ac1b149c

 

304:2015/05/10(日) 01:04:01.46 ID:

【何かあると台所に向かう】

《鎮守府》執務室

漣「ン~、ンフ~フ、フ~ン♪ 今日は~、ご主人様が出張から帰ってくる日~♪」(机フキフキ

漣「そしてそしてー、明日のお休みはご主人様と第七駆逐隊でお買い物なのですよ~」

漣ケータイ<みこみこナース!みこみこナース!ナマムギナマゴメみこみこナース!

漣「っと、ご主人様からお電話ですねー」

漣「ハイハーイ、どしたの、ご主人様?」

漣「フン、フンフン……フン……」

漣「な、なるほどー、了解しました。いえ、お気になさらず、はい」

漣「秘書艦兼護衛で木曾さんもついてますし、安心ですわー♪」

漣「はい、ではではー」(ピッ

漣「……出張、延長ですかー、そうですかー」

漣「自動的にお買い物は中止と……ま、しゃーない、しゃーない」(苦笑い

(夜)
《艦娘用宿舎》食堂

漣「ほいさっさー、みなさーん、おゆはん完成しましたよー」

瑞鶴「ふはー、お腹ペコペコ~……って、なんじゃコリャア!?」

305:2015/05/10(日) 01:06:10.54 ID:

漣「今日はちょっとばかし凝ったものにしてみましたー」

・焼きたてパン 3色のパテを添えて

・トラウトサーモンと旬野菜のマリネ

・ホワイトアスパラガスとオマール海老のマスタードソース

・伊勢さんの釣った鮮魚のソテー

・桜チップでスモークした骨付きラム肉のロースト

・北海道産ミルクを使ったお楽しみジェラート

漣「いやぁ、ハハハ、今日はやけに創作意欲に溢れちゃいましてー」

漣「どーぞ、召し上がれ♪」

瑞鶴「創作意欲に溢れたからって、これは……ええ!?」

加賀「うるさいわよ、瑞鶴。少しは赤城さんを見習ったらどうなの?」

瑞鶴「見習うって、何を……」

赤城「どうしたの、瑞鶴?」(カチャカチャ

赤城「ん……フフ、美味しい」(微笑

瑞鶴「(うおお、凄い優雅に召し上がってらっしゃる!?)」

漣「実は、若いけど味はなかなかのワインも用意してあるのです」

赤城「あら、じゃあいただいちゃおうかしら」

漣「どぞ、どーぞ」

瑞鶴「(ヤバイ、なんか緊張してきた)」

加賀「瑞鶴、正規空母の艦娘としてみっともない食べ方をしたら……わかってるわよね?」

瑞鶴「う、うっす、努力します」(敬礼

<言葉遣いが汚いわ。罰として、このラム肉のローストは没収よ
<そんな横暴なっ!?

曙「……クソ提督、今日帰ってこれなくなったんだって」

朧「なるほど、それで」

潮「漣ちゃん、すっごく楽しみにしてたもんね……」

曙「フン、わかりやす過ぎなのよ」

曙「……私だって楽しみにしてたのに。クソ提督のバカ」(ボソ

朧「(曙も、たいがいわかりやすいと思うよね)」(ヒソヒソ

潮「(そ、それは言っちゃダメだよ、朧ちゃん)」(苦笑

307:2015/05/10(日) 01:32:54.29 ID:

瑞鶴のなんじゃこりゃあで、腹に一撃食らって路地裏に倒れる姿が浮かぶ…。
309:2015/05/10(日) 03:41:00.95 ID:

さすが正規空母なら食べ切れるのか
310:2015/05/10(日) 07:07:04.39 ID:

曙ちゃんかわいい…
313:2015/05/10(日) 09:00:13.56 ID:

一言しゃべる度に瑞鶴の分が減っていきそうだな
344:2015/05/14(木) 01:07:34.23 ID:

【提督たちとコミュニケーション】

《大本営》訓練所

木曾「な、なるほど、こうか……こう!」(ドタンバッタン

老提督「ホホッ、まあ……ワシの言ったことの1割もできとらんが、そんな感じじゃ」

老提督「大雑把に言ってしまえば、太刀筋なんてものは縦横斜め、突きの九通りしかないのじゃから、それさえ見極めれば捌くのは容易というもの」

提督「(それはアナタだからできることです、老提督……)」

老提督「よし、老いぼれの講釈だけではそろそろ飽きるじゃろう。今日聞いたことを自分なりに工夫して、ワシに打ってきなさい」

老提督「なに、遠慮はいらん。胸を借りるつもりで、本気で打ち込めばええ」

木曾(E:袋竹刀)「おう、怪我しても知らねえぞ!」(ワクワク

提督「あ、き、木曾君、気をつけ――」

木曾「ちぇりおーッ!!」(ブンッ

老提督「ちぇいすとぉーーーー!!!」(ドゴォッ!!

木曾「」

提督「き、木曾君!!?」

老提督「ホッホッホ、まだまだひよっ子じゃのお!」

老提督「さて、木曾君が起きるのを待っていたら体が冷える。玖珂君、ちっとばかし老体の運動に付き合ってくれるかの?」

提督「っ……かしこまり、ました」

<きぃえぇぇぇぇぇぇぇぇい!!

<神通君、技を借りるぞ……八咫雷天流――散華!!

叢雲「ったく、年寄りに冷や水って言葉をいい加減、覚えなさいよ」

木曾「きゅう……」(目グルグル

345:2015/05/14(木) 01:09:35.28 ID:

《大本営》会議場(宴会場)

先輩提督「ヒヒッ、イヒヒヒヒ! それでどないしたん? え? しこたま、爺さんに小突かれたん?」

提督「お、己の未熟さを恥じるばかりです」(ボコボコ

先輩提督「ダッハッハ! しゃーない、しゃーない。あの爺さん、他所提督君が土下座して剣習うぐらいやしな! 素手で勝つなら両手足、仲間の残した懸糸傀儡のパーツでもくっ付けんとなあ!」

由良「て、提督さん、あんまり四方山の提督さんをからかっちゃダメですよ」

先輩提督「タハハ、すまんすまん。玖珂君はからかうと面白い反応してくれるから、つい」

提督「(面白い……そ、それはつまり、私は他人にとって『玩具』に過ぎないと……。弄って、虐めて、こ、壊れれば後は捨て置くだけだと……)」(嘔吐感

由良「(ほらっ! 提督さんのせいで四方山の提督さんが落ち込んじゃったじゃない!)」

先輩提督「(か、堪忍や、由良ちゃん。最近、玖珂君のメンタルが高野豆腐ぐらいに固くなってたから!)」

後輩提督「どうしたんですかー、先輩方ー!? 暗い雰囲気は苦手ですよー、私!?」(ウェーイ

先輩提督「テンション高いなあ、自分」

提督「か、顔が真っ赤だぞ、大丈夫なのかね?」

後輩提督「大丈夫ですぅー、絶対大丈夫……うっっぷ!!」(蒼白

<アカンッ、由良ちゃん退避や!!
<ハ、ハイーッ!!
<ヌウーッ!?

提督「あ、危うくひっかぶるところだった……」(チビチビ

提督「彼女のノリのよさは大いに見習うべきところがあるが、いささか調子に乗りすぎる嫌いがあるな」

提督「(ま、まあ、それはウチの艦娘たちの大半に言えることなのだが)」

元帥「……またそんな隅っこで手酌か」

提督「せ、先生!?」(ガタッ

元帥「いい、構わん。今日は無礼講だ、気を抜いておけ」

提督「は、はい」

元帥「座らせてもらうぞ……どっこいせ」

提督「」

元帥「ん!」(注げ

提督「し、失礼します」

元帥「んっ」(注がせろ

提督「お、お願いいたします」

(提督&元帥、酒盛り中・・・)

元帥「……最近どうだね、また薬の量が増えているのではないか?」

提督「は、い、いえ、ここ最近は瓶1本ほど少なく……」

元帥「単位がおかしすぎて改善したのかどうかわからんが、それなりに上手くやっているということか」

元帥「なにか鎮守府で問題は? 可能なものならばすぐにでも手配してやるが……ああ、母港の縮小はなしだからな」

提督「い、いえ、今のところ……」

元帥「そうか……。春の馬鹿も八雲さんも心配している。できるだけこまめに連絡をだな――――」(クドクド

提督「は、はい、善処いたします……」

霧島「(学校の面談みたいですね)」(クピクピ

346:2015/05/14(木) 01:10:59.22 ID:

【艦娘たちとコミュニケーション】満潮編

《鎮守府》執務室前

漣「さーて、今日は満潮が秘書艦担当なのですがー……」

漣「大丈夫かなー、この間は本片手に二人して片言喋ってたし」(ヤキモキ

漣「(どらどら、ちょいと様子を見てあげましょうかね)」(ソロリ

満潮「…………」(スス、スッ

漣「(おんやぁ? 珍しい、満潮さんが職務中に携帯ですか……)」

満潮「…………」(スッ、シュシュ

漣「(熱心に打ってますねー。ゲーム……じゃないみたいですが)」

<カン☆コーン!
提督ケータイ<バディ、メッセージが2件追加されたぞ

提督「む……」(カコカコ

漣「(うわ、めっずらしい~。ご主人様まで、お仕事中にケータイ触ってる……ん?)」

<ティロティロン♪

満潮「…………」(トトッ、シュッスス

<カン☆コーン!
提督ケータイ<……バディ、またメッセージが追加されたぞ

提督「…………」(カコカコ

<ティロティロン♪

満潮「了解したわ、と……送信」(シュシュシュ

提督「よろしくお願いする……送信」(カコカコ

漣「……ダメだこいつら、早くなんとかしないと」(頭痛

<ドバンッ!!

提督「!」(ビクッ

満潮「!?」(ドキッ

漣「相手が目の前にいるのにメールでやりとりって……現代っ子か!!?」(ガオーッ

提督ケータイ<やれやれだな……

347:2015/05/14(木) 01:13:16.54 ID:

【他所提督の財宝(マジ・エロイ・ソフト)】

《鎮守府》執務室

妖精A「提督さん、なんか荷物届きました」

提督「む。ど、どこからかね」

妖精A「えっと、他所提督さんからですね」

提督「他所提督から?」

妖精A「割れ物注意とのことです」

提督「ふ、ふむ、特に何か送るという話は聞いていないのだが……開けてみよう」

妖精A「はい、どうぞ」

提督「…………」(ガサガサ

提督「!!?」

『やっぱり初期艦は最高だぜ! ~提督のおっきな魚雷に駆逐艦は轟沈寸前~』

『こんなにたくさん……私、嬉しいです ~清楚な軽巡洋艦が淫らに変わる時~』

『これでfinish? ~帰国子女戦艦の快感マイクチェック~』

『ヤダヤダヤダ、子供が起きちゃう! ~空母ママのいけない昼下がり~』

『ホテル自慢のマル秘極楽ルームサービス ~従順戦艦の超弩級ご奉仕~』
(他十数本)

提督「……」(カサッ

手紙<お前が好きそうな子の夜戦資料(意味深)集めたからやる。これで夜戦演習(意味深)も捗るな(笑)

提督「ふんぬっ!」(グシャグシャバリバリ…!

手紙<アベバーッ!?

提督「ハァ……ハァ……っぐ」(キリキリキリキリ

提督「な、何を考えているのだ、他所提督は!」

妖精A「(鎮守府で艦娘に囲まれて、イロイロ大変な提督さんを慮ってのことです、たぶん)」

提督「と、とにかく、誰か来ないうちにDVDを隠さなければ。青葉君などに見つかった日には――――!」(アセアセ

青葉「どもっ、青葉ですぅ! 司令官、大本営からお手紙が届き……まし……た、よよよ?」

(机の上の大量のエロDVD)

提督「」

青葉「――――」(パシャリ

<青葉……青葉、見ちゃいましたぁー!!(ダダダダッ

妖精A「記憶を消すお薬ありますが、必要です?」

提督「……」(コクリ

妖精A「了解したです、上手いことやって青葉さんに――」

提督「わ、私が飲むのではないのかね?」

妖精A「あ、そっち……」

《後日、記憶は綺麗に消去したが、筆頭勢+αが妙に優しくて提督は引きこもった》

348:2015/05/14(木) 01:16:30.72 ID:

DVD1枚くれませんかね(小声
351:2015/05/14(木) 01:37:43.20 ID:

そのDVD、捨てるなり壊すなりするなら俺にくれ(真顔)
352:2015/05/14(木) 01:37:49.16 ID:


ちょっとそのDVD見てみたいでち
特に空母ママと淫通ちゃんのシリーズとかないですかねぇ
355:2015/05/14(木) 06:34:53.93 ID:

乙です
後輩の女性提督……これは新しいライバル出現っぽい?

あ、DVD私にもください

376:2015/05/15(金) 07:23:00.68 ID:

『季節限定・桃さくらんぼスイートシロップ ~甘味処看板姉妹を召し上がれ♪~』

『今夜は一緒に飲みたいんだ ~もののふ重巡が甘える夜~』

『恋人はくのいち ~夜戦大好き軽巡と過ごす長い夜~』

『アイドルこれくしょん ~密着取材!アイドルとプロデューサーのイチャラブ☆レッスン~』

『心頭滅却すれば快楽もまた涼し ~制空権喪失!神聖な弓道場で責められる軽空母~』

パッと思いついたのはこんなタイトル
あっち系の本のタイトルを考える人のセンスは凄いと思います

377:2015/05/15(金) 07:23:59.91 ID:

【蛙の子は……】

《???》

北方棲姫「ホッポッポ~、ホッポッポ~、ホ~ポホポポホッポッポ~♪♪」(テコテコ

<ドンッ

北方棲姫「イタイ!?」(ベチャッ

港湾水鬼「大丈夫カ……?」(ヌウッ

北方棲姫「」

港湾水鬼「オイ、ナントカ言エ」(ビキビキ

北方棲姫「カ……」(プルプル

港湾水鬼「カ?」

北方棲姫「カエレ!!」(脱兎

港湾水鬼「」

―――――――――――――――――――――

港湾水鬼「サミシイナァ……」(ズゥン

港湾棲姫「水鬼ハ眉間ニシワヲ寄セスギ」

北方棲姫「ヒクッ……グス……」

北方棲姫「怖イ……ヤダ……モウ沈ム……」(カタカタ

離島棲鬼「ヨシヨシ……」(ナデナデ

離島棲鬼「(メンタルノ弱サハ似ナクテヨカッタンダケド、ネ)」

提督「――――えくしっ、えくしーずっ!」

漣「ご主人様、風邪ぇ?」

提督「……古来より、くしゃみ2回は悪口と言う」

提督「ウザイのか……気持ち悪いのか……それとも死ねと思われているのか……」(キリキリキリキリ

漣「そーいうネガティブなとこが噂されてんじゃないですかねー」(呆れ

378:2015/05/15(金) 07:25:13.16 ID:

【今日のしらぬいぬ】

《鎮守府》玄関前

不知火「ようこそ比叡さん、四方山鎮守府へ。歓迎します」

不知火「本日は不知火が鎮守府の案内を務めさせていただきます」

比叡「ハイ、よろしくお願いします!」

不知火「不知火にお任せください」(フンス

不知火「では、案内を開始します。比叡さん、不知火についてきてください」(キビキビ

比叡「ハイ!」(キビキビ

不知火「……ここが工廠。司令がよく兵装の開発や艤装の改修に使用されています」

比叡「なるほど!」

不知火「こちらは間宮さん。よく司令が利用されています」

不知火「時々、甘い物をご馳走してくれます……美味しいですよ」(キラキラ

比叡「なるほど! 兄様の甘い物好きは変わっていないんですね!」

不知火「ここは鳳翔さんのお店。夜、司令が利用されます」

比叡「なるほど!」

不知火「ここは大浴場……司令の計らいで、岩風呂や檜風呂などたくさん揃っています」

比叡「なるほど! お風呂は日本人の心ですからね、さすが兄様です!」

不知火「司令ですから、当然の判断です」(ドヤァ

不知火「ここが建造用のドッグ……ここはあまり使いません」

比叡「なるほど!」

不知火「む」

379:2015/05/15(金) 07:28:03.72 ID:

漣「だーかーらー、そろそろ新しい艦娘用の船でも建造しましょうよー」

提督「い、嫌だ、断る。建造で新しい船は造りたいが、あ、新しい艦娘が増えるのは困るのだ!」

漣「ええい、駄々っ子みたいに柱にしがみつかないでください!」

司令「司令!」

比叡「兄様!」

漣「あれ、不知火さんに比叡さん?」

提督「た、確か不知火君には鎮守府の案内をお願いしたはず……」

不知火「司令、お困りのようですがなにかお手伝いすることはありませんか!?」

比叡「兄様、力仕事ならお任せください!」

不知火「司令、大本営からのお手紙を取ってきますか!?」

比叡「兄様、今から金剛姉様とお茶会なんてどうですか!?」

<司令ぇ!!
<兄様ァ!!

提督「!!!???」

漣「ええいっ、数年ぶりにご主人様に再会できたワンコか! 散れっ、シッ、シッ!!」

不知火「ぬ、ぬい」(ショボリ

比叡「ヒエー」(ショボリ

(物陰)

陽炎「(心配でコッソリ覗いてたけど……)」

陽炎「ご主人様が好きすぎるハスキーにゴールデンレトリバーのお友達が加わった……みたいな。ハァ~ア」(ヤレヤレ

380:2015/05/15(金) 07:43:47.05 ID:


ご主人様の散歩コースを確認している犬か
390:2015/05/15(金) 11:48:13.86 ID:


ぬいぬいと比叡ちゃんマジわんこ
ところで甘味処のDVDの内容kwsk
391:2015/05/15(金) 12:33:21.07 ID:

ヒエーとぬいぬいとフリスビーとかで遊びたい
405:2015/05/16(土) 22:17:58.18 ID:

【舞-hime】

旬彩《鳳翔》

<ガララ・・

提督「……」(コソ

鳳翔「いらっしゃい、提督。金剛ちゃんがお待ちですよ」

金剛『訳:遅い!』(プンスカ

提督『訳:い、いきなり飲もうと言われても、私にも予定というものがだな……』

金剛「……ウ~、ガルル」

提督『訳:わ、わかった、悪かった』

金剛『訳:フフン、わかればいいのよ』

金剛「鳳翔さん、とりあえず生2つお願いしマース!」

鳳翔「はい、喜んで♪」

提督「(盛り場のサラリーマンのような注文だ)」

鳳翔「はい、どうぞ。このもつ煮込みはサービスです♪」

提督「む、鳳翔君、すまない」

金剛『訳:それじゃ、準備はいい? せ~の、カンパーイ!』

提督「か、乾杯」

(提督&金剛、飲酒中・・・)

金剛(へべれけ)『訳:らいたいね~、ヒック……卒業式の前に私、言ってたわよね~?』

提督「む? う、うむ」(目逸らし

金剛『訳:アナタ一人じゃ頼りないからー、私も一緒に着任してあげるって!』

金剛『訳:なーのにー、ろーして何も言わずに日本へ帰っちゃうかなー! かなー!?』(ベシベシ

提督「や、やめろ金剛、やめたまえ」

金剛『訳:うーそーつーきー』(ポカポカポカポカ

提督「(ぐぬ、きょ、今日はやけに絡むな)」

金剛『訳:ムー……待ってたのに……私ぃ、ずっと待ってたのに……』

金剛『訳:鋼太郎の根性なし……意気地なし……トーヘンボク……豊太郎……』(クピクピクピクピ

提督『訳:わ、わかりにくい非難はやめたまえ』

金剛「…………すぴー」(Zzz

鳳翔「あらあら、寝ちゃいましたね金剛ちゃん」

提督「今日は普段以上にテンションが高かったからな……」

鳳翔「……何か飲みますか?」

提督「で、では、日本酒を」

鳳翔「はい、喜んで♪」

<ところで、金剛ちゃんはどうするんですか?
<あ、後で比叡君に連絡して迎えに来てもらおうかと……
<あんまり意地悪してると、金剛ちゃん、本当に泣いちゃいますよ?
<そ、そう言われても……

407:2015/05/16(土) 22:20:50.54 ID:

(数年前)
《軍学校男子寮》提督の部屋

金剛「ねー、どこに着任するかもう決まった?」(ゴロゴロ

提督「……い、いや、まだ……らしい」

金剛「へー、そう。やっぱりアレかしら、コミュ障にも提督の務まる鎮守府とか基地が見つからない、みたいな?」(ニヤニヤ

提督「非常に遺憾ではあるが、その可能性も無きにしもあらずだ」(ドンヨリ

金剛「アハハ……。ま、まあ、どうしても着任先が決まらなかった時は、提督諦めて《金剛》の専属整備員になればいいじゃない……な~んて」(チラチラ

提督「そ、それは遠慮したい」

金剛「えー、なんで? 今の海軍なんて艦娘あってこそなんだし。無理言えば、アナタ一人ぐらいヘーキ、ヘーキ」

提督「そういう問題ではないだろう……」

金剛「ブーブー。まあ……提督になるために軍学校に来たんだしね、当たり前か」(ゴローン

提督「私の着任の話は一旦置いておくとして、い、いい加減、ベッドからどいてくれないか?」

金剛「えー? ンフフ、ヤーダー♪」(足パタパタ

提督「ほ、埃が舞うからやめたまえ」

(1時間後)

金剛「……すぅ……すぅ」(うつ伏せ

提督「(よくその体勢で眠れるものだ……)」

提督「…………」(カサッ

提督「四方山鎮守府……初期艦は特型駆逐艦《漣》、か」

提督「(金剛は怒るだろうか……怒るのだろうな)」

金剛「ンー……ムニャ……私も一緒についてってあげるから安心……ウフフ」

提督「ハァ……考えても仕方があるまい」

提督「今日は談話室で寝よう……」(コソコソ

金剛「すやぁ」

提督「……おやすみ、金剛」(パタン

《それから一ヶ月後、提督は四方山鎮守府に着任した》

410:2015/05/16(土) 22:31:01.18 ID:

今日はこれだけ
豊太郎に関しては、それぐらいショックだったということで
もうちょっとだけ、この話の続きをやる予定です
411:2015/05/16(土) 22:37:44.72 ID:

おつです

あー、金剛天使すぐる…

412:2015/05/16(土) 23:08:59.41 ID:


提督にブーブー文句言うけど結局提督好きな金剛がかわいすぎて
415:2015/05/17(日) 00:15:33.33 ID:

乙です
こりゃ金剛も怒るわww
427:2015/05/18(月) 07:40:12.51 ID:

(英国)
《軍学校》元帥(先生)の部屋

提督「四方山鎮守府、でありますか」

元帥「拠点としての価値はそれほどない、なかばあるだけと化している小規模の鎮守府だ」

元帥「が、ここ最近、周辺海域で深海棲艦の出没が頻発していてな。海路の安全を確保するため……まあ、この鎮守府を建て直す必要が出てきたのだよ」

元帥「そこも含めて、君には頑張ってもらいたい。できるな?」

提督「は、はい!」

元帥「うむ。初期艦に関しては、駆逐艦の訓練校の方から一人推薦が来ている。成績……は優秀とのことだ、期待してくれていい」

提督「(成績……は?)」

元帥「…………」(目逸らし

提督「な、なぜ目を逸らすのですか、先生」

元帥「いずれわかるさ、いずれな」

提督「」

428:2015/05/18(月) 07:42:24.17 ID:

(日本)
《駆逐艦用訓練校》グラウンド

漣「ふぇ……えっきし!! ズェアッ、ちくしょうめーー!」(タッタッタ

曙「漣、うっさい!」(タッタッタ

朧「風邪?」(タッタッタ

漣「んー、お腹だして寝たりはしてないんですけどねー」(タッタッタ

潮「じゃ、じゃあ、誰かに噂されてる……なんて」(タッタッタ

漣「あー……」

朧「鎮守府の初期艦に抜擢だもんね、みんなビックリしてた」

曙「着任早々、アンタと二人で頑張らなきゃいけない提督には同情するわ」

漣「フヒヒ、僻むな僻むな~♪」

曙「ひ、僻んでなんかないわよっ、バッカじゃない!?」

朧「(曙、秘書艦になるんだって毎日、夜遅くまで頑張ってたもんね……)」

曙「フンッ!」(目ゴシゴシ

漣「…………」

潮「漣ちゃん?」

漣「んえ!? な、なんでしょーか?」

潮「う、ううん。ちょっとボーってしてたから」

漣「いえー、少し考え事をばー」

漣「提督のこと、なんてお呼びすればいいのかなーって。マスター? 旦那様? それとも無難にご主人様?」

潮「ア、アハハ、普通に提督って呼べばいいんじゃないかな」

漣「いやいやー、それはちょっと……ねえ?」(テレテレ

<コラ、そこー!! くっちゃべってないで足を動かせーーーー!!

<は、はいーーーー!!

(一ヶ月後)

提督「き、君が初期艦の子かね……?」

漣「綾波型駆逐艦《漣》です。こー書いてさざなみと読みます」

漣「どうか末永くお願いしますね、ご主人様!」

提督「(ご主人様? な、なんなのだ、この子……)」

漣「(うわー、うわー、なんかごっついしかめっ面されてるぅ! 滑った? 滑っちゃった、漣?)」

漣「(場を、場を和ませないと……えっと、えぇっと――――!!)」(オロオロ

漣「イ……」

提督「?」

漣「イケメンのご主人様ktkr!!」(ガッツポ

提督「」(ドン引き

漣「(うっっくぅ~、この空気、なんもいえねぇ~)」(ホロリ

提督・漣「「(ちゃんとやっていけるのだろうか、自分たち……)」」

432:2015/05/18(月) 09:48:13.08 ID:

おつ
ぼのぴー前の鎮守府じゃ解体寸前で秘書艦なんて論外だっただろうから。四方山で初めて秘書艦任されたときのデレぶりとその後のテンぱる姿が目に浮かぶ
433:2015/05/18(月) 10:01:45.36 ID:

乙ー
ぼののは最初の頃は秘書艦回で出てたけどツンが強すぎて胃が痛かったよね
434:2015/05/18(月) 12:32:55.70 ID:

おつです

まぁこの提督にはキツイなぁww
目逸らした元帥がほくそ笑んでるとしか思えねぇ

436:2015/05/18(月) 18:45:01.33 ID:

この二人でよく鎮守府運営が出来たもんだww
438:2015/05/18(月) 22:07:12.77 ID:

【大和撫子】

《鎮守府》執務室

提督「(今日は大和君が秘書艦だったか……)」

提督「しょ、少々不安だ……」

<knock…knock

提督「む……は、入りたまえ」(ビクビク

大和「提督、失礼します。大和、参上しました!」(ガチャー

提督「あ、ああ。秘書艦の仕事、よろしく頼……む?」

提督「それは……鉢植えかね」

大和「はい。もうすぐ梅雨でムシムシする時季ですから……」

大和「執務室にほんの少しでも涼感を添えられれば、と思いまして」

紫陽花鉢植え<ねえ知ってる? 紫陽花の花の色はね、土壌のpH値によって変化するんだよ。

提督「ほう、これは……」(感嘆

大和「フフ、あとこれも手慰みに作ってみました」

小傘立て&ミニ大和傘<しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん♪

提督「お、おお、これはよく出来た細工だ」(キラキラ

大和「気に入っていただけたようで何よりです♪」

大和「あ、今日はおやつに、伊良湖さんが拵えてくださった紫陽花がありますから、楽しみにしててくださいね♪」

提督「な、なんと。それはいい、実に楽しみだ」(キラキラキラキラ!

大和「ウフフ、そんなに嬉しそうにされると、大和まで嬉しくなってしまいます」(キラキラ

提督「と……す、すまない、少しはしゃぎすぎたようだ」

大和「いえいえ♪」

提督「…………」

提督「(こうしている分には、大和君もとても魅力的な女性なのだがな……)」(ウーン

大和「?」(ニコニコ

439:2015/05/18(月) 22:07:44.05 ID:

【singing in the rain】

《鎮守府》執務室

<サアァァァァァ……

提督「…………ふぅ」(カタン

提督「これで今日の分は終了、だな」

神通「提督、今日も一日お疲れ様でした」

提督「う、うむ。神通君も、お疲れ様」

神通「あの、提督……今お茶を淹れますから、その、お食事の前に一服されませんか?」

提督「……そ、そうだな、いただこう」

神通「ぁ……は、はい!」(パタパタ

神通「……どうぞ、提督」(コトッ

提督「ああ、ありがとう。……よければだが、神通君も楽にしてくれたまえ」

神通「じゃ、じゃあ、お言葉に甘えます……」(隣座り

提督「ぬ……」

神通「…………」(カチコチ

提督「(……そっとしておこう)」(諦め

<サアァァァァァ……

提督「…………」(ズズ…

神通「……雨、止みませんね」

提督「あ、ああ」

神通「梅雨の季節……雨の音……落ち着いた気持ちになれますね」(しみじみ

提督「そう、だな」

提督「実を言うと。雨に濡れるのは苦手だが。雨の匂いや音は……好きだ」

神通「……私も、好きです」(微笑

提督「……そうか」

<サアァァァァァ……

神通「提督……とても、静かですね」(寄り添い

提督「そ、そう……だな」(ガチゴチ

(扉の隙間)

川内「(そこだっ、いけ! 夜戦だー!!)」(デバデバ

那珂「(提督~! 今が男の見せどころだよ~♪)」(ガメガメ

《この後、執務室に姉妹が雪崩れ込んで台無しになった》

440:2015/05/18(月) 22:09:31.93 ID:

梅雨ボイスが実装されましたね
あの……第七駆逐隊のボイス、知りませんか?
442:2015/05/18(月) 22:30:07.70 ID:

駄級が駄級じゃなかった……だと!?
443:2015/05/18(月) 22:51:46.79 ID:

(早朝)
《艦娘用宿舎》曙の部屋

目覚まし<Pipipipipipi !!

曙「ん~」(モゾ…

曙「ふぁ、あ~……ロクマルマルマル、今日もいい天気……」(ノビー

曙「…………よしっ!」(頬パンッ

(曙、朝シャワー&洗顔、歯磨き中・・・)

曙「洗顔よし……歯磨きよし……」(鏡チェック

曙「え、笑顔……」(ヒクヒクッ

曙「…………ハァ」(ショボリ

曙「お、落ち込んでてもしょうがないか」

曙「久しぶりに秘書艦が回ってきたんだもん、頑張らなきゃね!」

《鎮守府》執務室

曙「(とは言っても……)」

提督「…………」(カリカリカリカリ

曙「(基本、仕事って提督が全部やっちゃうから暇なのよねー)」(チョコン

提督「む……す、すまない曙君……」

曙「ん、な、なに?」

提督「いや、その……」(チラッ

時計<ヒトサンマルマルをお知らせします

曙「あ、そっか。そろそろ定期便が着く時間ね。しょうがないわね、ちょっと確認してくるわ!」

提督「あ、ああ、お願いする」

曙「はいっ、大本営から書類が来たみたい。チェックしてちょうだい!」(ズイッ

提督「そうか」

提督「………」

曙「な、なに? どうかしたの?」

提督「あ……ありがとう、助かったよ」(ニコ…

曙「」

提督「あ、曙君?」

曙「こ……これくらいでお礼言ってんじゃないわよ、このクソ提督!」(真っ赤

提督「」

曙「あ」

444:2015/05/18(月) 22:52:26.52 ID:

(夜)
《艦娘用宿舎》曙の部屋

朧「……それで、うっかり怒鳴っちゃったんだ」

曙「反則よ……なんでいきなり微笑むのよ……あんな風にありがとうって言われたら、照れるに決まってるじゃない……」

朧「気持ちはわかるよ」(肩ポン

曙「も、もうっ、気分最悪よ……!」(キラキラキラキラ

潮「(曙ちゃん、文句言ってるけど顔が緩んでるよ)」(苦笑

漣「(漣も初めてご主人様の笑顔見た時は、3日ぐらいキラキラが剥がれなかったなー)」(遠い目

漣「(あー、にしてもご主人様が曙に……ねえ。喜ばしいよーな、悔しいよーな)」(モヤモヤ

曙「♪」(ニッコニコ

旬彩《鳳翔》

提督「……なにが曙君の気に障ったのだろうか」(チビチビ

鳳翔「(お互い難儀な性分してますねえ)」(クスクス

445:2015/05/18(月) 22:53:53.87 ID:

投下し忘れていました
今日はこれだけ
梅雨になると体の節々が八重ちゃんばりに軋むので嫌いです
446:2015/05/18(月) 22:54:44.39 ID:


かわええ。けど、まるで成長していない・・・
447:2015/05/18(月) 22:57:27.43 ID:

乙デース
ロクマルマルマル、16時か
それはそれとしてぼのかわええ
451:2015/05/18(月) 23:27:16.16 ID:

時間の表記を間違えていたようです。申し訳ありません
しかし、漣や神通、金剛たちだけでなく他の艦娘ともコミュニケーションを取れるようになりつつある提督に価値はあるのか
アイデンティティの崩壊という奴ですね
452:2015/05/18(月) 23:30:44.05 ID:


コミュ障提督の成長物語と考えればいいんじゃね
453:2015/05/18(月) 23:37:01.32 ID:

精神逆行銃とか作って提督に撃てばいいんじゃねーの?(鼻ホジ)
454:2015/05/18(月) 23:41:32.16 ID:

もっとシンプルに頭殴って幼児化させればええやん(投槍
465:2015/05/20(水) 00:36:23.37 ID:

【青葉さん】

(数年前)
《大本営》将校執務室

将校「……以上だ。わかってはいると思うが、大本営の連中や着任先の提督たちに悟られることのないようにな」

青葉「わかってますよ~。青葉にお任せっ、です♪」

将校「フン、理解してるならいい。さっさと出ていけ」

青葉「はい、失礼しまーす」(敬礼

<パタン

青葉「……やれやれ。将校さんに目をつけられるなんて、運の悪い司令官ですねー」(澱んだ瞳

青葉「まあ、それを言ったら青葉もなかなかですけどね、ハハッ」

青葉「……ハァ」

青葉「なーんか最近、体が重いんですよねー」(ズルズル

《□鎮守府》

提督「君が新しく着任した艦娘か?」

青葉「どもっ、青葉ですぅ! 司令官さん、一言お願いしまーす!」

提督「ハハハ、こりゃまた元気な子が来たもんだ……」

青葉「元気なだけが取り柄なものでして、はい!」

青葉「(そう。本当にそれぐらいしかないんですよね、取り柄)」(澱んだ瞳

青葉「あ、実は青葉、カメラが趣味でして。着任の記念な1枚……いかがです?」

提督「な、なんだか照れるけど、それじゃ……お願いしようかな」

青葉「はい、喜んで♪」(パシャッ

466:2015/05/20(水) 00:37:09.78 ID:

将校『で? なにかわかったのか』

青葉「えっとー、まあ艦娘さんたちに慕われてる、ちゃんとしたいい司令官さんかとー」

将校『……そんなことを聞いているのではない』

青葉「(ですよねー)」

青葉「えっと、まあ、青葉が調べた範囲でですが。司令官さん、こちらのとある艦娘さんとイイ仲らしくてー」

青葉「その子を守りたくて、時々……ホントのホントに時々、無茶をしてる節がー……」

将校『……フン、軍属でありながら私情を優先とは、恥知らずもいいところだ』

将校『これは早急に手を打たねばな』

青葉「…………」

将校『お前は引き続き、そちらの鎮守府の内情を調べて逐一、私に報告しろ。以上だ』

<ガチャンッ!

青葉「……私情優先なのはどっちですか」(ギリッ

提督「私が更迭……? そ、そんな、どうして!?」

憲兵「艦隊の私物化、作戦無視、資材の非効率的運用、その他……心当たりはあるんじゃないか?」

提督「そ、それは……だがっ……!」

憲兵「……おとなしくしろ。ここで抗っても、あなたにはどうにもできない」

提督「っ、ぐ……く……!!」

<提督が連れていかれたって!
<なんで……? あの人が何したって言うのよ!!
<お、落ち着いて! 大丈夫、きっとすぐに戻ってくるから!

青葉「やれやれ、この鎮守府も居心地よかったんだけどなー」

青葉「……いつまで続くんでしょうか、こんな生活」(澱んだ瞳

青葉「(将校さんに言われるまま、あっちこっちの司令官の痛くもないお腹を探って……適当に落ち度に仕立てあげて……)」

<ウチの司令官がなにしたって言うのよ!? こんなの絶対におかしい……!!

<嘘よ……提督がここにいられなくなったなんて、そんなの……嘘よ!!

<なにもしてない! あの人は提督をやめなきゃいけないような真似、何一つしてない!!

<誰……誰よ!? あることないこと大本営に密告した奴がいるんてしょ!?

<……アナタのせいよ

<返せよ……提督を……私たちの提督を返せよっ!!

青葉「(――――新しい鎮守府や基地に送られて。その度に、いろんな司令官や艦娘に会って、仲良くなって)」

青葉「(青葉のことを信用して、信頼してくれるようになった頃に……後ろからグサーッ、と)」

青葉「ああ……本当に、笑えない」(ヘラヘラ

467:2015/05/20(水) 01:18:09.59 ID:

まさか・・・・スネーク?
468:2015/05/20(水) 01:33:25.05 ID:

おかしい、、、青葉が食えないパパラッチキャラじゃないだと(大暴言
469:2015/05/20(水) 01:39:12.27 ID:

将校さんも薄ら暗いもの持ってそうですねー
471:2015/05/20(水) 02:26:59.16 ID:

青葉は青葉で感情ぶっこわれてて切ないな・・・
472:2015/05/20(水) 03:11:39.82 ID:

シリアルな青葉は心にくるな。
473:2015/05/20(水) 04:50:50.44 ID:

乙デース
普段おちゃらけてる人のシリアスって、殊更重いよね……。提督でもないのに胃にキそうだ。
478:2015/05/20(水) 14:25:31.14 ID:

乙です
以前、ガッサが昔の青葉についてチラッと仄めかしてたので、気にはなってましたが、やっぱり重かった…今後の展開に期待してます
479:2015/05/20(水) 20:34:48.57 ID:

【艦娘の改二改装が来るそうですよ】
《鎮守府》中庭

漣「…………」(ジーーーーーーーー
神通「? 漣さん、携帯電話を見つめてどうしたんですか」

漣「ああ、神通さん。実はですねえ、ちょっとコレ見てくださいよ」

『「大本営」開発/運営
@Daihonei
次回の改正は、来週【5/29(金曜日)】に実施予定。同改正に伴うアップデートでは、艦娘1隻の改二改装の実装などを予定。以上。
返信 リツイート』

神通「これは……」

漣「大本営もいろいろ忙しのはわかるんですけどねー。改二みたいな戦力の底上げは必須なんですから、できるだけパッパとやってもらいたいとこですよ」(プンスカ

神通「そ、そうですね」

漣「あー、それにしても改二ですかー。誰かなー、今度は誰が改二になるんでしょうねー」

漣「(来い来い漣改二来い!)」(ワクワク

神通「(改二来いって思ってますね、きっと……)」(苦笑

488:2015/05/20(水) 23:14:37.71 ID:

【元ネタはどこかの心理テスト】

《どこかの飲み屋》

他所提督「うおっしゃー! いい感じに酔いも回って来たし、ここらで一発アンケート取ってみるかー!!」

メガネ提督「さーんーせーいー」

オネエ提督「ガッハハハハ!! いいね、そのノリ最高だねえ!!」

提督「むう、う……?」(ベロベロ

他所提督「おらお前らー、紙配るから一番好きなの書けコラー!!」

提督「(一番好きなの……それはあれか、自分が一番好いている人物の名前を書けという意味か……?)」

提督「……ふむ」(カキカキ

他所提督「よーし、書いたな? そんじゃ、俺に渡せー。三次会は書いてる料理とか出してる店に行くかんなー!」

提督「!!?」(カン☆コーン

メガネ提督「ヒューヒュー! 三次会突入だー!!」

オネエ提督「限界までいく……倍プッシュだ!!」(劇画調

提督「ま、待ちたまえ……!!」

他所メガネオネエ「「「???」」」

《この後、無茶苦茶からかわれた》

492:2015/05/21(木) 01:44:38.46 ID:

《大本営》艦娘用宿舎

「――――おば……青葉!」

青葉「……ん」(パチッ

衣笠「もぉ、やっと起きた」

青葉「ああ、衣笠……」(ボケーッ

衣笠「『ああ、衣笠……』じゃないでしょ。椅子の上で寝てたら風邪ひいちゃうじゃない!」

青葉「あー……」

衣笠「部屋中にお酒の空き缶も転がってるし……ちょっと自堕落すぎだよ」

青葉「(そういえば昨日は、しこたまお酒を飲んでましたね)」(ガンガン…

衣笠「ほら、お水。お酒ばっかり飲んで、ちゃんとご飯食べてるの?」

青葉「やだなー、食べてますって」

衣笠「―――――ハァ。これ、那智さんから差し入れ! あと、出来合いばかり食べてないで、自炊もしなさいって」

青葉「ハ、ハハハ……」

衣笠「……ねえ、ホントに大丈夫?」

青葉「――――大丈夫に決まってるじゃないですか」(澱んだ瞳

青葉「おっと、もうこんな時間ですか。将校さんに呼ばれているので、ちょっと行ってきますね!」

<バタンッ

衣笠「……どの辺が大丈夫なのよ。バカ青葉」

衣笠「さて、と。青葉が帰ってくる前に、少し部屋の掃除しとこっかな!」(ガチャンガラン

493:2015/05/21(木) 01:45:24.85 ID:

《大本営》将校執務室

青葉「……四方山鎮守府、ですか」

将校「そうだ。再建されたばかりの鎮守府なのだが、少々気になることがあってな」

青葉「ははあ、気になることですか」

将校「どうも、艦娘としての能力や性格に難のある連中を集めているらしい」

将校「軍属とは思えない軽い性格、内向的な言動、同僚との不和……そんな連中を部下にするのは、何か目的があるとしか思えない」

将校「しかも、そこの提督もかなり問題のある人物と聞く。これは調査しなければなるまい」

青葉「(真っ当そうなこと言ってますが……。四方山鎮守府の司令官といえば、元帥さんの肝入りとして有名ですし)」

青葉「(自分の足場を揺るがしかねない人材が怖いだけでしょう?)」(嘲笑

将校「――――なんだ、その目は」

青葉「へ? なんですか?」

将校「……チッ。まあいい、お前はいつも通りこの鎮守府に着任して、内部を探れ」

青葉「はーい、了解しましたー」

将校「いいか、今回の内偵は元帥の足場を崩す切っ掛けになる。くれぐれもしくじるなよ」

将校「お前の友人や知り合いが最前線へ送られずに済んでいるのは誰のお陰か。そこをよく考えて行動することだ」

青葉「――――」(ギリッ

将校「……話は以上だ。用はもうない、さっさと出ていけ」

青葉「はーい。青葉、了解しました!」

<バタンッ

将校「フン、化け物が……」

《大本営》艦娘用宿舎

<バタンッ

青葉「クソ……クソォ……クソォッ!!」

<ガンッ……ガンッ! ガンッ!! ガンッッ!!

青葉「ハァー……ハァー……!!」

青葉「……衣笠、部屋を掃除していってくれたんですね」

青葉「お土産、買ってこなきゃですねー」(半泣き

501:2015/05/21(木) 09:41:37.17 ID:

このスレでは戦艦以下のクラスの艦娘がひどい過去を持っているケースが多い。
やっぱりいつも割を食うのは「下」なんですね~。
508:2015/05/21(木) 12:39:24.95 ID:

乙です
紹介文見た限りだと、次は青葉にとって癒し(呆れ?)パートになりそうかな?
509:2015/05/21(木) 12:56:40.11 ID:

文月の時は薬物柄みだから捕まったけど
曙が解体されそうになった時の提督は特に罰せられてない
今回の将校も憲兵?の業務の範囲内なら処分出来ないよ
それにこの将校は捕まえるだけで、裁判で処分を決めるのは別の部署だろうしね
513:2015/05/21(木) 16:36:04.02 ID:

【特型駆逐艦の改二が決まったそうですよ】

《鎮守府》食堂

漣「燃え尽きたぜ……真っ白に……な」(燃えカス

曙「……どしたの、アレ?」(カルボナーラセット

潮「えっと、昨日、大本営からの連絡で改二改装の話があって……。それで漣ちゃん、すっごく楽しみにしてたんだけど……」

『「大本営」開発/運営
@Daihonei
来週【5/29(金曜日)】 緒戦の各海域を縦横無尽に駆けまわり、その最期となる大規模夜戦において探照灯を照射し、先陣を切って奮戦した特型駆逐艦の改二改装を実装予定
返信 リツイート』

曙「……あー」

潮「提督は、『たぶん、おそらくだが、メガネ提督のところにいる暁君の可能性が高い』って」

漣「希望を与えられ、それを奪われる……。これが、これが絶望……」

曙「はいはい、ファンサービス、ファンサービス」

漣「フフ、フフフフフフフフ、いいんですよ。どーせ、どーせ漣は何の取り柄もない不人気初期艦ですからー……」(ズモモモモ…

曙「ったく、完全に不貞腐れちゃってるわね」

潮「(か、改二になっちゃった私が慰めたら、漣ちゃん傷ついちゃう……よね? えっと、ど、どうしよう……)」(オロオロ

朧「――――」(スッ

朧「漣の気持ち、よくわかるよ」(肩ポン

漣「朧……?」(腐った目

朧「クリスマスとか……新年とか……バレンタインとか……楽しみにしてたんだ。朧にも特別な衣装、大本営が用意してくれるんじゃないかって……」(ハイライトOFF

漣「」

朧「また次があるよ……ね?」(ナデナデ

漣「……ナンカ、スンマセンデシタ」

《鎮守府》工廠

提督「…………」(カリオカリシャーシャッ、カリカリ

提督「――よし」

【特Ⅱ型駆逐艦《漣》改二設計図】

提督「(そう遠くない内に、これを使う機会がやって来る……といいのだが)」

提督「とりあえず、これは厳重に保管しておくとしよう」(パタン

《(改二を)諦めないよ!漣はしつこいからっ!!》

515:2015/05/21(木) 17:00:05.67 ID:

乙デース
朧……不憫な……。
しかし本当、ここの朧を見る度に朧が好きになるぜ。確かに朧の追加ボイスとか衣装って全然実装されないよね
517:2015/05/21(木) 21:32:57.27 ID:

漣さんおっつおっつ
朧の改二は村正を装備するって誰かが言ってたべシ……ピョン
518:2015/05/21(木) 21:34:39.46 ID:

おつです

朧(´;ω;`)ブワッ

519:2015/05/21(木) 21:44:43.92 ID:

乙にございます

潮→改二有、任務に必要
曙→年始グラ有、任務に必要
漣→初期艦
朧→

ちょっと不遇すぎやしませんかね…なぜに。

520:2015/05/21(木) 21:46:48.60 ID:

カニがいるじゃないか
522:2015/05/22(金) 01:31:55.67 ID:

朧の本体はカニだからね仕方ないね
524:2015/05/22(金) 13:12:30.71 ID:

【艦娘たちとコミュニケーション】川内編

《鎮守府》執務室

川内「あれ? 提督、袖のとこボタン取れかけてるよ」

提督「む……」

ボタン<ファイトォ……いっぱぁぁぁつ!!

提督「し、知らないうちに糸がほつれていたらしいな」

提督「あとでボタンをつけ直……」

川内「提督、提督、上着貸してー。私、裁縫セット持ってるからつけ直してあげる!」

提督「なん……だと……」(驚愕

川内「どしたの?」

提督「い、いや、すまない。川内君が裁縫セットを所持しているなど、考えもしていなくて……」(渡し渡し

川内「え、なにそれヒドイなー」(受け取り取り

川内「まあ、神通とか那珂に言われて、しょうがなく持ち歩いてるんだけどさー」(チクチク

提督「神通君と那珂君に?」

川内「いやー、ハハハ。艤装の服側、改二でマフラーついたじゃん? 私、それよく引っかけて破いちゃうから」

提督「な、なるほど、それで……」

川内「お陰様で、裁縫の腕はメキメキ上達してるんだー……よし、できた」

提督「お、おお……おろしたてと遜色ないな……」

川内「へへん、どんなもんよ!」

提督「す、すごいな。川内君にもこうした女性的な一面があったとは……」

川内「ほほーう、そんなこと言っちゃうんだ~?」(ジリジリ…

<す、すまない、冗談のつもりだったのだが……
<許さーん! その口、縫い合わせてやるー!
<せ、川内君っ、離れてくれないか!?
<暴れたらもっとひっつくぞー、ウリウリ♪

神通「提督、川内姉さん、お疲れ様です。お茶をお持ちしま……」(石化

提督川内「「!?」」(ビクッ

提督:川内に後ろから抱きつかれてる→川内:提督を背後から抱きしめている→実は二人は……

神通「ぁ……あ、れ……?」(ポロポロ…

提督川内「」

《この後、無茶苦茶那珂ちゃんに怒られた》

525:2015/05/22(金) 13:14:04.97 ID:

神通さん地味に提督に次ぐレベルでメンタル弱くね?
526:2015/05/22(金) 13:15:05.44 ID:

川内は男子を誤解させるタイプ。騙されてはいけない
重巡洋艦改二……これは、まさかのベストタイミングなネタ?
青葉編はある程度書き溜めたら投下予定なので、気長にお待ちください
527:2015/05/22(金) 13:16:46.14 ID:

武勲艦だけど基本弱気だからね
自信が無いから体で繋ぎ止めようとするタイプ
529:2015/05/22(金) 13:21:52.98 ID:


川内はなんだかんだ姉妹艦の中で一番女子力高そう
531:2015/05/22(金) 14:57:21.92 ID:

普段応援してくれてる姉が実は…とかメンタル弱くなくても割とダメージでかいと思う
540:2015/05/23(土) 00:00:13.74 ID:

【青葉さん】その2

《四方山鎮守府》執務室

青葉「本日付でこちらの鎮守府にお世話になることになりました。重巡洋艦《青葉》です、よろしくお願いしまーす!」

提督「……よ、ようこそ、こそ、我が、ち、ち、ち、鎮守府へ」(オドオド

青葉「」

青葉「(むっちゃ警戒されてるーーーー!?)」

青葉「(ど、どうして!? 青葉のこれまでの遍歴は上手いこと隠されてるはず……!!)」

漣「あー、なんかすみませんねー、青葉さん。ご主人様、ガチのコミュ障で重度の人見知りなんですよ」

提督「…………」(胃薬ザラー

青葉「(い、胃薬ってあんな大量に流し込むものでしたっけ?)」

漣「にはは、いつものことなのでお気になさらず」

漣「まあ、慣れさえすれば、ご主人様もマトモに受け答えできるようになりますのでー……どっちもガンバレ♪ ガンバレ♪」

提督「う、うぬ、うぅ……」(キリキリキリ…

青葉「(いろんな鎮守府を見てきましたが、ここまで打たれ弱そうな司令官は初めてです……)」

青葉「え、えーっと、そうだ!」

提督「」(ビクッ

青葉「司令官さん、司令官さん。実は青葉、写真を撮るのが趣味なのですが、お近づきの記念に1枚いかがです!」

提督「あ、い、いや、写真は……」

青葉「まあまあ、遠慮なさらず! はい、笑って笑って~♪」(ニコニコ

提督「え、遠慮ではなく。本当に、苦手なのだ」

提督「そ、それ、に」

青葉「?」

提督「そんな、風に。嫌そうな顔で撮られるのは……つ、辛い」(目逸らし

青葉「……え?」(ピクッ

漣「も~、なに言ってんですか、ご主人様?」

漣「重ね重ねすみませんねー。ご主人様、コミュ障を拗らせているせいかー、人の言動を全部マイナス方向に受け取っちゃうんですよー」

提督「そんなことは、していない。す、全て、純然たる事実として。真摯に受け止めている……だけだよ」

漣「ハッハッハ。それ、神通さんたちに言ったらぶっ飛ばしますからねー」(ペシペシペシペシ

提督「や、やめたまえ……やめたまえ……」

青葉「ア、アハハ、ハハ」(ソッ…

青葉「(おかしいですねー……青葉、ちゃんと笑ってたはずなのに)」(ヘラヘラ

541:2015/05/23(土) 00:00:48.66 ID:

《艦娘用宿舎》青葉の部屋

青葉「(さて、着任して今日で3日目)」

青葉「遠征に出ていた軽巡と駆逐艦の艦娘さんたちが戻ってくるそうですし……」

青葉「司令官さんとどーいうお付き合いされてるか、青葉、突撃取材敢行しちゃいます」

青葉「……たぶん、きっと、ろくなコミュニケーション取れてないんだろーなって思いますけど」

青葉「初期艦の漣さんとは、なんだかんだで信頼関係を築けてるようですが……ま、期待するだけ無駄でしょうね」(嘲笑

《鎮守府》母港

(物陰)
青葉「……なーんて思ってたのですが」(コソコソ

神通「護衛艦隊旗艦《神通》、帰還いたしました」(ピシッ

不知火「駆逐艦《不知火》帰還しました!」(ビッシィ

提督(本気モード)「うむ。道中、深海棲艦と遭遇するも船団に被害を与えることなく、無事これを撃退」(報告書ペラペラ

提督(素)「……ふ、二人とも、よく無事に戻ってきてくれた。護衛任務、お疲れ様」(目逸らし

神通「ぁ……ありがとう、ございます。私、嬉しいです」(モジモジ

不知火「~~~~!!」(パアァァァッ

提督「で、では、支援物資を備蓄倉庫に移したら、か、艦はドッグへ。ぎ、艤装は、いつものように……こ、工廠の、妖精君たちに渡しておいて、くれ、たまえ」

神通「はい!」

不知火「了解しました、司令!」

提督「う、うむ。では、二人とも、疲れただろう。今日はもう、休んでくれて構わ、ない」(ソソクサ

青葉「(うーむ、少女漫画でよく飛んでる光る毛玉と、千切れそうなくらい振られるワンコの尻尾が見えますねー)」(パシャパシャ

青葉「あれで意外と人望はあるんですかね? ……もう少し踏み込んで調べてみますか」

青葉「すーみーまーせーん♪」

神通「え?」

不知火「はい?」

542:2015/05/23(土) 00:02:54.30 ID:

喫茶《間宮》

神通「て、提督について……ですか?」

青葉「はいー。私、この間着任したばかりて、まだ司令官さんとまともに話したことなくてですね」

青葉「お名前とか年齢とか趣味とか特技とか好みの女性のタイプとかお付き合いしているとかいないとか……!」

神通「あ、あの、そんなに質問されると私、混乱しちゃいます……」(オドオド

青葉「あ、すみません、つい」

青葉「仕切り直すとして……ホントに些細なことでも構わないので、教えていただけると」

神通「わ、私の知っている程度でいいのでしたら」

青葉「ハイ! 青葉、感謝です……?」

不知火「…………」(じーーーー

不知火「…………」(ワクワクワクワク

青葉「あ、じ、神通さんのお話が終わったら、不知火さんにも聞きますので……」

不知火「…………」(パアァァァァッ!

青葉「(無表情なのに、お散歩前の荒ぶるハスキー犬的なオーラを感じます……)」(目ゴシゴシ

神通「えっと、まず提督のお名前は玖珂鋼太郎といって……と、とても男らしい、頼もしさを感じるお名前だと思います。年齢は28歳と仰っていました。趣味は……よく機械や艤装をメンテナンスをされていますね。特技は艦船の整備や兵装の開発で、ちゃ、ちゃんと私の扱いやすいように艤装とのリンクも調整してくれてて……」(テレテレ

神通「こ、好みの女性のタイプは……あの、実は私も知りたいなって……。できれば、ふ、普通にお話……したい、ですし」(モジモジ

神通「お、お付き合いされている方がいるかはわからないけど……提督は優しくて、頼りになる方ですから……。きっと、鎮守府に来るまでに誰かとお付き合いされてたに違いありません……」(ショボリ

青葉「な、なるほどー」(メモメモ

不知火「駆逐艦《不知火》の装備は司令が造ってくださったものなんですよ」(フンスッ

青葉「(なんか勝手に自慢し始めた……)」(メモメモ

不知火「ここに来てすぐの頃に、建造された時からそのままの兵装では不便だろうと、漣さんとお揃いの最新の兵装を用意してくれたのです」(フンスフンスッ

不知火「しかもです、それだけではなくてですね(以下略」(瞳キラキラ

神通「…………」(ウズウズ

青葉「(ヤダ……もう次の人スタンバってる)」

(2時間後)

間宮「ありがとうございました~♪」

青葉「(……青葉、しばらく甘いものはいらないなー)」(ゲンナリ

《鎮守府》母港

青葉「ハァ……気がついたらもうこんな時間」(トボトボ

青葉「(性格、対人能力に難あれど、司令官や工兵将校としての能力は高く、艦娘からの信頼も厚い……と)」

青葉「よくも悪くも、小さな鎮守府にいがちなフツーの司令官だ」

青葉「まったく、将校さんは何をそんなに怖がっているんでしょうか」

青葉「……そこのところ、司令官はどうお考えなのでしょうか? 一言お願いしまーす♪」(澱んだ瞳

提督(E:作業着)「…………」

543:2015/05/23(土) 00:11:48.35 ID:

今日はこれだけ
あまり長く続けてもあれなので、巻き気味にまとめる予定……たぶん
544:2015/05/23(土) 00:12:45.88 ID:

おつです

まさかもう青葉バレた…?

549:2015/05/23(土) 00:30:51.50 ID:

乙にございます

あれ、もしやバレた?
もしくは自分から裏面の事情から何から全部ぶちまけた?

551:2015/05/23(土) 01:06:39.62 ID:

乙デース
青葉、人物紹介にある感じで、この人が謀反とかねーわ!って思って色々とぶっちゃけることにしたのかな。
まあなんにせよ、やらかし系艦娘の明るい青葉が戻って来るのを心待にしております!
552:2015/05/23(土) 07:02:58.81 ID:

コミュ障にありがちな人の顔色を窺うスキルで青葉の本心でも垣間見えているのか……
562:2015/05/23(土) 17:14:24.50 ID:

乙でございます

引用元:【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話8【ネタ募集】(SS速報VIP)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その1【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その2【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その3【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その4【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その5【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その6【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その7【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その8【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その9【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その10【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その11【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その12【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その13【SS】(再)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その14【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その15【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その16【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その17【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その18【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その19【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その20【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その21【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その22【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その23【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その24【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その25【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その26【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その27【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その28【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その29【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その30【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その31【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その32【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その33【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その34【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その35【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その36【SS】

1001 : 2017/10/24 23:58:38 ID: