すれば火力が大幅に強化されたり……!」

漣「あ、いや、火力が向上するのはありがたいのですがー、そういうのはもうご主人様がですね……」

明石「?」

632:2014/10/29(水) 02:12:36.89 ID:

<ガチャー

文月「司令官、司令官~、弥生ちゃんの艤装壊れちゃった~」(パタパタ

弥生「早撃ちで…先攻を決めてたら…」(グス

提督「む……どれ、見せてみなさい」(カチャカタy

提督「ふむ……中のパーツが歪んでしまったらしいな。工廠の妖精君にここの……ひのふのみ……七つ目が曲がっていると言えば直してくれるはずだ」

文月「ほわぁ、司令官ありがと~!」(ピョンピョコ

弥生「弥生、工廠に行ってきます…!」(パタパタ

明石「……」

北上「提督~、なんか魚雷が途中で曲がるんですけど~」

提督「ぬ……これは艤装側の問題のようだな。ここの羽の部分を調整すれば直るはずだ、妖精君のところへ行きたまえ」(ガチャガチャ

北上「ほ~、なるほど、さんきゅ~」

明石「…………」

満潮「ちょっと、私の主砲、神通さんの20.3cm(3号)連装砲みたいにパワーアップできないの!?」

提督「ひぅっ……!? ゆ、許してくれ、駆逐艦の兵装は今、君の艦に積んでいる12.7cmが限界なのだ……」

満潮「それにしたってもう少し威力の強化はできるんじゃないの? ったく、自分のお気に入りの子の装備ばっか強化してんじゃないわよ、まったく」

提督「す、すまない、そんなつもりではないのだが……」

<あ、あと1週間待ってくれ、それまでに妖精君たちと新兵装の開発を終えるから……

<別に期待はしてないけど……その辺は信頼してるから楽しみにしておくわ!

妖精A「提督さん、前に提案された主砲の強化案についてですけけどー」(ガチャー

提督「む、砲弾の飛距離と命中率向上について何かいいアイデアでも浮かんだのかね?」

妖精B「もちろんです! ココをあーして、こーしてですね……」

提督「ふむふむ……いや、だが、それならココの弾性を上げることでなだ……」

妖精A「ふんふむ、硬度より弾性を取ると……なるほど、そういうのもあるのか! です」

明石「………………」

漣「ご主人様、元々機械弄りの畑出身の方ですからー」

明石「――――うわぁぁぁぁん、私、実家に帰らせたいただきますっ!!」(ダッ

漣「ちょっ、誤解を招く発言残して帰らないでくれます!?」

633:2014/10/29(水) 02:17:24.58 ID:

提督「ふむふむ……いや、だが、それならココの弾性を上げることでなだ……」
妖精A「ふんふむ、硬度より弾性を取ると……なるほど、そういうのもあるのか! です」

→提督「ふむふむ……いや、だが、それならココの弾性を上げることでだな……」
妖精A「ふんふむ、硬度より弾性を取ると……なるほど、そういうのもあるのか! です」

でお願いします
今日はここまでで寝舞うs

634:2014/10/29(水) 02:29:40.93 ID:

おつデース

つくづくここの提督は何で提督になっちゃったんだろ?配属願いで技術課にでも希望出せば良かったのに。
あのやり手の大本営の元帥に嵌められたのかな?

636:2014/10/29(水) 11:27:44.68 ID:

その後、明石と噂を聞きつけた夕張が弟子志願で移籍してきたり

提督もなんだかんだ熱意とまあ趣味も合うので断りきれずみたいな

637:2014/10/29(水) 12:29:45.74 ID:

乙です

明石さんほんとカワイイなぁw

638:2014/10/29(水) 13:27:41.21 ID:

【物忘れ】

《鎮守府》執務室

提督「うむ……?」

漣「どーかしました、ご主人様?」

提督「い、いや、机の引き出しに入れておいたチョコが見当たらなくてな……」

漣「チョコって、いい加減、引き出しにお菓子ストックするのやめてくださいよー、アリさんが集まったらどうするんですか、もー」(プンスカ

提督「す、すまん……頭を働かせるのに、どうしても胃薬と甘いものが必要でな……」

漣「胃薬と甘いものは同列なんですね、ご主人様の中で……」(呆れ

提督「う、うむ……。しかし、本当にどこに行ったのだ……まだ半分ほどしか食べていなかったのだが」

提督「……もしかすると、衛生のために処分してしまったのだろうか、大和君が」(ボソ

漣「…………そういえば昨日の秘書艦は大和さんでしたね」

提督「仕方あるまい、こちらの栗饅頭を食べるとしよう」(ガサゴソ

提督「むぐ…………そういえば、ここ最近、物忘れするようになったらしくてな」

漣「……具体的にどんな物を忘れるんです?」

提督「具体的……?ふむ……例えばそうだな、冷蔵庫に入れたつもりで、どこか別の場所に置き忘れてしまった飲みかけのお茶や……洗濯篭に入れたつもりで入れていなかった肌着などだな」(パクパク

提督「お茶はともかく、肌着をちゃんと篭に入れたかがうろ覚えなのは自分でもどうかと思うが……家には疲れて帰ることが多くてな」(モッキュモッキュ

提督「杜撰な管理をしているせいか、肌着は気がつくと数が減っていたりするのでな、小まめに買い足しにいくようにしている」(キラキラ

漣「なるほど、なるほどー」

漣「……すみません、ご主人様。漣、ちょーっと用事ができたので、少し席を外してもよろしいでしょうかー♪」(ニコニコ

提督「う、うむ、それは構わないが……さ、漣君?」

「ハイッ、なんでしょうかー♪」(血管ビキビキ

提督「い、いや、なんでもない……」(目逸らし

漣「ではではー、ちょっと行ってきま~す♪」(ダッシュ

提督「さ……漣君、かなり怒っていたな」

提督「や、やはり引き出しに菓子を常備するのはやめた方がいいのだろうか?い、いや、しかし……」(ガチ悩み

<大和ー!大和はどこだーーーーー!?

<ど、どうしたんですか、漣さん!?

<あンの超駄級戦艦にいろいろ聞かなきゃいけないことができたんですよ!主にご主人様の食べ差しのお菓子とか下着の行方について!!

639:2014/10/29(水) 16:47:24.54 ID:

オチが大原部長じゃねえかww
640:2014/10/29(水) 17:54:03.64 ID:

ますます駄級っぷりが増している大和さんだなw
641:2014/10/29(水) 18:24:43.28 ID:

大和をどうにかしないと・・・
早くしないと手遅れに・・・もう遅いか?
642:2014/10/29(水) 18:31:10.02 ID:

代わりに自分の食いかけ残せばばれずに済んだかもしれないのに…
645:2014/10/29(水) 21:04:41.62 ID:

駄級戦艦最近とどまることを知らんなwww
646:2014/10/29(水) 21:07:19.80 ID:

超駄級だ
ただの駄級とは違う
654:2014/10/31(金) 23:44:51.70 ID:

【ハロウィーン当日】

《鎮守府》

<トリックオアトリート!

<トリ~ト~!!

<せっかくだから私はこの赤いケーキを……ぶへらがはぁ!?

<……やりました

文月(狼少女)「えへへ、司令官さん、とりっくおあとり~と~♪」(ガオー

弥生(猫娘)「とりっくおあとりーと…♪」(ニャオー

文月「お菓子をくれないとぉ、イタズラしちゃうぞ~♪」

弥生「よ…夜更かし…しちゃいます」

提督「……む」(ガサゴソ

提督「イタズラは……勘弁してほしい」

ジンジャーブレッドマン(ガイコツ仕様)<おい、クッキー食わねえか

文月「ほわぁ、やった~♪」(サクサク

弥生「わ…い…♪」(サクサク

提督「(今のうちに退散しよう)」(そそくさ

蒼龍(白装束)「あ、提督み~っけ」

提督「む、蒼龍君……は伝統的な亡者か」

蒼龍「えへへ、あんまり妖怪とかわかんないので」

蒼龍「とりあえず、トリックオアトリート♪」

提督「うむ……」(ガサゴソ

提督「これで見逃してはもらえないだろうか」

ミイラ飴細工<み……水……

蒼龍「あはは、気合入ってるなぁ。いいんですか、こんなの貰っちゃって?」

提督「か、構わない、今日のためにたくさん拵えたからな」

蒼龍「……拵えた?」

提督「うむ、全部の菓子を間宮君たちに任せるのは申し訳なかったのでな……」

提督「で、では、私は他の場所へ逃げ……移動させてもらう」(すたこら

蒼龍「これ……提督の手作りなんだ」

蒼龍「どうしよ、食べるの勿体なくなってきちゃった……」(ムムム

655:2014/10/31(金) 23:48:19.54 ID:

提督「(パーティーを企画したはいいが、そろそろ帰りたくなってきた)」(キリキリ

漣(まどかわいい)「あ、ご主人様はっけーん!」

曙(あんこれかわいい)「じ、自分から企画提案したのにフラフラ逃げ回ってんじゃないわよ!」

潮(まみこれかわいい)「あ、曙ちゃん、あんまりきつく言ったら提督が……」

朧(さやかわいい)「(スカート短いし、お腹とか出てて、ちょっと恥ずかしいな……)」(マント隠し

提督「あ、ああ、漣君たちも仮装したのか。それは……魔法使い、か?」

漣「ンフフ、夢と希望に溢れたらきらら系魔法少女です!」

曙「文月ちゃんたちには見せられないけどね」

潮「ト、トラウマになっちゃいます」

朧「少女よ、これが絶望だ」

提督「君たちが何を言っているのか、訳がわからないよ……」

漣「まあまあ、愉悦症候群な話は脇に置いといて。ご主人様、トリックオアトリート♪」

曙「お菓子を渡すかイタズラされるか、好きな方を選ばせてあげるわ!」

潮「えっと、えっと……イタズラって何をすればいいんでしょうか……」

朧「抹茶と見せかけてワサビソフトクリームを食べさせる、とか?」

提督「……ワサビソフトは個人的に好みなので問題ないのだが」(袋ゴソゴソ

提督「これで……許してもらいたい」

マフィン(カボチャ味)<猫かぼちゃで作ったけど、食べても大丈夫なんちゃう?たぶん

漣「おぉ、これはまた気合の入ったものを……」(キラキラ

曙「ふ、ふ~ん、まあまあ美味しそうじゃない!」

潮「わぁ……チョコのジャックオーランタンついてる」

朧「(コミュ障系スイーツ男子)」(モフモフ

提督「ま、間宮君や鳳翔君たちのものの方が美味しいので、無理に食べる必要はないからな」(逃走

656:2014/11/01(土) 00:19:39.16 ID:

那珂(ミイラコス)「テッイトクー!トリーック・オア・トリーット♪」

川内(吸血鬼コス)「お菓子くれないなら夜戦させてー!」

神通(魔女コス)「て、提督、とりっくおあとりーとです」(モジモジ

提督「イ、イタズラも夜戦も今日はやめてくれたまえ」(ガサゴソ

眼球チョコ(赤・茶・緑)<眼球三兄弟~、眼球~♪

那珂「え、なにこれ怖い」

川内「ちぇー、夜戦はお預けかー」

神通「これは……チョコ細工ですか?」

提督「う、うむ。いろいろなフレーバーのクリームをホワイトチョコでコーティングして、瞳孔はチョコペンでな……と、とにかく食べてみたまえ」(キラキラ

神通「(提督が稀に見るぐらいお元気です……)」(キラキラ

那珂「へー……。モゴ……あ、那珂ちゃんのストロベリーだ、おいしい~♪」

川内「私のは……キャラメルか。ねえねえ、もう一個ちょうだい!」

那珂「神通ちゃんは何味だった…………?」

神通「…………ヒック」(ポヤーン

那珂「」

神通「提督……」(ダキ

提督「じ、神通君、まさか酔っているのか……!?」

川内「あっれー?神通、今日お酒飲んでたっけ?」

那珂「……ハッ!?那珂ちゃんわかった!チョコレートだよ!」

提督「た、確かにいくつかウィスキーボンボン風のものは作ったが、それは瞳孔の色を青にしていたはずだぞ……!?」

神通「提督……トリックオアトリート、です」(サワサワ

提督「へっ、変なところを触るのはやめたまえ!菓子っ、菓子ならあるから……!」(ゴソッ

神通「ん」(パックンチョ

提督「!?」

神通(艶)「モグ……お菓子、ないんですね。でしたら……イタズラ、しちゃいます」(ガバッ

提督「ヌウーーーーーッ!?」(回避!

<油断しましたね?次発装填済みです

<ッッッ!?

<じ、神通ちゃんを止めなきゃ! 行くよ、川内ちゃん!!

<もうこのまま夜戦でいいんじゃないかなー

喫茶《間宮》

間宮「ウフフ、今頃提督さんビックリしてるかしら?」

鳳翔「私たちからのちょっとしたイタズラをプレゼント、なんて♪」

羽黒「で、でも、大丈夫でしょうか……。も、もし神通さんにお酒入りのチョコをあげたりしたら……」

間宮「平気平気、最近は神通さんもお酒飲めるようになってるし」

鳳翔「あら?飲めるようになったのは、提督が好んで飲む日本酒だけですよ?」

間宮「え」

鳳翔「相変わらず、洋酒なんかは舐めただけで婬通ちゃんに早変わり、です♪」

羽黒「て、店長……」

間宮「ト……トリックオアトリート♪」(テヘペロ

657:2014/11/01(土) 00:44:19.14 ID:

もう少し続きますがちょっと離れます
658:2014/11/01(土) 00:46:56.78 ID:

待ってる。
駄級に続き、新たなダメ指定用語がww
659:2014/11/01(土) 00:50:55.43 ID:

乙です

僕もお菓子より夜戦が良いと思います!

667:2014/11/01(土) 01:40:21.31 ID:

提督「…………」

提督「(夜が明けたら、憲兵殿たちの本部へ出頭しよう)」

金剛(フランケンシュタイン)「Hey、提督ゥ、Trick or Treat!」(ガバチョ

提督「ひぃっ!?」

金剛「そこまで驚かれるとちょっとショックネー

提督「す、すまん、少し放心していたので……」

金剛「ふーん?」

提督「こ、これいじょうビックリさせられるのは困るからな……菓子を渡そう」

べっこう飴(ひとさし指ver)<しゃぶれよ

金剛「Oh、これが日本の飴ネ。キラキラしてて、とっても綺麗デース♪」

提督「う、うむ、この澄んだ黄金色は他の国にはなかなかないと――」

金剛『訳:――――ところで、口の横にチョコが付いてるわよ?』(ハイライトOFF

提督「」

金剛『訳:微妙に服も乱れてるし……ナ ニ か あ っ た の ?』(指で拭い

提督「――――!!」(脱兎

金剛『訳:あっ、コラ!? 待ちなさい!!』

669:2014/11/01(土) 02:27:51.74 ID:

《鎮守府》母港

海<聞け わだつみの声

提督「…………ふぅ」(座り座り

<ザザザ……ン ザザ……

提督「…………」

<ザザザ……ン ザザ……

ジャックランタン「提督~、トリックオアトリート♪」(ヒョコッ

提督「……イタズラは、困るな」(ゴソ

シュークリーム(カボチャクリーム)<靴墨じゃねーし

ジャックランタン「オォー、シュークリーム! 食ベテイイノカ!?」(隣座り座り

提督「ああ……プリンもある、好きなだけ食べたまえ」

ジャックランタン「~♪」(パックパク

提督「………………」

<ザザザ……ン ザザ……

ジャックランタン「エヘヘ、美味シカッタ! オ菓子モラッタカラ、今年ハイタズラナシニシトイテアゲル!」(立ち上がり

提督「今年は、か」

ジャックランタン「ウン、今年ハ!」

ジャックランタン「――――ダカラ、マタネ提督♪」(手フリフリ

<ザザザ……ン ザザ……

提督「……」

大和「こんなところにいらしたのですね、提督」(ヒョコ

提督「ああ、大和君か。何か用かね?」

大和「いえ、パーティー会場に提督のお姿が見えなかったので探していただけです」

提督「そうかね、手間をかけさせた。冷えてきたし、そろそろ戻るとしよう」(スタスタ

大和「は、はい……あの、提督、こんなところで何をされていたのですか? ついさっきまで誰かがいたような気配があるのですが……」(キョロキョロ

提督「――――ハロウィーンは、有害な精霊や魔女を追い出す日であると同時に……死者の霊が訪ねてくると信じられている日なのだよ、大和君」(帽子かぶり直し

大和「は、はあ……なるほど??」

<カラメル焼きがあるが、食べるかね?

<大和、感激です! ぜ、是非、提督の手ずから食べさせていただけると!!

<それは無理だ(震え声

671:2014/11/01(土) 02:30:04.43 ID:

ハロウィンネタ終了
ハロウィンって外国のお盆でしょ、という認識で書いたので文化的間違いがあったらご容赦ください
673:2014/11/01(土) 02:45:59.27 ID:

乙でした、最期は本物か・・・
そして久々に割りとまともな大和がww
この大和ならもう少しいい目を見させてあげたいな
676:2014/11/01(土) 06:09:58.19 ID:


最後のジャコランタンはレ級か……
あとさりげなく憲兵のとこに出頭しようとするのやめろ
685:2014/11/03(月) 23:06:13.83 ID:

【意外と優秀な球磨ちゃん】

《鎮守府》執務室

提督「……う、うぅむ」(キリキリ

球磨(当日秘書艦)「お腹痛そうな顔してどうしたクマー?」

提督「い、痛そうなのではなく、実際に痛いのだが……」(胃薬ザラー

球磨「ほい、お水だクマ」(サッサ

提督「あ、ありがとう」

提督「……実は明日、急に軍の偉い方々のパーティーに出ることになってな」

提督「せ、先生に……足場作りのために紹介してやるから……に、逃げるなと」(顔面蒼白

提督「しかも、こういう時に限って、サポートを頼んだことのある艦娘が全員、遠征や出撃で出払っていて……」

提督「へ、下手をすると私一人で出席する羽目に……」(ガクブル

球磨「……提督、死ぬクマ?」

提督「それも……吝かではないかもしれん」(沈痛

球磨「…………しょーがないクマー。提督、球磨がなんとかしてやるから安心するクマ」(ナデナデ

提督「??」(キリキリ…

686:2014/11/03(月) 23:08:00.48 ID:

《大本営》パーティー会場

偉い人A「ほうほう、君が提督君の鎮守府所属の艦娘か」

偉い人B「噂はかねがね。かなり高い練度の子が集まっているそうだが……君もそうなのか?」

球磨(正装)「いえ、私なんて主力の方たちに比べればまだまだク……ンンッ、まだまだです」

球磨「練度こそ最高値の99ですが、それも提督の指示があったからこそ」

球磨「これからも提督の元で、みなさまが安心して日々を過ごせるよう頑張らせていただきます」(ニコリ

偉い人A「ハッハッハ、これは頼もしい」

偉い人B「元帥殿の言う通り、提督君は部下に慕われているようですしな」

球磨「仕事熱心すぎて、こうした場に滅多に顔を出せないのが玉に瑕だったりするのですが、ウフフ」(瀟洒

提督「(>そっとしておこう)」(ススス…

元帥「(部下に丸投げして逃げるな、馬鹿者が)」(捕獲

提督「」

<おお、君が提督君か。元帥殿が手塩にかけて育てたというだけあって、かなりの戦果をあげているようだね

<ほ……本日はお日柄もよく……!

ホテル<いくぜいくぜェ!俺様の必殺技パート1……宿泊券!

球磨「ヴォーーーー……疲れたクマ~」(だるーん

提督「く、球磨君、お疲れ様……すまない、応対のほとんどを任せてしまった……」

球磨「まったくだクマ!最初から最後まで球磨ちゃん喋りっぱなしで喉カラカラだクマ!」(スリスリベッタリ

提督「き、帰還は明日なので、今日はもうゆっくり休んでくれたまえ」(ナデナデ

球磨「おーなーかーすーいーたークーマー」(ジトー

提督「」

球磨「球磨ちゃん、お肉食べに行きたいクマ~」(ジトト~

提督「…………」(キリキリ…

<や……焼肉でいい、かね……?

<フフ~ン、問題ないクマ~♪

<……ところで球磨君は普通に喋れたのだね

<木曾と違って、空気が読める意外と優秀な球磨ちゃんってよく言われるクマ!

689:2014/11/04(火) 00:30:50.94 ID:

乙デースww
このまま球磨も正妻レースに参加することになるのか?
胸熱だなwwwwwwww
690:2014/11/04(火) 02:15:19.05 ID:

Hey テートク
最近わた 金剛さんの出番が少ない気がするネー
691:2014/11/04(火) 02:16:36.02 ID:

乙です

普通に喋る球磨だと…?!
ありだな

695:2014/11/05(水) 00:13:03.82 ID:

【菊の節句】

北上「ねえ、提督、菊の節句のお祝いしよー」

提督「……とうの昔に過ぎているのだが?」

北上「ま~、モノ自体は9月の行事だしね~」

北上「ぶっちゃけ、今日時間あるなら飲まないって誘いだよー」

提督「い、いや、私を誘うぐらいなら大井君辺りを……」

北上「心配しないで、ちゃんと大井っちも参加するから。んじゃ、夕方鳳翔さんのお店に集合ね、ヨロシクー」

提督「」

旬彩《鳳翔》

大井「…………なんで提督がいるんですか?」

提督「き……北上君に捕まったから、だ」(目逸らし

北上「酷いんだよー、提督。みんなで飲もって言っといたのに、仕事終わらせたらサッサと帰ろうとして」

大井「……へえ」(ジロリ

提督「そ、それは、よかれと思ってだな……。私などが混ざるより、二人水入らずで飲んだ方が楽しいに違いないと」

北上「だったら最初から誘わないっての。ねえ、大井っち」

大井「……そうですね」

提督「(本音を言うなら、北上君と大井君を相手に飲むなんて考えただけで耐えられないから逃げようとしただけなのだが)」(キリッ

北上「ほらほら、大井っちのOKも出たから、提督、座って座って」(右サイドカバー

提督「ぬ……ぬ……?」

北上「ほいほい、大井っちは提督の隣ねー」(提督右サイドset

大井「ちょ、ちょっと北上さん!?」(ヒソヒソ

北上「ほらほら、筆頭メンバーがいないんだからアタック、アタック~」(コショコショ

大井「も、もう、怒りますよ……!?」

提督「(こ、声を荒げるほど不快に思われている……。ここは穏便に済ますために、席をひとつ空けて……)」

北上「んで、私はこっち。わあ、やったね提督、両手に華だよー」(提督左サイド埋め

提督「」

北上「そんじゃ、時期外れの菊の節句で提督の健康を願ってー、かんぱーい」

北上「大井っちー、提督にお酌したげてー」(グビー

大井「何で私がこんなこと……。北上さん……後で覚えておいてくださいよ」

北上「うん、頑張って覚えとくー」(ニマニマ

大井「(まったく……。でもまあ?アタックするかどうかは別として、確かにこういう機会は滅多にないんだし……平常心、平常心)」

大井「……ど、どうぞ、提督♪」(カタカタ

提督「(ううぅ……酌をする手が震えている……。望まぬ酌をさせられているのだ、これは相当、怒っているに違いない)」(ガタガタ

<さ、さあさあ、グッといってください、グッと……!

<う、うむ……

北上「フッ、これがハイパー北上様の手腕って奴ですよ」(ドヤァ

鳳翔「見事よ、北上ちゃん」(サムアップ

696:2014/11/05(水) 00:13:57.70 ID:

(翌朝)

<チュン……チュチュン……

大井(@二日酔い)「ぅぁ…………ここ、ドコ?北上さーん……?」(フラフラ…

提督(@エプロン)「む、お、起きたかね大井君」

大井「」

提督「き、昨日はだね、酔い潰れた君をよろしくと北上君に押しつ……た、頼まれてだな、仕方なく私の家に運んだのだが…………覚えているかね?」

大井「」(チャキッ

提督「お、おもむろに魚雷を出してどうするつも……」

大井(恥辱)「提督を殺して私も死ぬ!!」(泣

提督「はっ、早まるんじゃない!?魚雷で殴りかかるのはやめたまえ……!!」

699:2014/11/05(水) 01:04:49.06 ID:

この提督の場合、お楽しみでしたねはないから大丈夫かな…
703:2014/11/06(木) 01:09:29.06 ID:

大井はデレたら病みそうな気が
704:2014/11/06(木) 09:47:53.42 ID:

他の娘を建造しただけで舌打ちするようになるしな
706:2014/11/06(木) 22:41:47.14 ID:

【好きな食べ物】

大和「提督、お好きな食べ物はなんですか?」

提督「……甘いもの全般、だな」

大和「い、いえ、食事として好きな食べ物について教えていただきたかったのですが」

提督「(甘い物は食事にカウントされないのか……)」

提督「…………うどん、かな」

大和「きつねですか? かまたまですか? カレーですか? それともぶっかけ?」(メモメモ

提督「……さ、皿うどん?」

大和「皿うどんって……おうどんのカテゴリーに含んでよいのでしょうか?」

提督「!?」

707:2014/11/06(木) 23:02:15.81 ID:

皿うどんってなんじゃいって思ってぐぐったらかたやきそばみたいなもんなのか
708:2014/11/06(木) 23:20:28.07 ID:

皿うどんはやきそばみたいな太麺よりも、パリパリした細麺の方が好きかな…
709:2014/11/07(金) 00:20:54.66 ID:

皿うどんなら長崎生まれの武蔵が出張って来そうだな
710:2014/11/07(金) 02:01:56.11 ID:

【七つの大罪】

《鎮守府》執務室

提督「…………」(カリカリカリカリ

神通(秘書艦)「……」(じー

提督「…………」(カリカリカリカリカリカリ

神通「…………」(じじー

提督「(これは終わり。では次の書類――)」

書類<だが切れ味は受けてもらう!(スパーッ

提督「っ……!」

神通「て、提督、大丈夫ですか!?」

提督「あ、ああ、問題な――――!?」

神通「ン……ちゅぷ…………ハァ」

提督「」

神通「い、痛くないですか? 絆創膏、持ってきますか!?」

提督「……い、いや、大丈夫だ、問題ない」

神通「ほ、本当ですか? 顔も赤いですし……ハッ!? も、もしかして感染症!? すぐに漣さんや金剛さんを呼んできます!!」

提督「そ、それだけはやめてくれたまえ……!!」

神通「(提督……漣さんや金剛さんに心配かけないために……!)」

《この後、無茶苦茶心配された》

711:2014/11/07(金) 02:05:09.46 ID:

忍者が一番かわいいと思ったから書いただけのネタ
こういう那珂の人ネタも、キャラ崩壊しすぎなければやっていきたいかも
712:2014/11/07(金) 04:48:49.76 ID:

那珂の人 乙
714:2014/11/07(金) 10:02:14.99 ID:

てか突然手を握られた挙げ句口をつけられるとか、提督ショック死しそう
715:2014/11/07(金) 12:38:21.02 ID:

乙です

提督、よく失神しなかったなw

716:2014/11/07(金) 14:52:46.54 ID:

川内型、長門型、球磨多摩木曾、ぜかましの9人が同じ人担当なんでほんとに文字通り那珂の人やね
717:2014/11/07(金) 19:05:16.30 ID:

【艦娘これくしょん~艦これ~】

《居酒屋》

他所提督「……お前さあ、艦娘と何回ぐらい夜戦(意味深)した?」

提督「」(ゴボォッ

他所提督「ま、真顔で酒噴き出すなよコエーよ!」

提督「い、いきなり訳のわからないことを言い出すからだろう……」(フキフキ

他所提督「お前のとこも俺様のとこに負けず劣らずな可愛い子が多いんだから、そりゃやることやってるか気になるだろ、フツー」

提督「(普通とはなんだ……過ちを犯すことか?)」

他所提督「まー、お前の性格考えたら艦娘に手を出すとか難易度インフェルノか、うんうん」(ガサゴソ

他所提督「……というわけで、一人寂しくヌキヌキするしかないお前のためにオカズをプレゼントだ!」

提督「……『艦娘これくしょん~艦これ~』?」

他所提督「艦娘に大ブレイク中の『提督これくしょん~提これ~』作ったとこの新作パソゲ。超人気高くて、この俺でさえ特典なしの通常版しか手に入れられなかった一品だ!」

提督「……そ、そんなものをどうして私に?」

他所提督「ぶっちゃけ、ウチの連中に見つかったら割られるか捨てられるかするから、お前のとこに匿ってやってほしい」(血涙

他所提督「っくしょ~、龍田も他の奴らもわかってねえんだよ。男にはどうしようもなくソロでやりたくなる時があるってことをよ~」(メソメソ

提督「く、苦労しているのだな」

他所提督「おう。……最初は一人だけだったのになぁ、気がついたら二人、三人、四人、五人って……これが若さって奴か」(遠い目

提督「ま、まあ、品を預かるぐらいなら構わないぞ」

他所提督「おぉー、さすが心の友!恩に着るぜー」

他所提督「せっかくだし、時間あるときにお前もコレやってみろよな。艦娘の攻略の選択とか、コミュ障の改善に役立つからさ!」

提督「た、確かに最近の研究で、ゲームが認知症の予防などに効果があるというのは聞いたことがあるな……それと同様の効果があるのか、このゲームには」

他所提督「そーそー、あるある(適当)。ゲームで艦娘攻略しまくって、リアルの艦娘ともパーフェクトコミュニケーション……まさに一石二鳥って奴だ」

提督「……か、艦娘たちとのコミュニケーションはしっかり取れていると思うのだが?」

他所提督「…………お前さ、寝言はせめて酔い潰れてから言えよ」

提督「!?」

718:2014/11/07(金) 19:06:39.85 ID:

《鎮守府》提督宅

『艦娘これくしょん~艦これ~』<なぁ、プレイしようや……

提督「……せっかくだ、少しプレイしてみるか」

(艦娘これくしょんインストール中・・・)

提督「ふむ……まずは初期艦の選択か」

提督「……では、この根は真面目だが、気恥ずかしくてついふざけてしまうというピンク髪の艦娘にしよう」

提督「…………なに?まずは資材を貯めて艦娘を建造しろ……だと」

提督「ゲ、ゲームとはいえ、自分から進んで艦娘を増やすとは……狂気の沙汰だな」(カチカチ

(3時間経過)

提督「……駆逐艦、軽巡、重巡、空母、潜水艦、戦艦の艦娘が次から次に登場して……い、胃が痛くなってきた」(キリキリ

提督「む、休日はどの艦娘と過ごしますか……?」

提督「………………自宅に引きこもるという選択はないのか。どこかに不可視状態で設置されていたり……」(カチカチカチカチ

提督「……し、仕方あるまい、では最初は…………」

(提督、艦娘攻略中・・・)

ピンク髪の艦娘<フフフ、ご主人様~、ご奉仕の時間ですよ~♪

ピンク髪の艦娘<上でも下でも、どこでもお望みのままに……ね?

ピンク髪の艦娘<…………どうして首を振るんです?もしかしてご主人様、私のこと嫌い?

ピンク髪の艦娘<……ま、いいんですけどね。内気なご主人様をリードしてあげるのも、初期艦の役目ですから

ピンク髪の艦娘(ハイライトOFF)<私がいないとダメになっちゃうぐらい、たっぷり、ねっとり気持ちよくしてあげますからー……覚 悟 し て く だ さ い ね ?

badend【終わらない奉仕】

719:2014/11/07(金) 19:08:10.88 ID:

提督「…………何がいけなかったのだ」

提督「き、気を取り直して……途中から再開しよう」(カチカチ・・・

(提督、艦娘攻略中・・・)

内気な艦娘<いつまでも後ろに引いていたら……他の艦娘に提督を盗られてしまうから

内気な艦娘<だから提督……私、頑張りますから……どうか、あの、や……夜戦を……

内気な艦娘<…………どうして、ですか?どうして私のこと、愛してくださらないのですか?

内気な艦娘(ハイライトOFF)<……いいえ、構いません。例え提督に好きな人がいても、私のことを愛してくださらなくても、私が、提督を愛していることは変わりませんから(ニッコリ

内気な艦娘<ただ解消するための相手でも構いません……だから提督、私で……気 持 ち よ く な っ て く だ さ い ね ?

badend【変わらない想い】

720:2014/11/07(金) 19:09:17.72 ID:

提督「……だから何故」(キリキリ…

提督「そ、そうか、きっと途中から再開したからだな。やはりズボラをしてはいかんな、うむ」(カチカチ

同期の艦娘<……ねえ、知ってた?私、アナタのことずっと好きだったのヨ?

同期の艦娘<でも……アナタは急に私の前からいなくなって……。やっと再会できたと思ったら、アナタの周りには可愛い子が沢山いて……昔からは考えられないくらい楽しそうにしてて

同期の艦娘<アナタにはもう私は必要なくなったのかもしれないけど……そんなの私は嫌、耐えられナイ。私を見てっ……私のことを考えてほしいの……!

同期の艦娘(ハイライトOFF)<だから……だからネ、私、イイコト思いついたの……

同期の艦娘<ずっと、ずぅっと、アナタに私のこと想ってもらう方法……

同期の艦娘<ねえ、提督……浮 気 は no だ か ら ネ ♪

<…………ドシャッ!!

badend【地面に咲く薔薇】

提督「」(パソコンの電源が落ちた時のとーちゃんのポーズ

<ピンポーン

提督「…………?」(チラ

【攻略可能ヒロインが追加されました】

提督「」

《この後、提督は4日寝込んだ》

722:2014/11/07(金) 19:36:15.62 ID:

これじゃ画面の外も中もかわんねえなw
723:2014/11/07(金) 20:46:38.72 ID:

漣と神通と金剛にとってはハッピーエンドだな(白目
724:2014/11/07(金) 20:51:29.25 ID:

追加ヒロインは蒼龍か超駄級戦艦さんだな
730:2014/11/08(土) 01:49:19.47 ID:



【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その1【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その2【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その3【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その4【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その5【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その6【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その7【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その8【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その9【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その10【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その11【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その12【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その13【SS】(再)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その14【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その15【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その16【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その17【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その18【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その19【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その20【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その21【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その22【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その23【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その24【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その25【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その26【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その27【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その28【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その29【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その30【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その31【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その32【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その33【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その34【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その35【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その36【SS】

1001 : 2017/03/28 23:58:38 ID: