ac1b149c

 

124:2015/05/01(金) 08:38:38.86 ID:

【問題児たちがグッズ化するそうですよ】

《大本営》会議室

元帥「……今日、君たちに集まってもらったのには理由がある」

提督「り、理由でありますか」

他所提督「……もしかして、今度の海域攻略作戦についての極秘命令っすか?」

オネエ提督「ほとんど先生直属の部下の私たちにはピッタリね、それ」

メガネ提督「正直、僕たち以外で海域攻略の斬り込み役ができる鎮守府なんて、ご老公と先輩、あと後輩のとこぐらいだろうしね」

元帥「……次の海戦については、また別の機会に話すとして、今日呼んだのはコレについて諸君らの同意を得るためだ」

元帥「霧島君」(クイッ

霧島「はい……よいしょっ、と!」(ドスンッ

提督「な、なんでありますか、コレは」

他所提督「また重そうな箱っすね」

オネエ提督「なにが入ってるのかしら?」

メガネ提督「新型の砲弾とか電探じゃないかな」

提督「!!」(キラキラキラ

元帥「いや、残念ながらそんな大層なものではない」

提督「…………」(プシュ~

元帥「(あからさまにテンションが下がったな……)」

霧島「(仮にそんなものあるなら、他所提督やオネエ提督までここに呼ぶわけないじゃないですか)」

元帥「中身は……まあ、自分で確認しろ」

提督「……人形?」

霧島「フィギュアです」(メガネクイッ

他所提督「こっちはカードに缶バッジ、ヌイグルミに、あとなんだこれ……布団カバー?」

オネエ提督「服がちょっとはだけててやーらーしーい~♪」

元帥「以前より、海軍の活動に理解を持ってもらうために広報に力を入れているのは知っているだろう」

元帥「これもその一環でな。人形やグッズは貴様たちをモデルにした『提督くんシリーズ』のβ版だ」

オネエ提督「ああ、どうりでこの子たちに見覚えがあるわけね」

メガネ提督「フィギュアとかカバーはともかく、このヌイグルミはカワイイ!!」(キラキラキラ

霧島「それぞれ、コミュ障提督くん、熱血(バカ)提督くん、オネエ提督くん、メガネ提督くん……です」

霧島「みなさまの許可をいただければ、今後はこの子たちがイメージキャラクターとして、大本営が運営するサイトの案内役などを勤めることになります」

元帥「いつものプロダクションの協力で、アニメ化も進行中だ」

霧島「タイトルは『提督のすゝめ(仮)』です」

提督「あ、あの、先生、始めに仰った我々に同意を求めるという言葉は……」

元帥「……もちろん、許可してくれるのだろう?」(ゲンドウポーズ

提督「」

125:2015/05/01(金) 08:39:12.24 ID:

他所提督「うわ、ズッリィ」

オネエ提督「最終段階まで計画進んでる状態で聞くのはちょっとねえ」

メガネ提督「ヌイグルミは可愛いし、僕は別に構わないけど……ぶっちゃけ売れるんですか、コレ?」

元帥「……広報の連中が気でも触れたかの勢いで、あちこちと契約を結んできてな。許可を出した3週間前の私をぶん殴ってやりたいよ」(イライラ

メガネ提督「なにそれ、怖い」

霧島「(大本営の闇は深いようですね)」

元帥「今回、お前たちに白羽の矢がたったのは、それだけの活躍をしていたという証明であり、そのことを私は誇らしく…………ああ、もう犬に噛まれたと思って諦めてくれ」(嘆息

オネエ提督「もう私たちを説得する気も失せてるわね……」

元帥「あと、そこに積まれてる大量のサンプル品、キャラ毎に分けてあるから持っていってくれ」

サンプルの山<1つが2つ、2つが4つ、4つが(以下略

元帥「この1週間、お前らの人形やらポスターに囲まれて正直、滅入っているんだ……頼む」

提督「」

(持ち帰った)

提督「と、というわけで、先生……元帥に懇願されて、仕方なく持ち帰ったのだが……何かいい処分方法はないだろうか」

青葉(当日秘書艦)「心配しないでください、司令官! 全部、青葉にお任せ!!」

提督「す、すまないがお願いしよう」

青葉「ハイ♪」

青葉「フフ、クフフ。さーて、まずは何がどのくらいあるか数量チェックして、レアリティ毎に値段を設定。それが済んだらウチの鎮守府サイトの物販コーナーを設置して……」

青葉「さーて、これは少し忙しくなりますねー♪」

《数日後、鎮守府の一部艦娘の間で質素な料理が流行った》

128:2015/05/01(金) 09:07:29.94 ID:

おつー

青葉の懐だけ潤ったのかw

130:2015/05/01(金) 09:33:15.17 ID:


三バカのトコでも似たような光景が繰り広げられているんだろうな
嫁艦達が旦那の何を入手したのか気になる所
132:2015/05/01(金) 09:57:03.95 ID:

乙デース
でも提督枕カバーとか、洗濯の時にでも艦娘が所持してるのを提督が見かけたらまた明後日な方向に勘違いしそうだね。
134:2015/05/01(金) 22:18:52.34 ID:

【艦娘たちが提督グッズを入手したそうですよ】

《鎮守府》食堂

提督「……な、なあ、漣君」(たぬき蕎麦&いなり寿司

漣「ング……なんですかー、ご主人様?」(狐うどん&いなり寿司

提督「ここ何日か、同じメニューばかり口にしているが……どうかしたのかね」

漣「あー、いやー、まあ、つい最近ガッツリお金を使ってしまいましてー、タハハ」

提督「か、艦娘には本来の給金に加えて、危険手当などそれなりの額が支給されているはずだが……しゃ、借金かなにかでもしたのかね?」

漣「いえいえ、そんなんじゃなくて……今月の生活費まで趣味に注ぎ込んだといいますか……うん」(ゴニョゴニョ

漣「ちゃんと貯金はしてるのでー、ご心配なく」

提督「……給金をどう使うかは君たちの自由だが、せ、生活を逼迫しない程度にしたまえよ」

漣「は~い」

<ところでご主人様~? お蕎麦のお揚げさん、食べないなら漣に……
<い、嫌だよ、揚げは最後の楽しみに置いてあるのだ
<ちぇ~

曙「……ハァ」(天蕎麦セット

朧「……曙は目当てのもの買えなかったの?」(唐揚げ定食

曙「買えたけど……もうちょっと買っておけばよかったかな、って」

潮「全部の商品、1時間で完売しちゃったもんね……」(ハンバーグ定食

曙「強すぎよ、みんな……。私なんて、クソ提督の写真1パックと提督くんヌイグルミしか買えなかったんだから……」(ズゥン

潮「わ、私はぷちフィギュアだけだったよ、曙ちゃん!」

曙「……それが一番欲しかったのよ」(ジト

潮「えぇっ!?」

朧「(私はそれ全部手に入った、ヤッター)」(ホクホク

神通「……いただきます」(サラダ&バターロール

那珂「神通ちゃん、ホントにそれだけでいいの?」(スパゲッティナポリタン&サラダ

川内「そうそう、そんなんじゃ力出ないぞ~」(肉野菜炒め定食

神通「だ、大丈夫、ちゃんと提督やみんなに迷惑かけないようにするから……」

那珂「提督も心配してたよ~? 神通君の食が細いようだが、体調を崩しているのではないかね(声真似)って♪」

神通「……うぅ」

川内「神通にしちゃ珍しいよねー、目についた商品、片っ端から買っちゃうなんて」

那珂「那珂ちゃんもいくつか買ったけどね!」

川内「お、那珂はなに買った? 私、提督くんソファー。結構感触よくてさー、お昼寝にいいの」

那珂「那珂ちゃんはー、つままれストラップ!」

川内「あー、それも欲しかったんだけど、ソファー注文してたらなくなってたんだよねー」

那珂「ほとんど奪い合いだったよね~」

川内「ブランドのバーゲンみたいだったね。神通はなに買ったの?」

神通「わ、私ですか? 私は……ストラップとソファーとお写真のパックを5パックと……あっ、あと提督くんヌイグルミも!」(ニコニコ

那珂「(神通ちゃん、いい笑顔してるな~)」(ニッコリ

川内「(この可愛さに免じて、寝る前に提督の写真に話しかけて悶えたり、提督くんヌイグルミを抱き締めて寝てるのは黙っててあげよ)」(屋根裏から覗いた

135:2015/05/01(金) 22:23:25.92 ID:

乙です~
忍者スキルフル活用デスネ
136:2015/05/01(金) 22:25:00.77 ID:

神通乙女すぎだろ
137:2015/05/01(金) 22:31:49.05 ID:

赤城「…………」(野菜カレー&サラダ

赤城「……ごちそうさまでした」

蒼龍「赤城さん、それだけでいいんですか?」(野菜カレー&サラダ

赤城「えっ!? あ、その、実はお財布落としちゃって……」

蒼龍「ふーん……」

赤城「そ、そういう蒼龍はどうしたの? いつもはもう少し食べるでしょ」

蒼龍「わ、私もちょっとお財布落としちゃって~……ハハ」

赤城「そ、そう、大変ね、ウフフ」(目逸らし

蒼龍「そうですねー、アハハ」(目逸らし

瑞鶴「う~ん! やっぱり訓練の後は食堂のスペシャルカレーセット大盛りに限るわよね~♪」(大盛りカツカレー&サラダ&ラッシー&マンゴープリン

赤城蒼龍「「…………」」(くぅー

加賀「少しは空気を読みなさい」(パンッ

瑞鶴「アタッ!?」

瑞鳳「…………」(お握り&玉子焼き

祥鳳「瑞鳳、私のお弁当のオカズも食べる?」(お握り&玉子焼き&チーズ竹輪&サラダ

瑞鳳「祥鳳姉ぇ、いいの……?」(ウルウル

祥鳳「いいのよ、提督のお写真のパックでダブったの何枚か貰ったし」(ニコリ

瑞鳳「ハァー、コンプできなかったのだけが心残りだよぉ」

大井「どいつもこいつもバカばっかりね」(海老ドリアセット

北上「まー、私たちは買う買わないより前に、サイトにインすらできなかったんだけどねー」(海老天丼セット

大井「…………」(バクバクッ

北上「大井っちー、やけ食いはよくないよ、やけ食いは」

大和「…………フフ、フ、フフ」(モヤシ炒め

金剛「……サンドイッチ、食べますカ?」(サンドイッチ&サラダ&紅茶

大和「……ありがとうございます」(くぅー

伊勢「なんか大変そうね。アジフライもお裾分けしちゃう」(ミックスフライ定食

金剛「……で、アナタはなにゲットしたデース?」

大和「サイトにあった商品全種3つずつと、布団カバーと抱き枕をローテーション用含めて5つずつですが?」

大和「フフ、提督に囲まれて、提督と過ごす毎日……これで大和はあと10年は戦えます」(キラキラキラ

金剛「oh……」(ドン引き

伊勢「まさかの6桁……」(ゴクリ

金剛「(私もヌイグルミだけじゃなくて、もうちょっと買えばよかったかしら……)」

139:2015/05/01(金) 22:39:48.02 ID:

青葉が大金持ちに…
141:2015/05/01(金) 22:41:10.42 ID:

流石は超駄級戦艦、格が違った……w
142:2015/05/01(金) 22:42:53.92 ID:

イムヤ「みんな散財しまくったみたいね……」(モヤシ炒め定食

陽炎「そういうイムヤはどうなのよ?」(オムライス

イムヤ「私? 私はただ、今月発売のパソコンゲームを全網羅しただけよ?」

陽炎「…………キモ」(虫を見る眼差し

イムヤ「待って、イジメはよくないよ!?」

陽炎「ねえねえ、不知火はなにか買った? 司令のグッズ!」

不知火「不知火は提督くんヌイグルミを購入しました。駆逐艦《不知火》のブリッジに置いているのですが、司令にそっくりで、とても見守られている感じがします」(あさりスープパスタセット

イムヤ「だーかーらー!」

陽炎「アハハ、冗談、冗~談♪」

青葉「フンフーフフフン♪」(パエリアセット

那智「ご機嫌だな、青葉」(とろろ蕎麦定食

熊野「ろくでもないお金儲けをして、懐が温かいからではなくて?」(ビーフシチュー定食

青葉「人聞きが悪いですねー。青葉はただ、みなさんに幸せになってもらいたかっただけですよー♪」

衣笠「ま、まあ、みんなお金は使っちゃったけど、かなりキラキラしてるしねー」(餡かけ焼きうどん

青葉「他所さんやオネエさん、メガネさんの鎮守府も似たような感じらしいですけど」

那智「……どこでも似たようなことをしてるのだな」

青葉「それだけ、みなさんと司令官が親密(意味深)な関係を築けているということです、ハイ♪」

衣笠「ア、アハハハ」

青葉「……ただ、ちょ~っと気になることもあるんですよねー」

熊野「なんですの?」

青葉「サイトの物販コーナーなんですけど、実は遠方の基地からもアクセスがありまして」

青葉「そこも結構な数を購入してくれたんですよー」

衣笠「ん~、普通に提督のファンなんじゃない?」

那智「少なくない武勲を立てているしな、うちの司令は」

青葉「……ですね」

青葉「まあ、お荷物はもう郵送しちゃってるし、気にしても仕方ないですよね!」

熊野「平和ボケしてますわね……」

144:2015/05/01(金) 22:48:43.84 ID:

あっ……(察し)
145:2015/05/01(金) 22:49:23.26 ID:

ああ、遠方の基地ってほっ(ry
146:2015/05/01(金) 22:50:05.35 ID:

誰が買ってるんだ?
149:2015/05/01(金) 22:57:39.69 ID:

《遠方基地》執務室

港湾棲姫「荷物ガ……届イタ」

離島棲鬼「アラ、早イノネ」

港湾棲姫「AmaZ-oneノホセ便……ミタイ」

離島棲鬼「ヨクワカラナイケド、便利ネエ……人間ノ生活ハ」(ガサゴソ

離島棲鬼「コレハ北方ニアゲテ、コレハ私ノ……」

離島棲鬼「アトハ港湾、アナタタチデ分ケテチョウダイ」

港湾棲姫「ワカッタ」(ニコ…

離島棲鬼「アア、配リ終ワッテカラデイイカラ、バラバラニシタ『アノ子タチ』回収シテオイテ」

港湾棲姫「了解……」(トテトテ

北方棲姫「ブーン、ブルルル……敵機直上…急降下」(テテテテ…

中間棲姫「角度ガ甘イ……ソコハ、コノ角度カラ……コウ」(身ぶり手振り

北方棲姫「ン!」(コクコク

港湾棲姫「北方棲姫……離島棲鬼ガ、アナタニコレヲ」

提督くん<自分、コミュ障ですから……

北方棲姫「オ~~~~ッ!!」(パアァァァッ

北方棲姫「パパ! パパ!」(フンスッ

北方棲姫「見テ、見テ、パパ!」(フンフンッ

中間棲姫「……アア、ヨカッタナ」

港湾棲姫「残リハ私タチミンナデ分ケル」(ドスンッ

中間棲姫「ワ、私ハ別ニコンナモノイラナイ」(チラッチラッ

港湾棲姫「嘘ハ、ヨクナイ」(ジッ…

中間棲姫「ウグ……」

北方棲姫(提督くん)「敵機直上、急降下(低い声)!」

北方棲姫「了解……ミンナ、行ッテ!」

北方棲姫「ブルルル、ゴゴゴー……ドカーン」

北方棲姫(提督くん)「ヨクヤッタ、エライゾ(低い声)」

北方棲姫「ホメラレタ、パパニホメラレタ!」(フンスフンスッ

《遠方基地》執務室

提督くん<……目を見ないでください、死んでしまいます

離島棲鬼「フフフ、元気ニシテルノネ」

離島棲鬼「モウスグ会イニイクカラ、待ッテイテネ……フフ、フフフフ」(ギュッ

《鎮守府》食堂

提督「っ……」(ズキッ

漣「ご主人様?」

提督「(なんだ……右目が、酷く痛む)」(ズク…ズク…

提督「……い、いや、目にゴミが入っただけだ」

漣「もー、ビックリさせないでくださいよ~。大丈夫?」

提督「……ああ、平気だよ」

150:2015/05/01(金) 22:58:16.55 ID:

事の真相を提督が知ったら、青葉は正座して説教…、それで済めばいいが。
153:2015/05/01(金) 23:02:44.13 ID:

なんか、ほっぽちゃんが切ねぇな……
154:2015/05/01(金) 23:05:46.93 ID:

よく分からないと言いつつネットを使いこなしたり通貨を用意したりとヤバすぎだろ
157:2015/05/01(金) 23:22:32.52 ID:

ちなみに、他所提督はよその鎮守府の提督だから他所提督です
艦娘の食事事情に関しては……貯金などもちゃんとしているけど、その月に使う分の食費や生活費をグッズにつぎ込んでいまったので余裕がない、でお願いします
本当に危ないと思ったら貯金を崩すし、それよりもっと先に提督が行動を起こ……これもネタにできそうですね、疲労抜きの間に考えてみます
168:2015/05/02(土) 00:11:28.07 ID:

深海ズの好感度が妙に高くて草
写真がランダム封入のパック販売って悪どくないですかねぇ……
169:2015/05/02(土) 00:13:01.04 ID:

深海ってお金持ってるんだな
182:2015/05/03(日) 01:05:58.97 ID:

【今日のしらぬいぬ】

《鎮守府》廊下

不知火「こちらにおられたのですね、司令」

提督「む……不知火君か。な、何か私に用かね?」

不知火「はい、大本営より書類が届いたのでお持ちしました」

提督「なるほど、あ、ありがとう」

不知火「いえ。……司令は遠征部隊のお出迎えですか?」

提督「そ、そうなるな」

不知火「(今日は遠征部隊が帰投する日。私たちが任務から帰ってくる日、司令は必ず艦娘のお出迎えに来てくれます)」

不知火「(黒潮も、そうしたお出迎えをしてくれる司令は羨ましいと言っていました……フフ)」(優越感

不知火「そうですか、遠征部隊のお出迎えですか」(ワクワクソワソワ

提督「――――い、一緒に来るかね?」

不知火「!!」(パアァァァァァッ!!

不知火「よろしいのですか?」(キラキラキラキラ

提督「(今更、ダメと言うわけにもいかないので)も、もちろんだとも」(目逸らし

提督「い、行こうか、もう間もなく遠征部隊が母港に到着するはずだ」

不知火「はい!」

不知火「では、万が一に備えて不知火が先導いたします!」(タタタッ

提督「し、不知火君、廊下を走っては――」

<ズベシャ!!

不知火「にゅい!?」(ビターンッ

提督「不知火君!?」

不知火「…………」(ムク…パンパンッ

不知火「ここは滑ります。お気をつけ下さい、司令」(キリッ

提督「そ、そうか」

不知火「す、滑るのです」(涙目

提督「疑っていない、疑ってなんかいないよ」

不知火「本当ですか?」

提督「ほ、本当だとも」

不知火「……では司令、急ぎましょう。早くしないと母港に遠征部隊のみなさんが着いてしまいます」

提督「あ、ああ、そうだな」

(物陰)

陽炎「不知火ってホント、クールな外見のわりにやることなすこと、おバカな犬っぽいのよねー」(呆れ

183:2015/05/03(日) 01:11:51.71 ID:

【診察メーカー】

《鎮守府》執務室

(提督&漣、休憩中・・・)

漣「およよ?」

提督「どうかしたのかね、漣君」

漣「いえね、Poitterのフォロワーさんのポイートに面白いものがありましてー」

漣「診察メーカーで……ホラ、ご主人様向けっぽいものがー」(寄り寄り

提督「ふ、ふむ……『お前をカードにしてやろっかー』……ふむ」

漣「ね? ご主人様、こーいうの好きじゃないですか?」(ニヨニヨ

提督「ま、まあ、嫌いではない」

漣「にほはは、素直じゃないですねー」

漣「とりま、ご主人様の診察でもしてみますかー……え、えーっと、『玖珂鋼太郎』と」(テレテレ

提督「そこは、提督でいいのでは」

漣「い、今のご時世、いったい何人、提督がいると思っているんですかー? と、出ましたよ」

診察結果:玖珂鋼太郎がカード化された場合、《☆7/シンクロ/闇/機械/攻2700/守100/カード効果で破壊されない》となります。

提督「……星7か、ならば私の銀河でも採用可能だ。効果も……まあ、それなりに」

漣「機械好きなとことか、胃とメンタルが低防御なとこがリスペクトされてますねー」

漣「(あと、なんだかんだで頼りになるとことか……ね)」

提督「漣君?」

漣「うえ!? い、いえいえ、なんでも~」

漣「さーて、ご主人様だけだとなんですし、漣も診察してみますかね……っと!」

診察結果:漣がカード化された場合、《☆2/効果/闇/サイキック/攻2900/守2750/敵の罠効果を受けない》となります。

漣「うお」

提督「ふむ、これは……素晴らしい、素晴らしいよ、漣君。罠の効果を受けない辺りも、なんとなく漣君らしさがある」(キラキラ

漣「それ、褒めてるんですかねえ。な~んか、遠回しに性格悪いって言われてる気がするのですがー」(ジト目

提督「も、もちろん褒めているさ」

漣「ならいいんですけどー」(ムスーッ

185:2015/05/03(日) 01:22:58.65 ID:

最近の遊戯王って漣のステで☆2なん?
186:2015/05/03(日) 01:24:01.91 ID:

今日はここまで
2つ目は「面白いもん見つけたぜ」と回されてきたもの
Twwitterよくわからないけど、こういうお題的なものがたくさんあるのだとしたら美味しい場所ですね
イベント、SS書き始めてから育成する艦がスレに出ている艦娘に限定されがちで厳しい
高波と野分が出てきたので、ちょっとだけ楽な気分で進められそうです
187:2015/05/03(日) 01:32:51.35 ID:

乙です。
ちょっと読めなかった間に追加がたくさん来ててうれしい。
188:2015/05/03(日) 02:08:56.74 ID:

乙乙
インチキ効果もいい加減にしろ!!
189:2015/05/03(日) 02:10:59.64 ID:

いくらインフレが進んでる遊戯王とはいえこれがデフォなわきゃないw

もし実在したら禁テレでだせる闇サイキック罠無効29打点とか恐ろしすぎるな!

192:2015/05/03(日) 06:31:15.97 ID:


戦艦並の眼光でキラキラさせてるぬいぬい可愛い
193:2015/05/03(日) 20:30:14.37 ID:

不知火は、港湾水鬼さんとメンチビーム対決させたい
194:2015/05/04(月) 01:03:28.31 ID:

【人のふり見て我がふり直せ】

《鎮守府》食堂

曙「クソ提督と普通に話す方法ねえ……」

満潮「そう、なんかない?」

曙「(そんなものあったら、むしろ私が知りたいわよ!)」

曙「っていうか、なんでそれを私に聞くわけ? 言っちゃなんだけど……漣とか、神通さんとか、金剛さんだっているじゃない」

満潮「とっくにその三人には聞いたのよ」(ゲンナリ

曙「なによ、なんかあったの?」

満潮「一番最初、漣に話聞いてみたんだけど、まあ出るわ出るわ自慢の数々……」

漣『いやー、まいっちゃうなー、聞いちゃう? これ聞いちゃうわけ? も~ぉ、しょうがないですねえぇ~~~~!!』(ミサワ顔

満潮「なんか腹立ったからぶん殴ってやったわ」

満潮「……まあ、手ぇ出した次の瞬間、天井に叩きつけられてたんだけど」

曙「さすがにそれはアンタが悪いわ」

満潮「そうね、二度と漣には逆らわないって誓ったわ」(ハイライトOFF

曙「(なにやったのよ、漣の奴……)」

満潮「それで、次は神通さんに聞きにいったんだけどね」

曙「アンタ、意外とタフね」

満潮「これがまた出るわ出るわ、嬉し恥ずかしの甘酸っぱい思い出話……」

神通『それでですね、足がもつれた時、そっと肩に手を回して支えてくれて……』

満潮「話してる間中、神通さんの周り花が満開で、少女漫画の毛玉みたいなのが飛び交ってたわ」

曙「毛玉って、せめてオーブとか言いなさいよ」

満潮「たぶんあの毛玉、主原料は粉砂糖かなにかよ。だって、那珂さんが淹れてくれたコーヒー、甘く感じたもの」

曙「聞きなさいよ、人の話!」

満潮「なによ、聞いてるわよ。それで、最後に金剛さんのとこ聞きに行ったんだけどね……」

金剛『訳:だいたいね、アイツは人のことなんだと思ってるのよ! 事ある毎に軍学校時代のこと持ち出して、私のこと鬼だ悪魔だ……もうちょっと他にないわけ!?』

満潮「……なに言ってるか、よくわかんなかったわ。司令官に腹立ててるのは嫌ってほど伝わったけど」

曙「あ、荒れてるわね、金剛さん。何かあったのかしら?」

満潮「話しながらブランデー入りの紅茶飲んでたから、たぶんそれが原因じゃない?」

曙「たぶんそれ、紅茶風味のブランデーよ」

195:2015/05/04(月) 01:06:12.34 ID:

満潮「結局、あの三人に聞いても収穫はなかったわ」

満潮「というわけで、なんかない?」

曙「自分で考えなさいよ」

満潮「そう言われてもね……『上司と会話が途切れない10の方法』は全部試しちゃったし」

曙「まずハウツー本に頼るな!」

満潮「え……じゃあ、曙はどうやって司令官と会話してるのよ」

曙「どうって、そりゃ…………そ、そんなの、作戦の提案したり、機械とかカードの話を振れば余裕じゃない!」

漣「ほほう? なるほど、なるほど。余裕じゃない、とは大きく出ましたねー」(ニヤニヤ

曙「」

漣「あ、ご主人様~♪ なんか、曙がご主人様に話があるそうです~!」

曙「ちょっ!?」

提督「な、なにかね……」(オドビク

曙「ぁ、ぅ…………き、機械とかカードの話の時だけよく喋るのキモイのよっ、このクソ提督!!」

提督「……」(無言の吐血

漣「曙、ちょっと表出ろやコラ」

曙「い、いいわっ、出てやろうじゃない!!」

提督「……わ、私に何か落ち度……でも?」(胃薬ゴソゴソ

満潮「えーっと……たぶん、曙に相談した私が悪いわ。ゴメン」(水差し出し

提督「……よくわからないが、困っているならちゃんと話してくれたまえよ」(ザラザラ

満潮「そうね、司令官のお腹のためにも努力するわ」

《後日、天気の話ぐらいはするようになった》

198:2015/05/04(月) 02:32:43.20 ID:

乙にございます
金剛さん、紅茶入りブランデーと来たかw
さて、どっかの銀河の提督よろしく勝つ事はできるのか。

あ、それと体に爆弾巻きつけて全力で地雷踏んづけた曙さんのご冥福をお祈りします。

200:2015/05/04(月) 03:09:05.10 ID:


持ちネタを使ってもらい嬉しそうにキラキラしてるぬいぬいは余裕で想像出来るわ
202:2015/05/04(月) 07:51:01.97 ID:


ここのぬいぬいは本当に愛されてるな
206:2015/05/06(水) 04:00:47.54 ID:

【提督たちの作戦中風景】

(提督ズ&艦娘、第十一号作戦実行中・・・)

《他所提督の場合》

<バンッ

他所提督「…………」(イライライライラ

菊月(臨時秘書艦)「お、おかえり」

他所提督「おう」

龍田「ただいま~。菊月ちゃん、お留守番ありがとうね~」(ボロボロ

菊月「このくらいなんでもないさ。それで、その、どうだった?」

龍田「ん~、ステビア海までは順調に進撃できたんだけどね~。最深部にいる艦隊に向かう途中、空母棲姫の率いる機動部隊に襲われちゃってね~」

菊月「な、だ、大丈夫だったのか!?」

龍田「う~ん、あまり大丈夫じゃなかったかな~。空母棲姫の攻撃がポンポン、長門さんとか日向さん天龍ちゃんに当たってね~……勝利こそしたけど、そこから先は進めないから撤退してきたのよ~」

菊月「そうか……その、お疲れ様。艦の修理が終わったら、また出撃だろ? 食堂にお握りと豚汁用意してあるから、お風呂の後に食べて、しっかり休んでくれ」

龍田「あらあら、まあ~……菊月ちゃん、ありがとう~♪」(ナデナデ

菊月「ぷわっ!? あ、頭を撫でるなっ」

龍田「ウフフ、いい子、いい子。菊月ちゃんも一緒にお風呂行きましょうね~♪」(ダッコ

菊月「うぅ、なんなのさ……」(モジモジ

龍田「あ、提督~? ということで、私たち少し外しますね~」

他所提督「おう」

<キィ……バタンッ

他所提督「……………………うがああぁぁぁぁぁぁぁっ!! なンッなんだよあの空母棲姫のヤロー!! こっちの艦をポコジャカ、大破させやがって!! ふっざけんなよ、クソクソクソッ、クソがぁーーーーーーー!!」(壁ゲシゲシ

他所提督「絶対に許さねぇっ、次会ったらメッタメタのギッタギタにしてやっからなっ、覚えてろよクソがァ!!」(壁ゲシゲシ

<ドゴォッ
<うお!? ヤ、ヤベエ、壁に穴が……!!

菊月「……荒れてるな、司令官」

龍田「空母棲姫の部隊に会うまでは、みんなの艦、かすり傷一つ負ってなかったから~。実質、アレ一隻に撤退させられたようなものだしね~」

菊月「……怒ってる司令官は好きじゃない」(グスッ

龍田「別に菊月ちゃんに怒ってるわけじゃないから~」

龍田「大人の男の人はね~、たまにああしてストレスを発散させないとダメになっちゃうから~……許してあげてね~?」

菊月「ウン」

菊月「……早く終わるといいな、作戦」

龍田「そのためにも、今はしっかり休まないとね~」

207:2015/05/06(水) 04:01:29.04 ID:

《メガネ提督の場合》

メガネ提督「名取、支援に出した艦隊の方はどうなってる?」

名取「は、はい! ヒトロクマルマル、ステビア海にて空母棲姫を旗艦とする敵機動部隊とオネエ提督さんの水上打撃部隊が会敵! 大破が1隻出ましたが、電ちゃんたちの部隊に護衛されて撤退。現在、敵本隊と交戦中とのことです!」

メガネ提督「ふむ、ウチは駆逐艦が多いからね、大規模な作戦時はこうした支援が基本になるんだけど……」

名取「……けど?」

メガネ提督「――――心配だよぉ~、電ちゃんたち、ちゃんと無事に戻ってこれるかな~!? 護衛の途中で深海棲艦に襲われたりするんじゃ……ああ、もう考えただけで心臓が張り裂けちゃいそうだ!!」(ジタバタ

名取「お、落ち着いてください! 大丈夫、きっと大丈夫ですから!」

メガネ提督「ホント?」

名取「ホ、ホントです」

メガネ提督「ホントにホント?」

名取「ぅ……えっと、たぶん」

メガネ提督「……やっぱり心配だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~」(ジタバタゴロゴロ

名取「えうぅぅぅ~!?」(オロオロ

《オネエ提督の場合》

武蔵「ぐッ、す、すまない、最後の最後でドジっちまった」

オネエ提督「いいのよ、ちゃーんとみんな無事に戻ってきてくれたんだから」

武蔵「あと一押しってとこだったんだぜ?」

オネエ提督「そうねえ、誰か一人でも戦艦水鬼に攻撃できてればミッションコンプリートだったんだけどねえ……」(ノビーッ

オネエ提督「ま、たられば語ってもしょうがないわ。武蔵ちゃん、冷蔵庫に不死身家のケーキ入れてあるから、お風呂から上がったらみんなで食べてちょうだいな♪」

武蔵「……すまん、恩に着る」(ショボリ

オネエ提督「いいから、いいから。しっかり休んだらまた出撃だから、頼んだわよ~」

武蔵「おう!!」

<パタンッ

オネエ提督「うぅ~ん、さすがに作戦の最終目標となるとなかなか……なかなかねえ」

オネエ提督「とりあえず、みんなの疲労が抜けた辺りでもう一度出撃してもらうしかないわねー」(頭ガシガシ

208:2015/05/06(水) 04:03:46.75 ID:

《提督の場合》

駆逐艦《漣》艦内

漣「ぶっへぇ~~~~~!! ご主人様ぁ、大丈夫ですか~?」(中破

提督「う、うむ」(中破

神通『提督、索敵終了しました。遠方に増援の反応あり、どうやら深海棲艦の援軍が近づいているようです』

漣「次から次によく湧きますねー。何回倒せばいいのやら……」

提督「そうか……オネエ提督の艦隊も退却している。我々も、修理と補給のために一旦、鎮守府に戻るとしよう」

漣「アイアイサー!」

神通『了解しました!』

提督「で、では、第一艦隊旗艦の金剛にも連絡……」

金剛『Hey、提督~』

漣「あや、噂をすれば影ですねー。ハイハーイ?」

提督「ど、どうかしたのか? 何かあったのか?」

金剛『ンー……深海棲艦が使ってた基地を調査したんだけどネー』

金剛『なんか、見たことない戦艦と艦娘を発見したデース』

提督「見たことのない……?」

金剛『この人デース』

Poma『正直助かったわ、日本に向かう途中、連中に鹵獲されてしまって……。ローマです、よろしく。何? あまりジロジロ見ないでくださいね』(眼鏡クイッ

提督「」

金剛『提督~、どうするデース?』

提督「……………………帰投の途中、大本営に寄って彼女の身柄を預けよう。捕虜をそのまま、自分の鎮守府に連れ帰ることなどできないしな」(キリッ

金剛『……アー、了解』

Roma「……えっと、もしかして私、厄介者扱いされてる?」

金剛「深く考えたら負けネー。ウチの提督は基本、知らない人にはあんな調子デース」

Roma「なにそれ、アナタのところの提督、コミュニケーション能力どうなってるんですか?」

金剛「ノーコメントでお願いしマース♪」

《この後、無事にRomaの身柄は大本営に保護された》

209:2015/05/06(水) 04:10:56.77 ID:

やー、どちらも期待通りですなー(棒)
210:2015/05/06(水) 05:08:51.03 ID:

でも、二式大艇には興味示すんじゃないかな(棒)
211:2015/05/06(水) 07:45:02.71 ID:

この提督はほんまにブレへんなぁ
216:2015/05/06(水) 10:32:50.69 ID:


提督だったら水上機運用能力のある艦なら誰でも使える二式大艇改を開発しそう
223:2015/05/06(水) 13:45:47.36 ID:


イタリア艦どうするのかなー?って漠然と思ってたら
やっぱり大本営に送り返してたかwwwwwwww
229:2015/05/06(水) 16:22:51.88 ID:

【ラストダンスにはまだ早い】

《大本営》執務室

元帥「作戦の進捗はどうなっている」

霧島「はい。現在、提督、他所提督、オネエ提督率いる三つの連合艦隊が交代で、ステビア海の敵深海棲艦と交戦を繰り返しています」

霧島「今のところは我々の優勢……敵残存戦力は残り3~4割といったところでしょうか」

元帥「正念場だな……」

霧島「ええ。奴らも、追いつめられると凄まじい力を発揮しますからね」

元帥「土俵際の粘りの強さは、我々も連中も変わらんらしい」

霧島「厄介ですね」

霧島「それと、進捗具合とは別に一件」

元帥「なんだね?」

霧島「実は、日本へ護送中に滷獲された戦艦《Roma》と、その艦娘の救出したと提督から報告が来ています」

元帥「なんと、無事だったのか!?」

霧島「戦艦、艦娘ともに異常は見られなかったようです。ただ、深海棲艦の増援が接近していたので……」

元帥「ああ、Romaが大本営に到着次第、精密検査を受けてもらおう」

元帥「いやぁ……しかし、よかった。でかしたぞ、鋼太郎く……提督」

元帥「オッホン、すまんな、少し顔がおかしなことになっているようだ……」(ニヤニヤ

霧島「(Romaの件で相当、頭を痛めておられましたしね。そりゃ顔も緩みますよ)」

霧島「……それにしても」(ペラ…ペラ…

元帥「む、どうかしたのか」

霧島「いえ、報告書なのですが……Romaがところどころ、PomaとかRobaとかRomanになっているあたり、なかなか提督さんも窮まってきているなと」

元帥「……一度寝ろ、と電報を送っておいてくれたまえ」

霧島「はい。フフフ♪」

駆逐艦《漣》内部

提督「……あ、あと……あと4回も撃破すれば……すれ……」(グランガラン

漣「ご主人様~、椅子の上で寝ても疲れは取れませんよ~」

提督「うぐ、ぬ……」(シバシバ

漣「メガネ提督さんのところの艦隊が護衛についてくれましたし、余裕ある内に仮眠してくださ~い」

提督「料……理」

漣「はいはい。起きたらご飯も作りますのでー、しっかり休んでくださいな」

提督「う、ぬ……」(フラフ~ラ

漣「あー、もう! しょうがないご主人様ですねー」

漣「妖精さんたちー、すみませんがご主人様を艦長室まで連れてってくださいな」

妖精A「ラジャったです」

妖精B「提督さんに快眠をプレゼント」

妖精C「子守唄は任せろー」

漣「ヤメテッ!」

<提督さーん、こっちでーす
<子守唄、なに歌うですか?
<うーんと、『Reckless fire』?
<逆に目がギンギンに冴えそうです……

漣「やれやれ。ワーカーホリックもあそこまでいくと手に負えませんねー」

漣「……さって、もう一踏ん張りです。気合い入れていきまっしょい!」

230:2015/05/06(水) 18:07:12.20 ID:

Poma・・げふんげふん、Romaさんの配属先はいかに?
231:2015/05/06(水) 18:19:26.16 ID:

信頼できて母港枠も余っており、更に面識まである鎮守府があるじゃあないか(ニッコリ
236:2015/05/07(木) 01:00:51.02 ID:

元帥「メガネっ艦娘は渡さぬ」
243:2015/05/07(木) 22:29:07.91 ID:

【焼けた鉄の上で踊るように】

《鎮守府》母港

(艦隊が帰投しました)

瑞鶴「みんな、お疲れ様! はい、毛布! 制服のが破れてる人は使って!!」(ドタバタ

赤城「損傷した艦はドッグへ! 妖精さんたちが修理の準備をしてくれています!!」(テキパキ

金剛「第一艦隊の艦は最優先でドッグへ! 無駄に使う時間はないヨ!!」

大和(小破)「くっ……不甲斐ないですね……」

満潮「怪我をした人は!? いたら医務室へ運ぶから!!」(キビキビ

漣(中破)「うう、メシ…マズ」(ヨタヨタ

神通(中破)「い、痛かったです……」(フラフラ

潮(大破)「ゴメンなさい、対空防御が間に合わなくて……」

衣笠(大破)「あと一息ってとこなんだけどねー」

大井(大破)「なんで私たちばっかり狙われるのよ……」

北上(大破)「うーん、ゴメンねー……絶好のチャンスだったのに、私が旗艦スナイプできなかったから……」

大井「いいえ、そんな! 北上さんは悪くないわ! 悪いのは作戦……」

漣「…………」(じー

大井「じゃなくて、到着できない道中支援と当たらない決戦支援と着実にこちらを中破大破させる空母棲姫とか沈まない重巡とか回避しまくる駆逐艦とかで……」

大井「…………ああぁぁぁぁっ!! 思い出したらまたイライラしてきたわ……!!」(ガンッ!ガンッ!

北上「大井っちー、船にあたるのはダメだよー」

提督「…………」

文月「司令官~、大丈夫ぅ?」

弥生「顔色…悪い、です」

提督「大丈夫、だ。問題ない」

提督「……みんな、聞いてほしい」

漣「! 総員、整列!!」

神通「はい!」

潮「……!!」(タタタッ

衣笠「イタタ……」(ピシッ

大井「はい!」(直立

北上「ん……」(不動

<しーーーーーーん

提督「あ、その、そこまで大事な話をするわけでは、ないのだが」

漣「ニャハハ、お気になさらず」

漣「あと一息ってとこに来てから、途中撤退や旗艦外しが増えてますしねー、ここらで一発、気を引きしめたい気分なのですよー」

提督「(私の胃は絞めつけられるどころではないのだよ……)」(メキゴキメキョ

244:2015/05/07(木) 22:33:15.69 ID:

提督「……現在、第十一号作戦は最後の詰めの部分まで来ている」

提督「ここまでこれたのは君たちの日頃の訓練と、人々を守るという誓いあってこそだ」

提督「しかし、追いつめられた深海棲艦の攻撃は苛烈で、何度も苦渋を味わわされている」

提督「あと一歩を踏み越えられない状況に、君たちも不安や焦燥を募らせているだろう」

提督「だが案ずるな、焦るな。これまで君たちは、幾度となく立ち塞がる強大な敵を打ち破ってきた」

提督「落ち着いて、今日までの訓練と実戦で培った力を発揮するのだ。さすれば、君たちに敵う者などいない!!」

提督「…………と、私は思っているので、なんだ、その……最後まで油断せずにいこう」(ひきつり笑い

<しーーーーーーん・・・

提督「(み、みんな無言だ……余計なことを言っただろうか……神経を逆撫でして、不愉快にさせただけだろうか……)」(キリキリ

漣「あ……あざーっす!」

神通「こんな私でも提督に信じてもらえて……本当に嬉しいです」

潮「潮、ま、まだやれますっ」

衣笠「よーしっ、衣笠さんにお任せ!」

大井「少し休んだらもう一回出撃ですね、北上さん」

北上「お、燃えてるねー、大井っち。んじゃ、まあ……やっちゃいましょー」

提督「(よ、よかった、少しだけみんなテンションを上げてくれたようだ)」

間宮「みなさーん! 疲労回復にお菓子作ってきましたよー!」

伊良湖「間宮さんと私の合作、抹茶アイス最中です!」

羽黒「え、えっと、他にもケーキとかシュークリームもありまーす!」

鳳翔「お腹にたまるものがいい子は、こっちにお雑煮用意してますからね~!」

<はーーい!
<私、お雑煮がほしいー!
<私はシュークリーム!!

提督「…………」(コソコソ

245:2015/05/07(木) 22:36:27.93 ID:

《鎮守府》提督用トイレ

<バシャッ……ビチャチャ……!!

提督「………………ゴホッ!! がはっ……ごぇ……っ、ハァッ……ハァ!!」

提督「い、胃薬がそろそろきれてしまうな……」

提督「ハァ……ゲホッ……つ、次もダメだったら……甲作戦ではなく、乙作戦も視野に入れると……しよう。このままだと、体中の血を口から吐いてしまう……」(フラフラ

金剛『訳:またそーやってすぐに弱音を吐く』

提督「こ、金剛……」

金剛『訳:大丈夫……じゃないか。口の端、汚れてるわよ』(フキフキ

提督「ハ、ハンカチが汚れる、やめたまえ」

金剛『訳:口から血を垂らしてる人はおとなしくしてなさい』(ゴシゴシ

金剛『訳:これでよし、と。……もう一踏ん張りなんだから、頑張りましょう。みんな、アナタの指揮を信じて頑張ってるんだから』

提督「う、む……」

提督「スー………………ハァ……」

提督「……次の出撃は12時間後。それまでに艦の修理と補給を終えるよう、みんなに伝えてくれ」(キリッ

金剛『訳:了解!』

提督「では……少し休ませてもらおう。君も、できるだけしっかり休むように」

金剛『訳:はいはい』

提督『訳:はい、は一回だ』

金剛『訳:は~い』

提督「…………私はもう寝る」

金剛『訳:おやすみなさーい♪』

金剛『訳:さて、と』

<パンッ!!

金剛『訳:これ以上、アイツに苦しい思いさせるのも嫌だし、さっさと片付けてやりましょうか!』(頬叩き

246:2015/05/07(木) 22:39:36.22 ID:

物事が上手くいかないときは、深呼吸していいお茶でも淹れてリラックスして寝るのです
というわけでおやすみなさいなのです
248:2015/05/07(木) 22:48:41.25 ID:

乙です
まさにその状況だわ
ラスダンががが
249:2015/05/07(木) 22:54:05.99 ID:

E4がこんな感じ、倒しきれないし途中大破で帰還・・・
リラックスしよう。
250:2015/05/07(木) 22:58:54.62 ID:

おつー

さすが金剛…

254:2015/05/08(金) 07:24:06.70 ID:

【提督、美容院へ行く】

《鎮守府》執務室

提督「…………」(カリカリ…

那珂(当日秘書艦)「んー……提督さあ、ちょっと髪の毛伸びたよね」

提督「……言われてみれば、確かに」

提督「そろそろ、切らねば」

那珂「うんうん! 髪型バサバサは見映え悪いしね」

那珂「提督はいつもどこで髪の毛切ってるの? 床屋さん? それとも美容院?」

提督「……じ、自分で切っているが?」

那珂「えー……」(ドン引き

提督「し、仕方がないではないか。他の人に髪を切ってもらう時間、私にどう過ごせと……」

那珂「うーん、提督も元は悪くないんだからー、ちゃんと髪の毛カットしたら、もっと格好よくなるのに」

提督「(母や……金剛や漣君にも言われたことがあるが、そのような常套句、誰が信じるというのか……)」(卑屈

那珂「そうだ、那珂ちゃんナイスアイデア!」

提督「う、うぬ?」

255:2015/05/08(金) 07:24:47.62 ID:

(提督休日)
《鎮守府近郊》ハイカラな美容院前

提督「こ、ここ……か?」

那珂『えっとね~、鎮守府の近くにね、那珂ちゃんのお気にの美容院があるの!』

那珂『店員さんもすっごくフレンドリーだからぁ、提督も退屈しないと思うし、そこでカットしてもらったらいいよ♪』(キラ☆

提督「……と、那珂君は言っていたが」

提督「な、南無三」(ゴクリ

<カランカラ~ン

女性店員「いらっしゃいませ! カットのお客様ですか!」(スマーイル

提督「あ、あの、その、部……し、知り合いに、勧められて……」

女性店員「あっ、ご紹介お客様ですね! どなたのご紹介でしょうか!」(爽やか

提督「え、あの、この近くの四方山鎮守府で、か、艦娘をしている那珂君……」

女性店員「ああ、那珂ちゃん! 那珂ちゃんとその姉妹さんには、いつも来てもらってて助かってるんですよー」(朗らか

女性店員「あ、もしかして、アナタが鎮守府の提督さんですか!? 那珂ちゃんたち……特に神通さんからよく話を聞いてますよ!」(にこやか

提督「……い、いえ、人違い」

女性店員「優しくて指揮も的確で、とっても大切な人だって……もう、毎回のろけられてて~」(フレェンドリィ~

提督「(………む、無理だ、私には無理だ!)」(プルプル

提督「……!!」(クルッ

店員「あれ? どうされ……あのっ、待って!?」

<タタタタタタタッ・・・

店員「……行っちゃった」

《鎮守府》

那珂「それで、店員さんが明るくて溌剌としてるのが辛くて逃げてきたんだ」

提督「……ああいうレベルの高いコミュニケーション能力は私には堪えるのだ」

那珂「……そっか」

提督「すまない、せ、せっかく紹介してくれたのに……」

那珂「あ、ううん、なんか……那珂ちゃんこそゴメンね」

《この後、髪はいつも通り自分でカットした》

256:2015/05/08(金) 07:47:18.80 ID:

カットくらいなら出来そうな器用な娘が何人かいそうなもんだが
260:2015/05/08(金) 09:41:54.28 ID:

妖精さんがやってくれそう
261:2015/05/08(金) 10:16:54.14 ID:


そして開かれる毛髪オークション
262:2015/05/08(金) 11:03:22.72 ID:

まず提督の髪の毛を切る権利オークションからたな
272:2015/05/09(土) 01:12:52.18 ID:

大和「閃いた」
276:2015/05/09(土) 15:31:11.28 ID:

【祝!第十一号作戦終了】

《鎮守府》母港

(艦隊が母港に帰投しました)

提督「……」

金剛(大破)「…………」

伊勢(中破)「…………」

大和(小破)「…………」

比叡(中破)「…………」

瑞鳳(中破)「…………」

祥鳳「…………」

潮「…………」

木曾(小破)「…………」

神通(大破)「…………」

大井(MVP)「…………」(キラキラ

北上「…………」

漣(中破)「…………」

提督「みんな、お疲れ様」

提督「損傷した艦はドッグへ。艤装は……もう新しく造り直すので、工廠の妖精君たちに預けてくれ」

提督「明日、鳳翔君たちが祝勝パーティーを開いてくれるらしい」

提督「今日1日、しっかり休んで明日のパーティーに参加してもらいたい」

提督「いろいろと話さねばならないこと、事後処理などたくさん残っているが……今日はもう、いい」

提督「みんな、よく頑張ってくれた……解散」(ヨロヨロ

<……は~い~

神通「漣さん、大丈夫ですか?」(フラフラ

漣「だめぽ」(白目

潮「神通さんも、私の艦を庇ったからボロボロですよ……」

神通「さすがに……疲れちゃいました」

大和「今日はさすがに……提督のお側にいても、起きてられ……ません」(ヨタヨタ

金剛「tea time は明日にするネー」(ズル…ズル…

伊勢「これは明日、全身筋肉痛フルコースだね……」(ガクガク

木曾「……Zzz」

北上「おーい、ここで寝たら風邪ひくよー」(ツンツン

大井「しょうがないわね……っしょ、と!」(引きずり

祥鳳「艦載機……だいぶ墜ちてしまったわね……」

瑞鳳「うぅ、瑞鳳の烈風改~……」

比叡「…………」(ポツーン

277:2015/05/09(土) 15:34:03.84 ID:

比叡「(大本営から補給物資運んできたら、なんかそのまま最終決戦に駆り出されてしまいました……)」(ヒエー

比叡「母港についた途端、兄様と妖精さんたちがすごい形相で《比叡》の改装を始めるし……怖かったなー」

比叡「あ、でもでも、決戦に参加させられたということは、ついに私も鋼太郎兄様の鎮守府所属になったってことじゃ!?」

比叡「アハハハッ、バンザーイ! バンザーイ!!」

(翌日)

《鎮守府》祝勝パーティー会場

比叡「第十一号作戦、お疲れ様でした兄様!」

提督「……どうして比叡君がここにいるのだね?」

比叡「ヒエーン!?」(ガーンッ

提督「そ、そういえば最後の出撃の時、心持ち戦艦が多かったような……?」

比叡「ひ、酷いですよ兄様~!!」

球磨(E:エプロン&三角巾)「……提督、最後の方、精神的にかなりキテたからしょうがないクマー」

鳳翔「そうねえ。見てて少し危なかったもの……」

間宮「漣さんたちも、支援に出る人たちも、当タラナイ……届カナイ……とかうわ言漏らしながらお菓子食べてましたからね……」

羽黒「と、とっても怖かったです」

伊良湖「はい……てっきり、鎮守府が深海棲艦に乗っ取られたんだって思いました」

《後日、大本営により、比叡の所属は四方山鎮守府であると正式に決定された》

278:2015/05/09(土) 15:35:21.23 ID:

比叡大勝利じゃないですかやったー!
280:2015/05/09(土) 15:45:23.34 ID:

知らぬ間に駆り出されるヒエーさん。入れておめでたいけど、次は榛名さんですかね?
282:2015/05/09(土) 16:20:35.02 ID:


比叡配属が金剛さんの追い風となるのか単なる新Love勢追加でさらに混沌とするのかww
283:2015/05/09(土) 16:36:16.85 ID:

そういや榛名だけ他二人より出番少なくね?提督に一目惚れしたヤンデレだっけ?ここのは
284:2015/05/09(土) 16:42:23.79 ID:

乙です
榛名だけはまだ回想にしか出てないんだっけね
286:2015/05/09(土) 17:42:39.78 ID:

あかん、比叡と不知火が縄張り争いしてまう
287:2015/05/09(土) 17:44:54.95 ID:

おつです

やっとヒエーきたー!!やったー!!w

288:2015/05/09(土) 17:54:29.36 ID:

乙です
比叡やっと報われたかwww
給料3ヶ月分のカードすっかり忘れてたorz
それ以外の趣味にも金つぎ込んでるのか。他所提督たちとの金の使い道比較とか見てみたいかも
289:2015/05/09(土) 18:20:31.61 ID:

また忠犬が一匹増えたか
乙です
299:2015/05/09(土) 22:41:01.67 ID:

乙にございます
ついにヒエーも四方山鎮守府入りかー。
はてさて、この先艦娘たちの恋路はどう転ぶことやら。
301:2015/05/09(土) 23:38:12.66 ID:

比叡はバカかわいいなぁ
302:2015/05/09(土) 23:57:24.66 ID:

おめでとう!比叡!!
303:2015/05/10(日) 00:33:07.22 ID:

唯一名前だけの登場でも榛名は大丈夫です

 


引用元:【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話8【ネタ募集】(SS速報VIP)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その1【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その2【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その3【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その4【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その5【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その6【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その7【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その8【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その9【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その10【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その11【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その12【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その13【SS】(再)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その14【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その15【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その16【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その17【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その18【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その19【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その20【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その21【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その22【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その23【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その24【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その25【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その26【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その27【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その28【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その29【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その30【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その31【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その32【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その33【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その34【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その35【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その36【SS】

1001 : 2017/12/12 23:58:38 ID: