ac1b149c

893:2015/01/10(土) 08:17:41.78 ID:

【不知火、抜錨します!】

<それじゃ~、このデッキに1枚だけ入ってるカードを引いた人にお願いするわ~

一同『…………せーのッ!!』

(結果)

~タイムスリップした医者のBGM~

漣「」(orz

神通「」(天井見上げ

金剛「」(拳握りしめ

大和「」(口の端しに髪の毛

蒼龍「」(ハイライトOFF

曙「べ、別にこんなの外れたぐらいどーってことないし! むしろ、クソ提督の寝顔なんて見なくてせいせいしたわ!」(震え声

青葉「(題名…夢破れた者たち)」(パシャリ

赤城「……ホッ」

瑞鶴「アレレ~? 何でホッとしてるんですか~?」(女子高生(異常)風

加賀「当たらなくて残念だったわね、赤城さん」(フッ

赤城「い、いい加減にしないとホントに怒るわよ……!」

赤城「(二人がこうやって意識させるから、そう、それだけだから)」(首フリフリ

不知火「………………」(ペカー♪

陽炎「アンタ、無表情で歓喜するのやめなさいって」

那智「うむ、無欲の勝利といったところだな!」

熊野「提督の役に立てるという欲に目が輝いているようですが……」

瑞鳳「(ミザちゃんのコラ画像みたいな絵面だなー)」

不知火「では……不知火、抜錨します!」(ドロップポーズ

衣笠「アハハ、転ばないようにね~」

陽炎「(何でかなー、不知火に持ちネタ使われた気がする……)」

894:2015/01/10(土) 08:19:30.17 ID:

《提督実家》離れ

不知火「ここが司令用の別宅ですね」(ゴクリンコ

離れ<悪いな、この家一人用なんだ

不知火「では、司令の母君より預かった合鍵で……」(カチャカチャ

不知火「お邪魔します。司令……起きてらっしゃいますか、司令?」(ソロキョロ

不知火「む、『鋼太郎の部屋』……ここが司令の自室のようですね」

不知火「……司令?」(ソォ~

提督「ぐぅ……スゥ……」(熟睡

不知火「グッスリ眠られていますね」

不知火「司令、司令……」(トントン

提督「む……うぅ」(寝返り

不知火「司令、もうみんな起きています……朝ごはんが冷めてしまいます、司令」(ユサユサ

提督「うぬ、うー……う?」(ポケー

不知火「起きていただけました。おはようございます、司令」(キラキラ

提督「むー、むう……」

提督「(いかん、眠すぎて目が開けられん……)」(ユラユラ

提督「(母か……合鍵を渡したのは。起こしに来たのは誰だ……声のトーンは低かった…弥生君か、恐らく)」(グラグラ

提督「(ん……弥生君にしては、少し背が高いか? う、む……そうか、背が伸びたのだな……)」(寝起き

提督「わざわざすまないな……ありがとう……」(ナデナデ

不知火「にゅい……!?」

895:2015/01/10(土) 08:21:49.33 ID:

提督「ようやく目が覚めてきた……。おはよう、今日も寒いな……弥よ…い……??」(マジマジ

不知火「し、司令……」(モジモジ

提督(覚醒)「」

提督「(弥生君では……なかった)」(カタカタ

不知火「司令……?」

提督「………………」(手スッ

不知火「ぁ……」(ガーン

提督「お…おはよう、不知火君。着替えたらすぐに行くので、先に……」

不知火「はい、外でお待ちしています」(ピシッ

提督「あ、いや、先に広間へ戻って……」

不知火「し、不知火に落ち度でもございましたか?」(目泳ぎ

不知火「…………ぅ」(ジワ…

提督「」

提督「へ、部屋の外で待っていたまえ……」

不知火「! 了解しました、司令!」(キラキラ

提督「……ハァ」(ヌギヌギ…

<スタスタ……

不知火「あ」(ピタッ

提督「ま、まだ何かあるのかね?」

不知火「一点、報告し忘れていました」

不知火「不知火も……配膳を手伝いました」(キリッ

<……え、偉いな、不知火君は
<ありがとうございます、司令!(キラキラ

897:2015/01/10(土) 08:58:04.30 ID:

不知火だと安心して見れるかわいい
902:2015/01/10(土) 14:20:50.63 ID:

おつです

ぬいぬいカワイイなぁ!ww

903:2015/01/10(土) 14:30:19.79 ID:

提督「閃いた」
904:2015/01/10(土) 16:15:28.75 ID:

憲兵「(元帥に)通報した」
906:2015/01/11(日) 08:20:01.54 ID:

【基本、実家では隙だらけ】

(朝食、終了後・・・)

提督「昨日に続き、朝食も騒がしかったな……」

提督「べ、別にそれが迷惑というわけではないが……やはり、少し疲れる」

提督「…………ふむ、昨日入らなかったしな、息抜きも兼ねて風呂に入るか」(トットコ

《提督実家》浴場

提督(E:濡れ手拭い)「…………ふはぁ」(のびのび

提督「やはり風呂が広いと気分がいいな……まるで、自分の心まで大きくなった気になる」

家令「む、お風呂でございますか」

提督母「ええ~。お湯は張ってあるわよね~?」

家令「奥様方が使われている浴場は源泉から引いてあるので、いつでもご利用できますが……」(チラ

提督母「いいのよ~、誰専用なんて分けなくて~」

家令「奥様がそう仰るのでしたら問題はないかと」

赤城「きゃ、客人の身で我が儘を言って申し訳ありません……」

蒼龍「昨日はお酒飲んでそのままで……ちょっと、ね」

文月「ちょっとね、ベトベトするのぉ……」

弥生「汚い…って、司令官に嫌われてしまい、ます」(ショボリ

神通「だ、大丈夫、提督が文月ちゃんと弥生ちゃんにそんなこと言うはずないですから」(ナデナデ

瑞鳳「テヘヘ、ご迷惑おかけしまぁす」

祥鳳「本当にすみません……」

家令「いえいえ、みなさまは大切なお客様。気兼ねなく、何でも仰ってくださいませんと、この爺が叱られてしまいます」(カンラカンラ

提督母「ウフフ、そうね~。鋼ちゃんの大切な(意味深)お客様だものね~」

家令「では、準備ができましたらご案内いたしますので」

一同『はい(はぁい)!』

907:2015/01/11(日) 08:21:12.84 ID:

(浴場)

提督「………………」(うつらうつら

提督「ゴボボッ……ゲホッ、ゴホ!? い、いかん、危うく……気が弛んでいるのか、昨日から寝っぱなしだな」

提督「体も温まったし、そろそろ出る…………?」

<お風呂、とっても大きそうですね
<お湯をいただけるのは嬉しいけど、やっぱり心苦しいわ…
<弥生ちゃん、洗いっこしよぉ
<う…ん
<コラ、二人とも走ったら危ないよ!
<ふわぁ、ちょっとワクワクしてきちゃった
<泳いじゃダメだからね?

提督「!?」

提督「(この声は……じ、神通君たちがどうしてここに!?)」

提督「(急いで出なくては……! し、しかし、出口はあそこ一つだけ……どどどうすれば……!)」(オロオロ

文月「ほわぁ、モクモク~」(ガララッ

弥生「すご…い」

提督「(ぬう、出口が塞がれ……ハッ!?)」

オブジェ岩<私の後ろに隠れるのよ!

提督「(や、やむおえん……!)」(隠れ隠れ

赤城「うわぁ……立派なお風呂ですね」

神通「お、温泉宿に来たみたいです」

瑞鳳「うわ~、早く入ろぉよ祥鳳姉!」

祥鳳「瑞鳳、せめて浴び湯してから入って!」

蒼龍「文月ちゃんと弥生ちゃんもだよ~」

文弥「「はぁい」」

(岩の陰)
提督「(気配を殺して……お願いだ、こちらへ、こちらへ来ないでくれたまえ……)」(祈祷なう

(艦娘、浴び湯中・・・)

赤城「ふ…ぅ」(チャプチャプ

神通「ン……いい湯加減」

蒼龍「う~ん、疲れが吹っ飛んじゃいそ♪」

瑞鳳「…………」(じーーーー

祥鳳「どうしたの、瑞鳳?」

瑞鳳「うん……祥鳳姉もみんなも、胸おっきいなーって」

赤城「ど、どこ見てるんですか……」

神通「わ、私はそんなに大きくは……」

蒼龍「アハハ……正直、弓を射るのにちょっと邪魔だったり」

瑞鳳「せめて私も、もう2……贅沢は言わないから、1つ上のサイズが欲しいよぉ」

文月「大丈夫だよぉ、文月たちといっしょで、瑞鳳ちゃんもおっきくなったらオ〇パイ大きくなるよぉ」

弥生「蒼龍さんも…そう言ってました」

瑞鳳「ノゾミガタタレター……ブクブクブク」

祥鳳「コラッ、お湯の中に潜っちゃダメよ!」

<あの…赤城さんと蒼龍さんは普段、バストアップは……
<え、あ……その、雑誌に載ってる体操とか時々……
<私は一応、毎日寝る前に。でないと、すぐ肩こっちゃうし……

908:2015/01/11(日) 08:22:08.52 ID:

(岩の陰)
提督「(無心……無心だ、心を空にして無心となるのだ……)」(ハイライトOFF

<この中だと蒼龍さんのが一番おっきぃけど、赤城さんと神通さんも負けてないよぉ。ねえ、祥鳳姉?
<そうね、二人とも大きさと形のバランスが釣り合ってて、とても綺麗ですよ!

(岩の陰)
提督「…………」(俯き

提督「(……もういっそ耳から何から、落としてしまいたい)」(耳押さえ

提督「(とりあえず、今は気配を殺して彼女たちが出るのを待つしかない……。耐えろ、私……)」

文月「ほわぁ、おっきな石ぃ……?」(ヒョイ

弥生「隠れんぼ…できそう」(ヒョコ

提督「」

文月「……あれぇ?」

弥生「ぁ……」(カァ…

<どしたのぉ、文月ちゃ~ん?

提督「(ふ、文月君、後生だから……!)」(ヒソヒソ

文月「えへへ、司令官もお風呂入ってたんだねぇ! あっちでみんなと一緒に入ろぉ♪」(グイッ

提督「ぬおっ!? や、やめたまえ……本当にやめたまえ……」

弥生「ふ、文月ちゃん…ダメ……」(オロオロ

文月「んぅ?」

蒼龍「し、司令官って……ちょ、ええぇぇぇぇっ!?」

赤城「ど、どうして提督がここに……」(胸隠し

神通「も、もしかして、私たちより先に入ってたんですか……?」

瑞鳳「え、てことは、さっきまでの話…………て、提督のえっちぃ!」

祥鳳「……も、申し訳ありません、提督の入浴の邪魔をしてしまって」(背中向け

文月「文月ね、ちゃんと百数えるまでお風呂に入ってられるんだよぉ! い~ち、にぃ~……」(えっへん

弥生「は…恥ずかし…です」(モジモジ

提督「(ああ、空はこんなに青いのに……)」

文月「うぅ~、司令官も数えてよぉ~」(プンスカ

《この後、ちゃんと肩までつかって、みんなで百数えた》

909:2015/01/11(日) 08:23:18.93 ID:

夜辺り再開予定です
なお、球磨型と第七駆逐艦、戦艦勢に遭遇する時間軸もあった模様
912:2015/01/11(日) 08:53:23.84 ID:

弥生ちゃんの方が文月ちゃんよりちょっぴりオトナな模様
914:2015/01/11(日) 09:11:17.83 ID:

思ったが、扶桑姉妹って提督と相性いいんじゃないか
915:2015/01/11(日) 09:24:56.20 ID:

ふっ、そうですね
916:2015/01/11(日) 09:40:41.55 ID:

審議拒否
それはともかく、おつデース
家令と母上、知ってて差し向けたろ…w
924:2015/01/11(日) 23:56:50.06 ID:

【基本、実家では隙だらけ】球磨型編(if)

(浴場)

提督「………………」(うつらうつら

提督「ゴボボッ……ゲホッ、ゴホ!? い、いかん、危うく……気が弛んでいるのか、昨日から寝っぱなしだな」

提督「体も温まったし、そろそろ出る…………?」

<オーッ、お風呂が広々だクマ~♪
<走ってはいけない、ニャ
<うー……やっぱ露天は寒ぃな
<いいじゃん、いいじゃ、風情があるじゃん~?
<そうですね、北上さん!

提督「!?」

提督「(この声は……じ、神通君たちがどうしてここに!?)」

提督「(急いで出なくては……! し、しかし、出口はあそこ一つだけ……どどどうすれば……!)」(オロオロ

北上「とりあえず、お湯浴びて~」(バシャー

大井「当人からは欠片も感じられないけど、本当にイイトコのお坊ちゃんだったんですね、提督」(ザバー

提督「(ぬう、出口が塞がれ……ハッ!?)」

オブジェ岩<私の後ろに隠れるのよ!

提督「(や、やむおえん……!)」(隠れ隠れ

球磨「こんなに広いと泳ぎたくなるクマ!」(ザブーンッ

木曾「有言実行過ぎんだろ球磨姉ぇー!?」

多摩「やれやれ、お風呂ぐらい静かに入ってほしいニャ」

北上「だね~」

大井「っていうか、アナタが何とかしなさいよ。妹でしょ」

多摩「面ど……いつ死ぬかわかんニャイ軍生活、たまには羽を伸ばさせてあげたいんだニャ」

大井「いま思いついたでしょ、ソレ」

多摩「……」(フイッ

<よーし、あそこまで競争だクマー!(ザバザバ
<っ、いいだろう、売られた勝負は勝ってやるぜ!(バシャバシャ

(岩の陰)
提督「(無心……無心だ、心を空にして無に帰すのだ――――)」(ハイライトOFF

球磨(@岩の上)「ヴォー! 球磨の勝ちクマー!」(仁王立ちコロンビア

提督「え」(振り向き

球磨「クマ?」

提督「……………………」

球磨「……………………」

木曾「だぁ、クソ負けたぁ!! って……提督? お前、何してんだこんなトコで」

※提督の実家である

925:2015/01/11(日) 23:58:24.83 ID:

大井「ちょ、ちょっと、どうして提督がお風呂に入ってるんです!?」(胸隠し

北上「あー……コレ、もしかして私らがやらかしちゃった系?」(顎まで浸かり

球磨「っ……は……」(口パクパク

提督「……す、すまない、球磨君」(顔背け

木曾「だ、大丈夫か、球磨姉? 顔が茹蛸みたいになってんぞ」

多摩「っていうか、さっさと仁王立ち止めて風呂に入るニャ。そこだといろいろ丸見えでヤバいニャ」

球磨「ィ―――――」

木曾「球磨姉?」

球磨(素)「イヤアァァーーーーーーーーッ!!?」(しゃがみ

木曾「うおっ!?」

大井「っ、うっさいわね! 耳がキーンッてしたじゃない!?」

北上「まあ、大ダメージだよねえ……」

球磨「な、なんで提督が…………ウソ、私の、み、見られて……?」(プルプル

木曾「お、おい、ショックなのはわかるけど、提督だって悪気があったわけじゃ……つーか、いい加減その岩から降りろよ!」

球磨「っ……ふ…ふええぇぇぇぇぇん、もうお嫁に行けなぃ…………クマァ」

多摩「申し訳程度のクマ要素……」

多摩「どうするニャ、提督~? このまま放っておいたら提督、責任取って球磨のこと――――提督?」

提督「」(虚ろ

多摩「……オーイ」(目の前で手ヒラヒラ

多摩「失礼するニャ」(首筋触診

提督「――――」

多摩「…………ハッ、し、死んでる」

木曾「嘘だァ!?」

北上「球磨のスリットまるっとお見通しした時点で大破進軍状態だったのに、マジ泣きされちゃったら……ねー」

大井「み、見ちゃったぐらいで精神崩壊してんじゃないわよ!! 誰かと本番になったらどうするつもりなの!?」

提督「誰にでも必ず、別れは来る……いつか、当然に……」

提督「――――だから、私で慣れて…おけ」(ガクッ

多摩「し、しっかりするニャ!?」

木曾「死ぬな、死ぬなよ、提督! 俺たちを置いて行くんじゃねぇーーーーー!!」

球磨「ヒック……グス……ふぇ…ん」

北上「あ~、よしよし」

大井「なんなの……この状況」

《この後、息を吹き返した提督、ケジメをつけてケッコンカッコカリを前提に球磨に交際を申し込んだ模様》

926:2015/01/11(日) 23:59:45.50 ID:

これには憲兵もニッコリ
927:2015/01/12(月) 00:00:21.31 ID:

修正し忘れで球磨たちのことを神通と呼んでいるところがあるので脳内修正お願いします
929:2015/01/12(月) 00:26:02.36 ID:

う、羨ましい
931:2015/01/12(月) 00:39:00.87 ID:

川内型と球磨多摩木曾はどっちもあやねるだからな
932:2015/01/12(月) 00:41:18.32 ID:

おつです

くwwwまwww
最高でしたww

944:2015/01/12(月) 21:16:27.06 ID:

球磨編面白すぎwwwwwwwwwww
素に戻るとこがいい。
945:2015/01/12(月) 22:15:09.38 ID:

【基本、実家では隙だらけ】第七駆逐隊編(if)

(浴場)

提督「………………」(うつらうつら

提督「ゴボボッ……ゲホッ、ゴホ!? い、いかん、危うく……気が弛んでいるのか、昨日から寝っぱなしだな」

提督「体も温まったし、そろそろ出るか……」(ザプン

(脱衣場)

漣「昨日は宴会ではしゃぎ過ぎて入れませんでしたしねぇ」(ヌギヌギ

曙「OKもらえてよかったよね」(ゴソゴソ

潮「提督のお家、温泉まで入れるなんてスゴイね」(どたっぷん

朧「(潮の胸部装甲もスゴイと思う)」(プチプチ…

朧「…………?」

男性服<もうダメだぁ……おしまいだぁ……

朧「(この服……たしか朝、提督が着てた……)」

漣「よ~し、みんな出撃準備はおkですかー?」

曙「当然よ。早く行きましょ!」

潮「えへへ、楽しみだね」

朧「あ、ちょっと待って……」

漣「だが断る!」(ダッ

曙「先に入っちゃってるからねー」(タタッ

潮「朧ちゃん、ごめんね♪」(パタパタ

朧「そ、そうじゃなくて……」

946:2015/01/12(月) 22:15:49.30 ID:

<ぬお……!?
<はにゃあぁぁぁっ!?
<な……なんでクソ提督がいるのよっ!?
<ひひゃあぁぁぁ……!?

朧「ああ……だから待ってって言ったのに」(糸目

<ガララ……

朧「…………」(ヒョコ

漣「う、うくく……何も言えねぇ…」

曙「(み、見ちゃった見ちゃった見ちゃった見ちゃった……)」(ポコポコポコ

潮「あうぅぅ」(真っ赤

朧「…………」(浴び湯ザパー

<ザプン……ザバザバザバ

(岩の陰)

朧「……」(ヒョイ

提督「」(さめざめ

朧「これに関しては提督、悪くないと思う」

提督「だが、前回の神通君たちに引き続き、漣君たちにまで申し訳ないことを……」

朧「うん、まあ……」(チラリ

漣「(アレが……アレが神通さんたちの目撃したご主人様の『主砲』。ついに漣も見てしまいました…………どうしよ、アレが大きくなったら、漣の装甲じゃワンパン大破轟沈必至なのですがー)」(テレテレ

曙「(うう、なんてもの見せてくれてんのよクソ提督、クソ提督、クソ提督~!!)」(モジモジ

潮「(提督と見せ合いっこしちゃった…………は、恥ずかしいよぉ!!)」(羞恥

朧「……漣たちの戦術的勝利かな、たぶん」

提督「ぬ、ぬう?」(困惑

947:2015/01/12(月) 22:18:35.50 ID:

【基本、実家では隙だらけ】戦か…金剛編(if)

(浴場)

提督「………………」(うつらうつら

提督「(ああ、いい気分だ……いっそ、もうこのまま……)」(ズブズブ…

提督「ゴポポッ……ブクブクブク……」

金剛「HEY 提督ゥ、いくらリラックスしてるからってお風呂で寝るのはbadネー」(グイッ

提督「ゲハッ、ゴホ!? な、なんだ、誰……!?」

金剛(電ヘアー&胸元隠し)「オハヨウゴザイマ~ス♪」(ニヤニヤ

提督「」

金剛『訳:実家に帰って気が弛むのはわかるけど、いくらなんでも弛みすぎじゃないの?』

金剛『訳:朝のご飯の時からボーッとしてるし……普段、どれだけ張り詰めてるかがわかるわね』(嘆息

提督『訳:そ、そんなことより、な、何故、金剛が風呂に入っているのだ……』

金剛『訳:昨日、お酒飲んでそのまま寝ちゃって気持ち悪かったから、アナタのお母さんにお願いして入らせてもらったのよ』

金剛『訳:誰も入ってないと思ってたら、アナタが岩にもたれかかって居眠りしてるんだもん……油断してたから驚いたわ』(クスクス

提督「ぬ、ぬう……」

金剛『訳:……あー、それにしてもいいお湯ね。英国じゃ湯船につかること滅多になかったけど、お風呂に関しては日本の方がずっと優れてるわ』(キラキラ

提督『訳:そ、それはよかったな。あ、あのだな、金剛、すまないが私はそろそろ上がろうと思う……ので、少しの間、あっちを向いていてくれないか』

金剛「…………」(スイッ

提督『訳:か、感謝する』(ザブ…

<…………クイッ

提督「ぬ……?」

金剛「エ、エート……」(顔背け

金剛『訳:わ……私、ついさっき入ったばかりで、あまり温まってないの……』

提督『訳:う、うむ、だから君はゆっくりつかればいいだろう』

金剛『訳:アナタも、こんなところで寝てたから肩、冷えてるし……』

金剛『訳:…………も、もう少し、一緒に入ってましょう?』(チラッ

提督「」

金剛『訳:あ、温かいわね』(背中預け

提督「む…………ぬ……う、うむ」(目泳ぎ

金剛『訳:……アナタの背中、大きいのね』(ツツゥー

提督『訳:っ!? ゆ、指を這わすのはやめたまえ……』

<こ、こっち向いちゃダメだからね?
<ぐぬ……姑息な真似を…
<フ、フフーンだ♪ なに書いてるか当てなさいよ~?
<や、やめたまえ……

《この後、二人揃ってのぼせた》

948:2015/01/12(月) 22:21:46.28 ID:

ifネタ終了
もう少しスレ進めたら次スレ作る予定ですので、もう少しお付き合いください
949:2015/01/12(月) 22:24:43.00 ID:

乙です
…超駄級さんェ…
953:2015/01/12(月) 22:37:01.36 ID:


対提督で一番安定してるのは実は朧なんじゃなかろうか
954:2015/01/12(月) 22:40:57.53 ID:

朧の安定さに癒される
967:2015/01/13(火) 23:21:04.85 ID:

【ポジティブシンキング】

《鎮守府》工廠

妖精A「ついに……ついにできたです」

妖精B「以前製薬した性格反転茸エキス使用の媚や……提督さんを積極的にするお薬。それの改良版」

妖精C(ロッカーメイク)「どんなに後ろ向きな人でもポジティブシンキンッ! になれるお薬です」

妖精A「あとはコレをどうやって提督さんに飲んでもらうかですが」

妖精B「今日は新しい艤装の改良案を捻りだすための会議があるです」

妖精C「ヒャッハー! そこでどうにか飲ませるしかねえ!」

(会議開始・・・)

提督「――――であるから、神通君や球磨君をはじめとする軽巡洋艦、青葉君たち重巡洋艦の魚雷兵装と対空兵装の強化、さらにバルジの設置、艦橋構造物の縮小と戦闘性能の向上を図る必要が……ゲホッ、ゴホン、ンン…」

妖精A「(普段、艦娘さんたちとロクに話さないから、すぐ喉が限界を迎えるのです)」

妖精B「(でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない)」

妖精C「(何だっていい! 提督さんにお薬を飲んでもらうチャンスです!)」

妖精A「提督さん、飲み物どうなのです」(スッ

提督「あ、ああ、すまない……。どうも喋り慣れていないせいか、すぐに舌が絡まってしまってな」(ゴクリ

妖精A「(よしっ)」(ガッツポ

提督「―――――うっ!?」(ドクンッ!

妖精B「さあ、どうなるか……」(ワクワク

妖精C「前向きな提督さん……これは面白いことになりそうです!」(ドキドキ

提督「……今日は、いい天気だな」(フラッ

妖精A「?」

妖精B「あれ、あまり変化がない?」

968:2015/01/13(火) 23:22:06.80 ID:

妖精C「提督さん、なにかこう、世界が広くなったとかそーいうのはありませんか?」

提督「世界が広い……そうだな、世界の広さに比べれば私の存在など取るに足りぬちっぽけなものでしかない」

提督「――――よしっ、死ぬか!!」(満面の笑み

妖精ABC「「「!!!!?」」」

提督「というわけで悪いが妖精君たち、私は少し穢土へ出かけてくる。漣君や神通君……それと、金剛には情けない提督ですまない、と――」

妖精A「マ、マズイです! どうやら薬の効果で前向きな死にたがりになってるっぽいです!!」

妖精B「え、なにそれ恐い」

妖精C「実のところ、後ろ向きネガティブでコミュ障だったけど、根っこのところは前向きだったということですね……」

妖精A「そ、それはあとで艦娘さんたちに教えてあげるとして、今は提督さんを止めるです!」

妖精B「ダメです提督さん、アナタがいなくなったらこの鎮守府、自殺者続出でヤバいことになってしまうです!」

提督「ハッハッハ、何をバカなことを。私が居なくなれば、きっとみんな清々したともろ手を挙げて喜んでくれるさ!!」(チャキッ

妖精C「ノ、ノコギリを首に当てるのはアウトですー!!!?」

漣「ご主人様~、会議は順調ですか? そろそろ甘い物が欲しくなると思ってお菓子、差し入れに来ましたよ~♪」

神通「あの、お、お口汚しかもしれないけど、漣さんと一緒にカップケーキを――――何をしてるんですか、提督!!?」

漣「うげっ!? どしてご主人様が自殺寸前!?」

妖精A「じ、事情は後で説明しますので、とにかく提督さんを止めてくださいですー!!」

漣「が、合点承知の助!!」(ダッ

神通「神通……行きます!!」(ドンッ

――――その日、初めて漣と神通は提督を止める為、人を本気で殴った

提督(中破)「ハ……わ、私は何を?」

漣(大破)「ゼハー……ゼハー……!!」

神通(大破)「まだ……まだこの神通、沈みま……せ、ん――――きゅぅ……」

提督「さ、漣君!? 神通君も、どうしたというのだ……!!」

妖精A「え、えらいことになったです……」

妖精B「ていうか提督さん、陸の上だと人間やめてるっぽい」

妖精C「提督ってすごい、改めてそう思った」

《この後、妖精さんたちに薬品製造禁止令が出された》

969:2015/01/13(火) 23:25:09.17 ID:

>>963 やむおえないって何だ(唐沢感)
書いてる時、何故か変換できなかった理由がわかりました。ご指摘ありがとうございます

この後、某戦艦ネタ書いたら新スレ立てます

971:2015/01/13(火) 23:52:44.35 ID:

制海権取られて陸上に侵攻されても大丈夫じゃないかな(白目)
972:2015/01/14(水) 00:19:01.87 ID:

ここの提督も人外提督だったのか…
974:2015/01/14(水) 00:31:19.72 ID:

陸上なら駄級さんとタメ張れる漣と神通二人がかりで大破させられるとは
977:2015/01/14(水) 00:42:15.86 ID:

やはり超駄級戦艦は超駄級だったか……
980:2015/01/14(水) 01:57:06.32 ID:

【基本、実家では隙だらけ】大和編

《提督実家》人のいない広間

提督「はぁ……」

提督「(以前に続き、今回も神通君や赤城君、蒼龍君の柔肌を見てしまった……)」(ドンヨリ

提督「(文月君にお願いされたとはいえ、は、裸の彼女たちと入浴を……)」

提督「……………………」(カァ…

提督「――――」(ブンブンブンブンッ

提督「何を思い出しているのだ私は……」

提督「ふぁ、ぁ」(欠伸

提督「……本当に、気が弛んでいるのだな。実家に帰ってから、ひたすらに眠い」(ウトウト

提督「――――くぅ……」

大和「みなさんは広間でゲーム中……提督はどちらにいらっしゃるのでしょうか?」(襖スゥー

提督「――――」(コックリ、コックリ

大和「」

大和「提督……お休みなのですか?」(ススス…

提督「む……ぅ……」(グラッ

大和「ぁ……!」(ダキッ

提督「――――すぅ……ぐぅ…………んぬ」(グッスリ

大和「自分で言うのもなんですけど……こうでもないと、提督に嫌がられずに触れることができないというのは悲しくなります」(膝枕

大和「……提督」

提督「うぐ……む…………む」(モゾモゾ

大和「フフ、大和の膝でゆっくりお休みしてくださいね、提督♪」(ナデナデ

提督「――――フハ……?」(パチクリ

大和「ん……提…督」(コックリコクリ

提督「(なんだコレは、ど、どういう状況なのだ……? なぜ、大和君がココに? 人が来ないだろう部屋に籠っていたのに……???)」

大和「――――あら、お目覚めですか提督?」

提督「(というか……)」

提督「な、何故、私は大和君に膝枕されているのだろうか……」(キリキリ

大和「んふふ、もう少し休んでてくださって結構ですよ、提督♪」(スリスリ

提督「ぐ、くぅ……」(キリキリ

《この後、漣に発見されるまで提督は大和膝枕を堪能した》

981:2015/01/14(水) 02:02:05.64 ID:

堪能(拷問)
982:2015/01/14(水) 02:09:22.94 ID:

これでも提督はだいぶマシになった。マシになったはずなのです

次スレです
【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話6【ネタ募集】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421168685/

ついでに、実家で何をして時間を潰すかネタ募集

↓2
↓3
↓4

このキャラでこんなネタと書いてもらえると書きやすいかも(あんまり無茶振りだと書けない……たぶん)

983:2015/01/14(水) 02:10:25.66 ID:

瑞鳳とデッキいじり。昔使ってたカードの山を蔵で発見す
984:2015/01/14(水) 02:11:31.51 ID:

昔遊んだ近所の山を散策
985:2015/01/14(水) 02:12:28.33 ID:

漣vs大和
986:2015/01/14(水) 02:12:32.70 ID:

熊野の大本営にいる時のお話しをみんなで聞く
那智もできれば。
988:2015/01/14(水) 02:18:57.52 ID:

>>983 カード弄りは次スレでやるのでご安心を?
散策・初期艦VS超弩級戦艦・熊野語、了解です
990:2015/01/14(水) 02:28:06.44 ID:

今日はここまでで寝ます
次スレ移行するので、スレ埋めでもう3つほどネタ募集しておきます

↓2
↓4
↓7

で、このキャラでこんなネタと書いていただけると(無茶振りはご遠慮ください)

991:2015/01/14(水) 02:29:39.52 ID:

乙です 加速
992:2015/01/14(水) 02:32:32.10 ID:

提督新しい趣味探し
993:2015/01/14(水) 02:36:50.16 ID:

加速
994:2015/01/14(水) 02:42:16.46 ID:

雪合戦
995:2015/01/14(水) 02:45:10.44 ID:

近くのデパートに艦娘達と行って他所提督達となぜか会う
996:2015/01/14(水) 02:48:13.73 ID:

年賀状ネタ
997:2015/01/14(水) 02:59:09.04 ID:

蒼龍との静かなひととき
1000:2015/01/14(水) 03:05:04.65 ID:

1000


【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その1【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その2【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その3【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その4【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その5【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その6【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その7【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その8【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その9【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その10【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その11【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その12【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その13【SS】(再)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その14【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その15【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その16【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その17【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その18【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その19【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その20【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その21【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その22【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その23【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その24【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その25【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その26【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その27【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その28【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その29【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その30【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その31【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その32【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その33【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その34【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その35【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その36【SS】

 
 
 
 
 
 
1001 : 2017/03/28 23:58:38 ID: