ac1b149c

 

423:2015/07/02(木) 01:28:13.33 ID:

【提督たちがコミュニケーション】後輩提督編

《鎮守府》母港

後輩提督「うはー! 来たよ来たよ、先輩の鎮守府~!」

後輩提督「四方鎮、キター!!」(゜∀゜ 三 ゜∀゜)

提督「…………」(キリキリキリキリ

漣「テンション高っ!」

提督「は、初めて大本営で会った時からあのような感じ、だったよ」

後輩提督「ウッヒョー、もしかして綾波型艦娘の《漣》!? 四方山鎮守府の【駆逐戦姫】の漣ちゃんだー! 写メいい!?」(パシャーッ

漣「ちょっ、許可取る前に撮らないでくれませんかー!?」

提督「な、なんだね、その深海棲艦じみた呼び名は……?」

後輩提督「え!? ご存じないのですか!」

漣「(ウ、ウゼー……)」

後輩提督「この間出た『提督のススメ』で四方山鎮守府の特集やってたんですけどね」

提督「(そういえば、先々月辺りに取材が来ていたな……。写真を撮られるのが怖くて、広報担当の青葉君に丸投げしたが)」

後輩提督「それで、先輩だけじゃなくて、ここの鎮守府の主力の紹介もやってたんですよ! ホラホラ!」(ズイズイ

提督「ち、近い……近い、よ」

漣「うわ、ホントに載ってる。なになに……『四方山鎮守府の提督が全幅の信頼を寄せる初期艦! 【駆逐戦姫】の戦闘力は、かの大和型にも匹敵する!!』?」

漣「全幅の信頼だなんてそんな~、それほどでもありますがー♪」(ニヨニヨ

提督「い、いつの間に、漣君にこんな字が……」

後輩提督「他にもありますよー? 神通ちゃんの【鬼姫】とかー、大和ちゃんの【秀真の桜花】とか金剛ちゃんの【戦乙女(ヴァルキュリア)】とか!!」

提督「…………」(胃薬ザラザラ

後輩提督「いやー、みんな見た目よし戦果よしで一般受けもいいから、大本営もノリノリで考えてるみたいですよ。深海との戦い終わったらアイドルやれそーですね♪」(ケラケラ

提督「な、なにをやっているのか、大本営は」(キリキリキリキリ

後輩提督「まあまあ。他所提督さんのところの【ソード†ダンサー】なんて二つ名つけられた子に比べれば全然マシですし♪」

後輩提督「この稼業、民草に支持されなきゃ、私たちだけじゃなくて艦娘のみんなまでおまんま食い上げですから。やんややんやで持ち上げてもらえるよう、提督の私たちがしっかりやらなきゃですよ!」(ニッコリ

提督「……そうだな」

漣「(……言動ちゃらんぽらんだけど、相当切れるタイプだ、この人)」

後輩提督「いやー、それにしても先輩の鎮守府にお邪魔できてよかったー。ウチの秘書艦の子も、前の日眠れないぐらい楽しみにしてて」

後輩提督「ね、ハルハル! ……あれ、ハルハル? ハルハ~ル?」

漣「……そういえば、母港に接岸した後、後輩提督さんとまったく別の方向に歩いていきましたねー。てっきり、お花を摘みに行ったんだと」

後輩提督「マジで!? またあの子、勝手に……!」

提督「ま、まだ治っていなかったのだね、彼女の方向音痴は」

漣「方向音痴ってレベルではないと思うのですが、それは」

後輩提督「とにかく探さないと! ハルハル! ハ↑ル↓ハールぅ~!!」

提督「待ちたまえ、わ、私たちも一緒に捜す。行こう、漣君」

漣「ほ、ほいさっさー!」

424:2015/07/02(木) 01:29:04.28 ID:

榛名「……ここはどこなのでしょうか」(キョロキョロ

神通「あ、あの、どちらさまですか?」

榛名「! ア、アナタはもしかして、川内型2番艦軽巡洋艦艦娘の神通さん!?」

神通「ひっ!? え、あの、その、は、はい、そうですが……」

川内「どしたの、神通~?」(ヒョコ

那珂「アッレ~、もしかしてお客様?」(ヒョコッ

榛名「ア、アア!? 【鬼姫】神通さんだけじゃなくて、その姉妹艦の川内さんと那珂ちゃんさんまで!!」

榛名「榛名、感激です! 四方山鎮守府の特記戦力に並ぶ方たちを生で見ることができるなんて!!」

榛名「『提督のススメ』でも全然インタビューの取れないことで有名な四方山鎮守府の主力艦娘にお会いできるなんて、夢のようです!!」

榛名「ぁぁあのっ、もしよかったらサインいただいてもよろしいでしょうか!?」(ズズズイッ

川内「え、な、なにこの人」

那珂「えっと~、もしかして那珂ちゃんたちのファン?」

榛名「キャー! キャー! 提督に着いてきてよかったです! 鋼太郎兄様も見れたし、漣さんや川内型三姉妹も会えたし、榛名は……榛名はもう!!」(ブンブン

金剛「……えっと、もしかして榛名? 何してるデスカ」

比叡「うわ、榛名だ! どうしてここにいるんですか!?」

榛名「あ、金剛姉様! 比叡姉様もお久しぶりです!!」

神通「あ……や、やっぱり、金剛さんたちの姉妹でしたか。服装が似ているから、もしかしてと思っていたんですけど……」

榛名「ご挨拶が遅れました! 金剛型3番艦《榛名》です、よろしくお願い致します!」

川内「ちょっと金剛さん、そっちの妹さん、テンション高すぎなんだけど」

那珂「ファンは大事にしなきゃだけどー、いきなりサインとかお願いしてくるのはマナー違反かなーって」

金剛「Sorry……この子、ちょっとミーハーなとこがあって」

比叡「コラ、榛名! 金剛姉様に迷惑かけちゃダメでしょ!」

榛名「ゴメンなさい、比叡姉様……。榛名、鋼太郎兄様の鎮守府に来れたのが嬉しすぎて、つい我を失ってしまいました」

金剛「まったく、アナタは……。それで、提督とアナタのところの提督はどこにいるの?」

榛名「わかりません! 気がついたら榛名、一人でここを彷徨っていましたから!」

神通「そ、それって……もしかして、迷子?」

榛名「ハイ! 榛名は迷子でも大丈夫です!!」

金剛「迷子の時点で大丈夫じゃないのヨ!!」

川内「他よりちっちゃいとは言っても、鎮守府は大きいし構造も複雑だからね」

那珂「そーいう問題じゃないと思うなー、那珂ちゃん」

426:2015/07/02(木) 02:01:40.40 ID:

乙です。
榛名来た!待ってた!
430:2015/07/02(木) 06:07:09.06 ID:

やっと榛名がきたか…… まっていたぞ
433:2015/07/02(木) 07:31:00.11 ID:

†付けるのヤメロww
434:2015/07/02(木) 08:00:10.29 ID:

乙ー
榛名やっと登場だけど大丈夫じゃなさそうだなww
454:2015/07/04(土) 01:46:18.42 ID:

【提督たちがコミュニケーション】後輩提督編

(夜)
旬彩《鳳翔》

鳳翔「後輩提督さん、ようこそいらっしゃいました。今日は腕によりをかけて作りますから、たくさん食べていってくださいね♪」

後輩提督「あざーす! ハグハグ……っは~、ウマし!?」

榛名「パクパク……わぁ、ホントです!」

後輩提督「あー、いいなー、鳳翔さんのTHEおかみ感、私が男なら放っておかないのになー!」

鳳翔「あらあら、ありがとうございます」

鳳翔「とっても元気な方ですね、後輩提督さん。他所提督さんたちもそうですけど、提督のお知り合いは明るい方が多いんですね、ウフフ」

提督「(な、なにやら含みを感じる表現だ……お前は根暗のくせに、と皮肉られているのだろうか? それとも、お、お前のように駄人間にはもったいない知り合いだと……そうだ、きっとそうだ)」(カタカタ

漣「あのー、ご主人様? 一人で鬱ループ始動してません?」(ジト目

提督「そんな、ことは」

金剛『訳:ハァ~。まったく、榛名が来るなら教えてよ、ビックリするじゃない』

提督『訳:す、すまない、私が伝えなくても、榛名君の方で連絡するだろうと』

金剛『訳:そーやって相手がしてくれるだろうって期待するの、悪い癖よー』(頬プニプニ

提督『訳:や、やめたまえよ……』

金剛『訳:ヤーダ♪』

榛名「っ~~~~!」(バンバンバンッ

榛名「(見てください、見てください! 私が言った通りでしょう、金剛姉様と鋼太郎兄様はあの通り、ラブラブなんです!)」(イヤンイヤン

後輩提督「(確かに……私があんなことやったら、先輩は残像残して消えるか、医務室に送られるかだもんね)」

後輩提督「(てか、ハルハルって先輩×金剛ちゃん押しなんだ? 英国で助けて貰ったエピソードとかあるから、私てっきり……)」

榛名「(榛名は鋼太郎兄様の善良なファンだから大丈夫です!)」(サムアップ

後輩提督「(あ、そっち)」

榛名「(でも、本音をいうと榛名、ちょっぴり悩んでいます……。本当に、鋼太郎兄様と金剛姉様が添い遂げてもいいのか、と)」(唇噛みしめ

後輩提督「(ハルハル?)」

榛名「(だって、初期艦の漣さんとの長年連れ添った夫婦みたいな気の置けない関係もいいですし、神通さんとお互いに慈しみ合う相思相愛な関係も見たいですし……あっ、もちろん金剛姉様との過去の決別を乗り越えた熱愛も見たいんですけど!!)」

榛名「他にも他にも、四方山鎮守府には大和さんとか空母の方々とか軽巡、重巡、駆逐艦艦娘さんとの素敵な組合わせが……!」O(≧∇≦)O

後輩提督「わかるー、超わかるよハルハルー!」(σ≧▽≦)σ

<キャッキャッ!
<ウフフフ♪

漣「……変わってますね、アナタたちの妹さん。後輩提督さんも負けず劣らず、アレな感じですがー」

金剛「ア、アハハ」

比叡「ハグハグ……昔からマイペースというか、独特の感性を持ってる子でしたから」(ムーシャムシャ

漣「独特……例えば?」

比叡「えーっと、クレーンが好きらしくて、ちっちゃい時は夕方までずーーっとクレーンを眺めたり、絵を描いてました!」

漣「えー……」

比叡「本人に楽しい? って聞いたら、『常識に捕らわれてはいけないのです!』って怒られたんですよね……」(遠い目

漣「フルーツ(笑)」

提督「(なに、幼少期とは艦船や重機に夢中になるのではないのか?)」(困惑

鳳翔「夢中になりすぎるのはどうか、というお話ですよ♪」(ひそっ

提督「!?」

455:2015/07/04(土) 01:48:27.88 ID:

(翌朝)
《鎮守府》母港

後輩提督「いやー、昨日は美味しいご飯をたくさんご馳走になりました!」

榛名「あんなにたくさん食べたのは初めてです! 本当にありがとうございました!」

後輩提督「呉は提督が複数所属の鎮守府ですけど、あんまり留守にするのもなんですし。そろそろお暇いたしまっす!」(敬礼

提督「う、うむ、帰りの航路、気をつけて」(敬礼

後輩提督「(一応、耳に入れておきますが、最近小規模の鎮守府や基地泊地がいくつも潰されています)」(ヒソ…

後輩提督「(僅かに生き残った提督や艦娘の証言では、以前、1度だけ存在を確認された離島棲鬼と、新種と思われる複数の鬼号、姫級、それと……)」

後輩提督「(幼い少女型の深海棲艦に襲われた、と)」

提督「(少女型の、深海棲艦)」(ピクッ

後輩提督「(……艦娘や民衆をいたずらに不安にしてしまうということで、大本営では箝口令が敷かれています。今はまだ、胸に納めておいてください)」

後輩提督「まあ、先輩相手に無駄な心配だとは思いますけどね~!」

榛名「なんの話をされたのですか?」

後輩提督「え~? 他所提督さんのとこみたいに、複数の艦娘と関係持っちゃダメですよ~って話♪」

提督「!!?」

榛名「英雄、色を好むという奴ですか。さ、さすがの榛名も、それはちょっと……」

後輩提督「大丈夫、大丈夫。相手の承諾があれば4人までお手つきOKって昔の偉い人も言ってるから!」

提督「そ、それはイスラム教の話で、それも、相当に裕福で、だ、男性の甲斐性がなければ到底実現し得ない話だよ」

後輩提督「アハハハ! 他所提督さんができてるんだし、先輩も普通にやれそうですけどね!」

提督「(こ、後輩提督の中で、私はそのように軽い男に思われているのだろうか……)」

後輩提督「(だって、先着4名ぐらいまでなら、普通に押し倒されて関係持っちゃいそうだもん、先輩!)」

後輩提督「それじゃ、あんまり長話も迷惑でしょうし、私たち帰りますね! 先輩、みなさま、お世話になりました~!」

後輩提督「いくよっ、ハルハル!」

榛名「ハイ! 榛名、いつでもいけます!!」

榛名「金剛姉様、鋼太郎兄様、あ、あと比叡姉様、また時間ができたらお邪魔しますね!!」

金剛「OK、歓迎するワ! 道中、気をつけるのヨ!」

比叡「ちょっと榛名っ、『あ、あと』ってどういう意味ですかー!?」

<……榛名、いつでも出港できます!(脱兎
<よっしゃ、行けー!!(追走

比叡「コラーッ、榛名ー!?」(プンスカ

漣「騒がしい方たちでしたねー」

提督「そ、そうだな」

漣「……ちなみにー、先ほど話に出ました4人までお手つきおkというのはー」(チラッチラッ

提督「漣君? き、君はなにを言っているのだね?」(オロオロ

漣「あー、やぱっり勝ち残るのは一人だけですか……デスヨネー」(ハイライトOFF

提督「」

提督「(しかし……少女型の深海棲艦、か)」

提督「(レ級、なのか)」

456:2015/07/04(土) 02:28:55.13 ID:

レ級の影に苦しむ提督
見知らぬ少女におとーさんと呼ばれる提督

提督の未来はどっちだ

457:2015/07/04(土) 02:47:04.79 ID:

…それは、羅針盤だけが知っている。 次回もご期待下さい!
458:2015/07/04(土) 03:30:28.74 ID:

羅針盤<正しい方向を教えると言った覚えはない
465:2015/07/04(土) 07:53:35.50 ID:


榛名はじけてんなーw
472:2015/07/04(土) 13:17:44.23 ID:

榛名が若干アホの子だ。かわいい。
482:2015/07/07(火) 01:03:56.00 ID:

【後異類婚姻譚(のちのいるいこんいんたん)】

《???》

離島棲鬼「……暇ネ」

<ガチャ…

離島棲鬼「?」

北方棲姫「……」(ヒョコッ

離島棲鬼「アラ……北方棲姫、マダ寝テナカッタノ?」

北方棲姫「眠クナイ!」(ハプハプッ

北方棲姫「ダカラ、眠クナルマデゴ本読ンデ!」

離島棲鬼「仕方ノナイ子ネエ……」

離島棲鬼「マ、イイワ。今日ハココデ寝テイイカラ、ベッドニオ入リナサイ」

北方棲姫「ホクホ~♪」(ポフン

離島棲鬼「サテ、何ノオ話ヲシヨウカシラ」(ウムム

北方棲姫「――――!!」(ドキワク

離島棲鬼「ソウネエ、ソレジャア……昔話デモシヨウカシラ」(ニッコリ

北方棲姫「ホポオォォ! 桃太郎? 金太郎? ソレトモ、ナラ梨採リ? 拾イ物分配? ……ワカッタ、叺狐!」(フンスフンスッ!

離島棲鬼「(コノ好キナ物ノノメリ具合ハ完全ニ遺伝ヨネエ)」

離島棲鬼「ソレジャ、始メルワヨ……『カワイソウナ鳥』」

北方棲姫「鳥サン! 鳥サン!」

離島棲鬼「フフ、ソウヨ鳥サンノオ話ヨ~」(ナデナデ

離島棲鬼「コホン――――今カラホンノ少シ昔ノコト」

483:2015/07/07(火) 01:04:34.68 ID:

『 あるところに、それはそれはとても珍しい鳥のひなが生まれました 。
 そのひなが生まれた時、親鳥やその仲間はとてもとても喜びました 。
「きっとこの子は素晴らしく綺麗で、大きな鳥に育ってくれる」
 ひな鳥を見た人は、誰もがそう口にしました。
 大切に大切に育てられたひな鳥はすくすくと育ち、少し内気で、恥ずかしがりやではありますが、とても優しく、聡明な子になりました。
 生まれたばかりの頃は短かった羽も、大きくなるにつれ、どんどん長く、美しくなります。
 日に当たると翡翠や瑪瑙のような光沢を放つ、たいそう美しい羽を持った我が子に、親鳥やその仲間は喜びに涙を流しました。

 けれども、ある日のこと。
 巣立ちの勉強をするために人里へ降りたひな鳥は、 貧しい家の童をいじめている里の童たちを見つけました。
 恥ずかしがりやではありましたが、とても優しかったひな鳥は、いじめている童たちに「そんなことをしてはいけないよ」と諭しました。
 ところが、里の童はそんなひな鳥に腹を立てて、あろうことかひな鳥の綺麗な羽を毟りはじめたのです。
 里の童たちがどうしてそんなことをするのか、ひな鳥にはわかりませんでした。
 なので、もう一度、「そんなことをしてはいけないよ」と諭しました。
 里の童たちは余計に腹を立て、次から次に綺麗な羽を引き抜いていきます。
 ひな鳥は、自分の言い方が悪かったのだろうと思い、今度は「そんなことはやめて」とお願いしました。
 けれども里の童たちは、そんなひな鳥のお願いに顔を見合わせて、ケラケラと笑うだけです。
 次から次に、綺麗な羽が引き抜かれていきます。痛みに耐えながら、「どうしてそんなことをするの」と、ひな鳥は尋ねました。
 けれども、里の童たちはひな鳥の羽に手を伸ばすのをやめてくれません。
 それどころか、周りで見ていた童たちにも「お前たちもやりなよ」と呼びかけさえしました。
 「やめて! やめて!」
 ひな鳥が悲しそうに叫びますが、ひな鳥の美しい羽を求める童は跡を絶ちません。
 ついには、先ほどひな鳥が助けた貧しい家の童や、里の童たちの親まで加わって、ひな鳥の羽を毟っていきました。

 その日の夕方のこと。
 ひな鳥の帰りが遅いことを心配して、人里まで捜しに来た親鳥は、変わり果てたひな鳥の姿を見てたいそう驚きました。
 あれほど綺麗だった羽は全て毟りとられ、みすぼらしい色に成り果てていました。
 大きくなりかけだった翼も、折られてしまったのか、あらぬ方を向いています。
 何があったのか。心配して駆け寄ろうとした親鳥に、ひな鳥は「もうやめて、もうやめて」と泣きながら逃げ出しました。
 親鳥が必死に追いかけても、「来るな、来るな」と逃げてしまいます。
 かわいそうに、すっかり怯えきったひな鳥には、親鳥でさえ恐ろしい化け物に見えるようになってしまったのです。』

484:2015/07/07(火) 01:05:16.07 ID:

離島棲鬼「……ソノ後、ヒナ鳥ガドウナッタノカ知ル者ハドコニモイナイソウナ」

離島棲鬼「ハイ、オシマイ。ソロソロ眠クナッタカシラ?」

北方棲姫「」(プルプル

北方棲姫「ウッ、グス……」(ギューッ

離島棲鬼「アラアラ、逆ニ目ガ冴エチャッタカシラ」(ナデナデ

北方棲姫「鳥サン、カワイソ……童タチ、悪者!」(ワンワン

離島棲鬼「ソウヨネ、イイコトシタ鳥サンヲ飛ベナクシチャウ連中ナンテ、イナイ方ガイイワヨネエ」

北方棲姫「鳥サン、北方ガ守ル! 童タチハヤッツケル!」(プンスカ

離島棲鬼「イイ子、イイ子……パパモキット喜ンデクレルワ」(クスクス

北方棲姫「!!」(パアァァッ

離島棲鬼「デモ、夜更カシスル子ハ叱ラレチャウカラ、ソロソロネンネシマショウネ~」(胸トントン

北方棲姫「ンッ! イイ子ニシテ寝ル!」(目ギューッ

北方棲姫「ホピィ~……ホポ~……」(zzZ

離島棲鬼「ヤレヤレ、ヤット寝タワ」

離島棲鬼「フフ……タクサン眠ッテ、ウント強クナッテネ、私ノカワイイヒナ鳥サン?」(おでこチュッ

北方棲姫「~♪」(ムニャムニャ

485:2015/07/07(火) 01:08:47.07 ID:

ハートフルな昔話(深海棲艦編)
今日はこれだけ
昔話風に書こうとしたけど難しかった
486:2015/07/07(火) 01:10:03.92 ID:

乙でした
本当は怖い昔話
487:2015/07/07(火) 01:27:40.87 ID:

乙です。
Hurtfullな話でしたね。
488:2015/07/07(火) 02:36:19.81 ID:

乙でち
これがハートフルボッコか!

何故か傷は舐めたらいいとか言ってる駄級さん想像した

497:2015/07/07(火) 10:35:11.98 ID:

乙にございます

うーむ、こいつは…
よくまあ提督、深海棲艦側に走らなかったよなあ…
そしてほっぽちゃんの行く末やいかに。

502:2015/07/08(水) 16:43:21.29 ID:

【ケッコンカッコカリしりーず】川内編

(なんやかやして川内とケッコンカッコカリした)

(朝)
《鎮守府》執務室

川内「おっはよー、提督! 今日の出撃だけど、夜戦してもいいっ!?」

提督「……川内君、ひ、秘書艦の仕事をしてくれないだろうか」

川内「は~い」

(昼)
《鎮守府》食堂

川内「お昼だ~! 提督、ちゃんとご飯食べて……食べてないじゃーん!?」

川内「もー、ご飯たくさん食べないと夜戦で動けないよ? ほら、オカズ分けてあげるから口開けて……はい、ア~ン♪」

提督「た、食べる……食べますから、やめてもらえないだろうか」(カタカタ

提督「……みんなの、目とか怖い……から」

<提督と夜戦……
<アーンって……見せつけるようにアーンって!
<ナチュラルにイチャイチャしてるなー……
<もうマジ無理ぃ、耐えられない
<うろたえるな小僧ども!!

川内「ヘヘ、美味しいねー、提督!」(テレテレ

503:2015/07/08(水) 16:43:54.64 ID:

(夜)
《鎮守府》執務室

川内「はぁ~、お仕事終了ー……今日も疲れたねー」

提督「(私の疲れの8割は君が原因だがな)」(グッタリ

川内「よーしっ、それじゃ気分転換に夜戦だァーーー!!」

提督「せ、川内君、もう夜も更けているから、もう少し静かに……」

川内「あ、そっか、いけない、いけない!」(テへへ

提督「そ、それにだね、夜戦演習はつい先日行ったし、他の艦娘ももう就寝しているだろうから……」

川内「うーん、さすがの私も一人で夜戦は疲れちゃうしなー」(腕組み

提督「(その言い方だと、頑張れば夜戦できそうなのだが……まさか、分身?)」

川内「提督が相手じゃなー、魚雷ぶっ放すわけにもいかないし……しょーがないか」

提督「よ、よかった、諦めてくれたのだね……」

川内「ニヒヒ!」(ガバッ

提督「!?」

川内「だから、提督……『コッチ』の夜戦、しよ♪」(艶笑

提督「それは、お、一昨日したばかり……」

川内「(ケッコンカッコカリしてるから)いいじゃーん! やろーよ、ね~!」

川内「……ダメ?」(上目遣い

提督「む……うぐ、ぬ……」(クラクラ

<やったぁー!!待ちに待った、夜戦だー!!
<せ、川内君、声を、もう少し声を抑えてくれないだろうか?

《鎮守府》執務室前

神通「提督……川内姉さん……」(夜食持ってきた

神通「……」(ハイライトOFF

504:2015/07/08(水) 16:44:35.60 ID:

(後日)
《艦娘用宿舎》神通の部屋

川内「ねーねー、神通~、最近元気ないんだけど大丈夫?」

神通「……元気、ですよ」

神通「提督が幸せなら、私はそれだけで……」(ハイライトOFF

川内「んー、あ、そうだ! 神通、私にいい考えがあるよ!」

神通「え?」

川内「……というわけで! 神通も一緒に夜戦しよー、提督!」

提督「君は何を言っているのかね?」(真顔

川内「だって提督、ちょっと前に他所提督に借りた『提督のグルメ~美人軽巡姉妹の夜戦丼~』ってDVD見てたでしょ」

川内「そーいう夜戦も一度やってみたかったんだよね! それにほら、神通も元気になって、提督もとっても気持ちよくなって一石三鳥だよ!」(ニコニコ

提督「それはっ、きょ、興味本位で……それ以前に、な、何故君がそのことを……!」

提督「い、いや、それは後で必ず聞くとしよう。じ、神通君、川内君を止めて……」

神通「てっ、提督……あの、その……あの!」

神通「……提督が、お相手なら……私は……そ……そういう初めてでも、大丈夫、です」(ボソボソ

提督「」

川内「ほらー、神通もいいって言ってるじゃーん!」(あすなろ抱き

川内「だ・か・ら、提督……夜戦、しよ♪」(耳元囁き

提督「っ、うぐ……う、うぅぅ……」

《この後、メンタルが大破したり理性が轟沈したりで大変なことになった》※夜戦(意味深)的な意味で

505:2015/07/08(水) 16:48:53.58 ID:

やばい・・・・・・・神通さんが「陰」通さんに・・・。

某学校日的流血沙汰BADエンドの予感が・・・・。

506:2015/07/08(水) 16:49:08.75 ID:

【艦娘たちとコミュニケーション】七夕編

《鎮守府》食堂

北上「さーさーのーはーフンフフフーン」

大井「まったく……なんで私と北上さんが七夕の飾りつけなんてしなきゃならないの」(ブツブツ

北上「まーまー、大井っち。みんなでパーッと騒ぐためにやってると思えば楽しいよー、そこそこ」

大井「……北上さんがそう言うなら」

吹雪「ただいま戻りましたー」

敷波「ひゃー、疲れたー」

綾波「ですねー。あ、私、お茶取ってきますね」

北上「おかえりー。どうだったー?」

吹雪「はいっ、バッチリです!」

敷波「今、球磨さんたちが立ててくれてるよ」

北上「どれどれ~?」

大井「うわ、またずいぶんと立派なもの持ってきたわね……」

吹雪「鎮守府から来ましたって言ったら、山の持ち主さんが奮発してくれたんです」

北上「うんうん、一応私たちって正義の味方やってるもんねー。よきにはからえ、なーんて」

吹雪「いえ、この間、司令官に漁船の発電機直してもらったとかで」

北上「あ、そっち」

大井「(コミュ障のくせに、なんでそういう根回しはできてるのよ……)」

508:2015/07/08(水) 16:52:47.31 ID:

球磨「木曾、多摩! しっかり縄を引っ張るクマー!」

木曾「おうっ!」

多摩「ニャァアアアッ!!」(フカーッ

文月「みんなぁ、ガンバレ、ガンバレ♪」

弥生「わ…ぁ」(キラキラ

球磨「っし、しょっと! よーし、固定完了したクマ!」

木曾「プーッ、宴会前だってのに疲れたぜ」

多摩「(今日のご馳走、全メニュー制覇するニャ)」(生唾ゴクリ

文月「んしょ、んしょ!」

弥生「よい…しょ、よい…しょ」

球磨「よーし、折り畳みテーブルはそこに置くクマ」

文月「ほわぁ、重かったねぇ」

弥生「う…ん」

球磨「よく頑張ったクマ、よい子だクマー」(ナデナデ

文月「えへへ~」

弥生「くすぐったい…です」

蒼龍「おーい、短冊とペン、たくさん持ってきたよー」

瑞鶴「あと、竹の飾りもね!」(ゴッソリ

大鳳「おり紙の輪っか、たくさん作りました!」(ドサーッ

木曾「なんかスゲーことになってきたな」

多摩「ここのみんなは基本、お祭りとか大好きニャ」

文月「さーさーのぉはー♪」(短冊カキカキ

弥生「さーらさ…ら♪」(短冊カキカキ

蒼龍「とれどれ~? 二人はどんなお願い書いてるのかな~」

球磨「球磨にも見せるクマー!」

<えぇ~、見ちゃダメだよぉ~♪
<メッ…です
<エー、文月ちゃんたちの意地悪ー
<見るなと言われると余計見たくなるクマー!
<アハハハ!

509:2015/07/08(水) 16:54:06.46 ID:

《鎮守府》執務室

漣「……盛り上がってますねー」(ぽけー

提督「じ、神通君たちも、朝早くから鳳翔君や間宮君の手伝いで料理を作ってくれているな」

漣「それはご主人様に喜んでもらいた……まあ、美味しいものが食べられるので、漣的にはおkですが」

漣「それにしても、七夕パーティーですか……」

漣「一年に一度、お空の上で乳繰りあうカップルも、下界で我々がご利益にあやかろうとしてるとは夢にも思わないよねぇ」(ゲス笑い

提督「 や め た ま え 」

漣「ニャハハ、冗談は置いといて。年に一回の逢瀬、ロマンチックだとは思いますが、ご主人様的にはどうです?」

提督「私は……ロマンチック云々どころではない、かな。そんな状況にしてしまった相手に申し訳なくて、きっと、し、死にたくなる」(カタカタ

漣「あー……」

漣「でも、まあ、ご主人様がそーいう人なのはみんなよっっく理解してるので、ご安心を」

提督「?」

漣「……天の川程度、ちょちょいと渡って会いに行きますよ、ってことです。言わせんな恥ずかしい!」(ブーブー

提督「そ、そういう意味か」

漣「そういう意味ですよー」

提督「……そう、か」

漣「あれ、もしかしてご主人様、照れてます?」(ニヤニヤ

提督「そんな、ことは」(目逸らし

漣「またまたー、素直じゃないんだからー、コノコノ♪」

提督「ぬ、うぬ……」

<knock…knock…

雷「司令官ー、お料理できたから呼びにきたわ!」(バーンッ

満潮「鳳翔さんに頼まれたから呼びにきたわよ、フンッ」

朧「提督、実は私、お腹空いてます」

曙「欲しいもの先に食べられたくなかったらさっさと来なさいっ、クソ提督!」

潮「えっと、神通さんとか金剛さんとか大和さんたちも、たくさんお料理作ってくれてましたよ……エヘヘ」

漣「これはこれはー、騒がしいお出迎えですね」

提督「わ、私はもう少しで今日の分の執務が終わるので……漣君は彼女らと先に行きたまえ」

漣「え~、そこはもうちょっと空気読んでくださいよー」

漣「まあ、いつも通りといえばいつも通りなんですけど……ヨッコイショ」

漣「それじゃ、先に行ってますから、ご主人様も早めに合流ヨロです」(ノシ

提督「あ、ああ、善処しよう」

<竹で炊いた炊き込みご飯、とーっても美味しいんだから!
<飲み勢用に竹で燗したお酒も用意してるわよ
<なにそれ、超ウマそうじゃないですか
<当たり前でしょ! みんなで頑張って作ったんだから!

提督「…………」(カリカリカリカリ

提督「天の川を渡って……か。ウチの艦娘たちだと、何故か容易に想像できるな」(苦笑

提督「天の川を渡ってまで、か」

提督「……私は、その想いに応えられるのだろうか」

《なお、七夕パーティーの余興にて彦星、織姫の指名&命令権を拒否して、天の川(海)へ駆け出した模様》

514:2015/07/08(水) 18:01:55.18 ID:

目をキラキラさせたふみやよが目に浮かぶぜ
515:2015/07/08(水) 18:04:50.67 ID:

考えているネタに移る前にネタを募集します
【キャラ ネタ】のような形で
キャラはスレ頭の人物紹介など参照でお願いいたします(あまりどぎついものの場合、改変するかもです)

↓2
↓4
↓5

516:2015/07/08(水) 18:10:05.95 ID:

ふみぃ台
517:2015/07/08(水) 18:10:20.97 ID:

綾波 ほっこり
518:2015/07/08(水) 18:10:26.63 ID:

まさかの大和でカッコカリifをお願いします
519:2015/07/08(水) 18:11:19.36 ID:

筆頭が合同で料理研究
520:2015/07/08(水) 18:11:39.62 ID:

青葉と衣笠 姉妹で唯一改二が来てないのを嘆く青葉
521:2015/07/08(水) 18:14:07.24 ID:

ふみやよ挟まずに蒼龍とデート
531:2015/07/09(木) 11:22:30.29 ID:

みんなが短冊に何書いたのか気になりますねえ
532:2015/07/10(金) 12:36:49.45 ID:

【艦娘たちとコミュニケーション】綾波編

《鎮守府》執務室

綾波(当日秘書艦)「今日から秘書艦担当は綾波です。司令官、よろしくお願いしますね!」

提督「う、うむ。久しぶりの秘書艦だとは思うが、ど、どうかよろしく頼む」

綾波「そうですねー、本当に久しぶりですね♪」(ニッコリ

提督「」(ビクッ

綾波「ウフフ、冗談だから気にしないでくださいね」

提督「あ、ああ」

(提督&綾波、仕事中・・・)

提督「……」(カリカリカリカリ

綾波「……」(セッセッセッセ

綾波「(そういえば、綾波、まだ司令官の笑うところ見たことありませんね~)」

綾波「……ふむ」(チラッ

綾波「(何か面白いことを言ったら笑ってくれるでしょうか?)」

綾波「……午前~10時~で~す」(ボソ

提督「?」(チラッ

綾波「(う~ん、効果なしですね~)」(セッセッセッセ

提督「…………」(カリカリカリカリ

綾波「…………」(チラッ

綾波「(それじゃ、今度は……ンッ、ンッンッー……アー、あ~)」

綾波(金剛voice)「やっぱり納豆卵かけご飯は最高デース」(ボソッ

提督「……」(ピクッ

綾波「(反応ありです……じゃあ、次は~)」

綾波(金剛voice)「三式弾~、三式弾~♪」(手ブンブン

提督「っ……」(顔背け

綾波「(これはもう一押しですね~)」

綾波(金剛voice)「Oh、Rainyな梅雨のSeason。私、苦手デース! ヴ~~~!」(身振り手振り

提督「ブフッ……ゴホッ、ゲホッ!! く、くふっ……ふふふっ……!」(ブルブル

綾波「や~りま~した~♪」(ガッツポ

提督「あ、綾波君……さっきから、君は何がしたいのかね……?」(涙目

綾波「す、すみません、司令官が笑うところをどうしても見たくなって、つい」(舌ペロ

提督「な、なんの価値もないだろうに、私の笑い顔なんて……」

綾波「そんなことないですよ~。漣さんも神通さんも金剛さんも、他のみんなも、司令官の笑顔、きっと大好きです」(ニコニコ

提督「あ、あまりからかわないでもらえると、ありがたい」

提督「(しかし、先ほどの金剛の声真似は秀逸だったな)」

綾波「(今です!!)」(鬼神の眼光

綾波「よく狙ってぇ……ひえーっ!」(綾波の ふいうち!

提督「~~~~!!」(提督に 効果はばつぐんだ!

綾波「はぁ、癒されます……感謝ですね~」(キラキラ

青葉「(貴重な提督の爆笑シーンに綾波さんの物真似……次の鎮守府通信はこれでいただきです!)」(ハアハア

《次の日、提督の表情筋は筋肉痛に襲われた》※なお、金剛の機嫌はすこぶる悪くなった模様

533:2015/07/10(金) 12:50:10.07 ID:

綾波かわいいな!これは卑怯!!w
534:2015/07/10(金) 12:52:52.17 ID:

ドーシテ、コンゴウサン、ゴキゲンワルクナリマシタカ?
535:2015/07/10(金) 13:26:43.97 ID:

(後日)
《鎮守府》執務室

金剛「…………」(ツーン

提督「……あ、あの、金剛」

金剛『訳:なにかしら?』(ツツーン

提督『訳:さ、最近、英語でしか喋らないので、何を言われているのかわからないと、い、一部の子から苦情が、だな』

金剛「…………」

金剛『訳:私の日本語、笑っちゃうぐらい面白いんでしょ……フン』(プイッ

提督『訳:そ、それは綾波君の物真似が面白かっただけで! 君の話し方をバカにしたわけではない』

金剛『訳:ウソよ、青葉に聞いたもの。机に突っ伏しちゃうくらい大笑いしてたって!』(涙目

提督『訳:だから、それは……』(しどろもどろ

金剛『訳:……バカッ、知らない!!』(ダダッ

提督「ッ、金剛!!」(ガシッ

金剛『訳:放してよ! アナタに笑われないレベルになるまで、引きこもって日本語の勉強するんだから!!』

提督『訳:ひ、必要ない! 今の時点で十分だから、か、軽々しく引きこもってはいけない!』

金剛「ヴ~~~~!」(ポカポカポカッ

提督「」(キリキリキリキリ

金剛『訳:……じゃあ、アナタが教えてよ、日本語の話し方』

提督「ぬ……う、うぐ……」

金剛「……」(ジトー

提督「わ……わ、かった」

金剛『訳:なら許してあげる』(ムスッ

(扉の隙間)

青葉「(……見なかったことにしよう)」

536:2015/07/10(金) 13:54:41.04 ID:

軽々しく引きこもってはいけない、か
確かに隙あらば自宅や工廠に引きこもるのは良くないな
538:2015/07/10(金) 14:50:26.47 ID:

クッソ金剛可愛い・・・!今さらになってAGP金剛スルーしたのを後悔してきた・・・
539:2015/07/10(金) 15:17:30.51 ID:

【艦娘たちがコミュニケーション】

喫茶《間宮》

提督「(やはり、間宮君の店は最高だ……!)」(キラキラ

間宮「ウフフ、そんなに美味しそうに食べてもらえると、私も頑張った甲斐があります」

間宮「あっ、提督さん、お茶のおかわりどうぞ」

提督「む、い、いただこう」

間宮「いえいえ、どういたしまして♪」

伊良湖「……最近、前にも増して提督さんと間宮さんが仲良くなってませんか?」

羽黒「えっと……はい」

伊良湖「この間、憲兵さんたちが来てからです」

伊良湖「……カッコカリ一式、プレゼントされてましたよね」(ポソ

羽黒「まさか、店長……ほ、本当に司令官とケ、ケケッコン……!?」

伊良湖「そ、そこまではわからないけど……正直、お似合いじゃないですか?」(ワクワク

羽黒「お、お二人とも落ち着いた雰囲気で……とっても相性よさそうです」(ドキドキ

朧「…………」(ズズ…

《艦娘用宿舎》漣の部屋

朧「提督と間宮さんが急接近してるよ」

漣「ハ、ハハ、バンナソカナ」(カタカタ

曙「」(ゲフッ

朧「……刹那で攻略しちゃった。まあいいか、鎮守府の古参なんて」

漣「おいあんた!! ふざけたこと言ってんじゃ……!」(ズイッ

潮「やめて、漣ちゃん!」

朧「まあ、うん、ネタやってる場合じゃないとは思うよ」(マジレス

漣「う゛……ちょっと神通さんたちに相談してきますー、はい」(フラフラ

朧「曙はいいの? 一緒に行かなくて……曙?」

曙「間宮さんが参戦なんてしたら、みんな負けるしかないじゃない……! 私も、みんなも!」(錯乱

朧「ま、まだ慌てる時間じゃない、たぶん」

潮「すぐに諦めちゃうなんて、そんなの絶対おかしいよぉ!!」

540:2015/07/10(金) 15:18:42.92 ID:

漣「というわけで、なにやらご主人様と間宮さんがイイ感じらしいのですがー……どうしましょ」

神通「間宮さんが、そんな……」(涙目

金剛「oh……」(天仰ぎ

大和「大和に隠れて、そんなことをするんですね間宮さん。フフ、ウフフフ」(ハイライトOFF

蒼龍「あちゃ~……これは手強いっていうか、強すぎるというか」(頬ポリポリ

漣「しかしー、ここで手をこまねいてる訳にもいきませんし」(ウムム

神通「……わ、私たちも、お菓子を作るというのはどうでしょうか」

神通「美味しいお菓子を作ってお渡しすれば、て、提督も私たちに振り向いてくれる、かも」

金剛「なるほど、提督の習性を利用するわけデスネ」

蒼龍「習性って……」

大和「しかし、作るといっても、間宮さんのお菓子に勝てるものとなると……」

漣「――――いつ作るのか……今でしょ!」

神通「さ、漣さん?」

金剛「急にどうしたネー」

漣「(ヤベエ、外した)」

漣「ゲフンゲフン! こ、個人の力で及ばないのなら、我々が力を合わせればいいのですよー」

大和「合作ですか、なるほど」

蒼龍「間宮さんに対抗するには、やっぱそれぐらいしないとダメだよね」

金剛「漣、nice ideaデス!」

神通「確かにそれなら……」

漣「さあ、ご主人様に漣たちの本気、見せてあげよーじゃないですか!」

一同「「おー(お、おー)!」」

541:2015/07/10(金) 15:20:22.39 ID:

(漣たち、製菓中・・・)

その時、大和が言った。
提督は、もっと砂糖を使ってみてはどうだろうと。
漣たちは戸惑った。
確かに、砂糖を増やせば甘味は強く良くなる。
だが、砂糖が増えると焼き上げが困難になる。
これ以上はダメです。できません。
神通が悔しげに叫んだ。
「ここでやらなくては間宮さんのお菓子に勝てないんです。作るんです、提督の心に響く最高のお菓子を」。
大和の熱い想いに、艦娘たちは心を打たれた。
「やってやろうじゃない」。
蒼龍が不敵に笑う。女としてのプライドが騒いだ。
「レシピを見直しまショウ」。
金剛の決断により、夜を徹してのレシピ作りが始まった。

砂糖を増やし、バターを増量し、かつ最適のオーブン温度を算出する。
試行錯誤の繰り返しだった。
漣たちの技術力では不可能と思われた。
恥を忍んで鳳翔にも相談した。
こっそり、倉庫裏に伊良湖を呼び出してコツも聞いた。
しかし、出てくる答えは一つ、「不可能」。
しかし、漣たちは諦めなかった。
「できる、いや、できると信じなければ何も成せない」
あらゆるレシピを漁り、グーグル先生に相談する日々。
1日が過ぎ、1週間が過ぎた。
「やっぱり、自分たちには間宮さんを超えることはできないんだ」
不可能の三文字が漣たちの脳裏に浮かんだ。

そこへ比叡が現れた。
「考え方を変えればいいんじゃないですか?」
「焦がしちゃいけないと思うから失敗するんです。榛名みたいに常識にとらわれず、考え方の根本を変えちゃうんです」

暗闇に光がさした気がした。
漣たちは、またレシピを作り直した。
カラメリゼだ。
最初から砂糖を使うのではなく、オーブンで焼いた後にもう一度、焼く。

オーブンから取り出した菓子に砂糖をまぶす。
自信があった。
「Burning Love!!」
金剛がバーナーで炙り始める。
砂糖の焦げる音。調理場に広がるほろ苦く、甘い香り。
不可能が可能になった瞬間だった――――

提督「おお……表面のカラメリゼされた砂糖のパリパリした食感……ほろ苦い甘味が、濃厚なカスタードクリームとフルーツの瑞々しさと調和して……」

提督「うむ、これはいい、素晴らしいよ」(キラキラキラキラ

球磨「フッフッフ、この程度、球磨の手にかかれば余裕のよっちゃんクマー」

木曾「う、うめえ……うますぎるよ、球磨姉!!」

多摩「美味」

提督「す、すまないが球磨君、お代わりを……」(ワクワク

木曾「あっ、俺も!」

多摩「多摩もお代わりを所望するニャ」

球磨「たくさんあるから遠慮せず食べるクマー、クマクマ♪」

漣「」(吐血

神通「」(ハイライトOFF

金剛「」(ORZ

大和「(球磨さん……恐ろしい人!)」(ベルバラ顔

蒼龍「あちゃぁ……」

鳳翔「(作るのに時間をかけすぎましたねー)」(苦笑

《作ったお菓子は、ちゃんと提督の次の日のオヤツとして提供された》

542:2015/07/10(金) 15:23:02.21 ID:

うわぁこれは・・・球磨ちゃん優秀過ぎんよー
543:2015/07/10(金) 15:47:17.04 ID:

正に「伏兵」クマ!
544:2015/07/10(金) 15:48:10.19 ID:

球磨ちゃんかわいいなぁ
545:2015/07/10(金) 15:51:41.85 ID:

ほんと意外とどころじゃないなww
549:2015/07/10(金) 18:19:46.64 ID:

凡人がいくら集まったところで、所詮天才には敵わないのか…!(天を仰ぎみる
558:2015/07/10(金) 21:57:32.07 ID:

実は那珂ちゃんとケッコンするのが一番提督幸せになれるような気がしなくもない。
559:2015/07/10(金) 23:58:12.88 ID:

乙でございます

 


引用元:【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話9【ネタ募集】(SS速報VIP)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その1【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その2【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その3【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その4【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その5【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その6【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その7【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その8【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その9【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その10【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その11【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その12【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その13【SS】(再)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その14【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その15【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その16【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その17【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その18【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その19【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その20【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その21【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その22【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その23【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その24【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その25【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その26【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その27【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その28【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その29【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その30【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その31【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その32【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その33【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その34【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その35【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その36【SS】

 

1001 : 2017/10/19 23:58:38 ID: