ac1b149c

 

162:2017/01/14(土) 23:56:23.65 ID:

暇潰しに地の文で書き直した版もゆっくり作りながらネタ出し
170:2017/01/22(日) 01:49:07.48 ID:

《ケッコンカッコカリしりーず》青葉編

青葉「はぁー、いいお天気ですねー」(ポケー

提督「…………」

提督ケータイ『君の心を受信した』(カメラパシャー

青葉「へ……ああっ!? やですよぉ、ボーとしてるとこ撮っちゃ!」

提督「い、いや、なかなか絵になっていたので……つい」

青葉「も、もぉ~」

青葉「……どうせなら、一緒に写ってほしいな」

提督「わ、私もか」

青葉「ハイ! 司令官と青葉と……そして、お腹の中の赤ちゃんの三人で、ですっ♪」(ナデナデ

提督「む、むう……」

提督ケータイ『ではいくぞ』

提督「わ、私はまだ許可を出していないぞ……!」

青葉「ほらほら、司令官っ、はやくはやく!」

提督ケータイ『1+1は?』

青葉「2、です♪」(ニコ~

パシャ!!

171:2017/01/22(日) 01:50:27.31 ID:

《艦娘たちとコミュニケーションIF》信じて受け入れたユーちゃんが…

《大本営》

元帥「なあ、いい加減、諦めて新しい艦娘を着任させろ」

提督「し、しかし、私の鎮守府はバランスよく戦力が揃っていますので……」

元帥「そうつれないことを言うな。気性の大人しい、物静かな子を厳選しているから」

提督「か、艦種はなんなのでしょうか」

元帥「潜水艦だ。お前のところは伊168君一隻で潜水艦系の任務、できてないだろう」

提督「む、う」

元帥「実際に会ってみれば、あの子が大人しくていい子だとわかるはずだ。それにあの子は――――」

提督「あの子は……なんでしょうか」

元帥「……北方棲姫と仲良くしてくれている、あの子の親友だからな」

提督「……!? ぐう、う……うぅっ」

<knock…knock…

霧島「元帥、連れてきました」

ユー「U-511……ユーと呼んでください」

ユー「……AdmiralがホッポちゃんのPapa…ですか?」

ユー「ユーもホッポちゃんと同じ鎮守府で暮らせるホントですか?」

提督「……ぬぃ、うぐ」(コクリ

元帥「(計画通り……!)」(愉悦

(三週間後)

ろー「がるるー! 提督ーッ、ろーちゃんとも遊んでください!」(ギューッ

北方棲姫「ウワーン!? ホッポノ! ホッポノパパ盗ラナイデー!!」(ダキーッ

提督「」

漣「カラーヒヨコが凶暴なニワトリ化した感じですねー」

173:2017/01/22(日) 05:34:23.01 ID:

>カラーヒヨコが凶暴なニワトリ化した感じですねー
的確過ぎて笑うww
176:2017/01/22(日) 13:51:02.19 ID:

ユーちゃん着任IF、乙です。文、弥生「ホッポちゃん、それは私たちも歩んだ道なの(です)」
181:2017/01/25(水) 16:09:54.15 ID:

ろーちゃん今から正ルートで着任させてくれてもいいのよ?
184:2017/01/27(金) 15:28:28.41 ID:

【艦娘たちとコミュニケーション】大和編

《鎮守府》執務室

大和「今日は~、ルララ~、提督の秘書艦~♪」(ガチャー

大和「提督っ、おはようございます!」

提督「あ、ああ、大和君、おはよう」

提督「来て早々、なんなのだが……次の休み、時間はあるかね?」

大和「――――は?」

(提督休日)

大和「…………」

提督「実は鳳翔君に美術館のチケットを貰ってな」

提督「美術館だけというのもどうかと思うので、ど、どこかで時間を潰して、昼食を取ってから行こうか」

大和「あ、はい」

(提督&大和、ウインドウショッピング中・・・)

提督「店に入るのは厳しいが、外から見る分には私でも可能だ」

大和「そうですね」

(提督&大和、瀟洒なカフェで昼食中・・・)

提督「こ、ここのデザートは……球磨君のものに匹敵する味だ……!」

大和「……て、提督がそこまで仰るなんてスゴイですねっ」

大和「(変ね、味がしないです……)」(モキュモキュ

(提督&大和、美術館巡り中・・・)

提督「見ているだけで心洗われるような絵がたくさんあるな」

大和「はい……ところで、あのぅ、提督?」

提督「む、な、なんだね? やはり今日は用事があったのかね?」

大和「いえっ、いいえ! 提督のお誘いとあらば、大和、艦隊決戦さえすっぽかしてご覧に入れます!」

提督「それはやめてほしいのだが」

大和「も、ものの例えですっ。提督、大和がそんな非常識な女に見えるのですか?」

提督「…………いいや?」

大和「むぅ、なんだか納得いきませんけど置いておきます」

大和「……どうして急に大和を誘ってくれたのですか?」

提督「ど、どうしてと聞かれてると困るのだが、その、前に言っていたことを思い出してな」

提督「……風景画、好きなのだろう?」

大和「」

提督「や、大和君?」

185:2017/01/27(金) 15:29:18.93 ID:

《艦娘用宿舎》

大和「……は、はぁうあぁぁぁ、はわぁぁぁぁッ!!」(ジタゴロバタジタッ

那智「演習から戻ったら、大和が奇声を上げて悶え転げているんだが」

青葉「あー、たぶん司令官に遊びに誘ってもらえたのが夢じゃないって、やっと頭が理解したんですねー」

衣笠「……あっちからアプローチかけてあげたら、あんなにおとなし……可愛くなるんだね」

熊野「攻められると弱いなんて、案外ウブですのね?」

青葉「とりあえずチェキです!」

那智「ぶふっ……おい、や、やめてやれよ」

大和「あ、あなたたち、さっきから黙ってたら言いたい放題~!」

重巡ズ+航巡1『ひゃぁ↓ああ↑!?』

【この後、無茶苦茶入渠した】

186:2017/01/27(金) 15:30:20.45 ID:

【艦娘たちがコミュニケーション】神通とホッポ

《鎮守府》執務室

提督「で、では、私は少し出かけてくるので、留守番をよろしく頼む」

神通「はい、お任せください。提督、その、お気をつけて」

提督「たいした用事ではないから、心配しなくて大丈夫だよ」

北方棲姫「パパ~、イッテラッシャイ!」

提督「う、うむ。ちゃんと神通君の言うことを聞くのだよ」

神通「提督、行っちゃいましたね」

北方棲姫「ホプゥ……」(ションボリ

神通「すぐに帰ってきてくれますよ。こっちへどうぞ、北方棲姫ちゃん。ご本、一緒に読みましょう?」(膝ポンポン

北方棲姫「ン!」(ヨジ…ヨジ

神通「むかーし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんが――――」

北方棲姫「フムフム、続ケタマエ!」(キャッキャッ

神通「(どういうことでしょう……心がポカポカしてきちゃいました)」(ナデナデ

187:2017/01/27(金) 15:33:39.06 ID:

【艦娘たちとコミュニケーション】金剛編

《鎮守府》提督自宅

金剛「ン~~~~」(ゴロゴロ

金剛『訳:なに読んでるの~?』(ダルーン

提督『訳:も、もたれかかるな……こういう本だ』

素朴なグルメ<腹が…減った

金剛『訳:フーン』(ゴロゴロ

提督「(なんのために聞いたのだ……)」

金剛『訳:面白かったら後で貸してもらうし。それとも……一緒に読む?』(ギュゥ…

提督『訳:グッ、心を読むな……! 読みづらいし、この体勢は苦しいからやめてくれ……』

金剛『訳:エヘヘ~♪ あっ、これ美味しそうじゃない?』

提督『訳:む? ふむ、たしかに』

金剛『訳:フーム、これなら冷蔵庫にある食材だけで作れるわね。よっし、お昼はそれにしちゃおっか!』

提督『訳:なぜウチの冷蔵庫の中身を把握しているのだ……。勝手に決めるなと言っても効果はないだろうし、ご相伴にあずかるとしよう』

金剛『訳:りょーかい! 待ってて、ちゃちゃっと作ってあげるから!』

提督『訳:う、うむ。では私は皿でも並べるとしよう』

金剛「お願しマース! フンフフンフ~♪♪」

妖精A「なあ知ってるかです? あの二人、アレでも付き合ってないらしいですー」

妖精B「よっぽどの障害やトラブルでもなければ、このまま流れでゴールイン」

妖精C「それはどうかな? と恋愛決闘者たちの乱入待ったなし」

188:2017/01/27(金) 15:34:27.31 ID:

(大和の気負いをなくしてみた)

大和「提督、お茶を淹れてきました。少しご休憩なさってはいかがです?」

大和「あら? 提督、服のボタンが取れそう。大和にお任せください!」(針シャキーン

大和「て・い・と・く! 今日は大和、お弁当作ってきたの。たくさんあるので……よろしければ一緒に食べていただけませんか?」

大和「今日も一日、お仕事お疲れ様でした! 戸締りするので、提督はお先にどうぞ!」

大和「……えっと、もしお時間あるなら、これから鳳翔さんのお店で一杯いかがですか? な~んて♪」

漣「チェンジ」

大和「ど、どうしてですか!?」

漣「あー、ウチの大和さんはもっとこー、超がつくほど駄級な感じでないよ、ねえ?」

大和「ひ、ひどくないですか!? コレでも大和、超弩級戦艦の適正を持つ数少ない艦娘なのに!!」(プンスカ

漣「(っべー、マジやっべー……思い付きで普通な感じに演技してもらいましたが、こっちの方向でやられたら勝てるわけねーでしょ、常識的に考えて!!)」

191:2017/01/27(金) 17:31:49.54 ID:

【ケッコンカッコカリしりーず】球磨編

球磨「提督ー! 夜ご飯できたクマー♪」

旅館レベルの晩ご飯<喰らえッッ 飽くまで食らえッッ 飽き果てるまで食らえッッ

提督「豪勢だな……。球磨君のお陰で食も太くなってきたが、朝昼晩とこのレベルを用意するのは手間ではないのかね」

球磨「フフ~ン、ゆーしゅーな球磨の手にかかればお茶の子さいさいだクマー」

提督「しかし、毎日こう美味しいものを食べさせてもらうと太ってしまいそうだ」

球磨「フッフッフ、食べ頃になったら球磨が美味しくいただいちゃうクマ!」

提督「太ったら食べられてしまうのか……なら、仕事と鍛錬を頑張って体型を維持しないとな」(ニコリ

球磨「……!!」(ゴクリ

提督「く、球磨君?」

球磨「――――ていうか、もう我慢の限界だ」

提督「ぬ?」

球磨「提督が悪いんだぞ、そんな無防備に笑うようになって……」(ゴソゴソ

提督「球磨君、口調が……それより、なぜテーブルの下に? 食事中だぞ……」

球磨「球磨はこっちをいただきまーす……クマ!」(ガバーッ

提督「なあ!?」

<ムー、暴れたら怪我しちゃうクマー?
<やめたまえ……やめたまえ……!
<逃がさないクマー♪

<追撃戦に移るクマー!
<ヤメ…

球磨「ンフフフー、イイ感じだクマ~♪」(ツヤツヤ

提督「(夜戦へ持っていく力が……モンキーボードレベルで高すぎる)」(キラキラ

192:2017/01/27(金) 17:32:43.58 ID:

【ケッコンカッコカリしりーず】多摩編

多摩「提督……夜這いに来たニャ」(モゾリ

提督「ぬおっ!?」

多摩「……いい?」

提督「ふ、二日前に、その、同じことをしにきたと思うのだが」

多摩「……人間、万年発情期だから」

提督「に、人間に発情期はないよ」

多摩「じゃあ、多摩がネコみたいにニャンニャン鳴かされるから問題なしニャ」(ニンヤリ

提督「ムグー!?」

(翌朝)

提督「……多摩君、そろそろ起きたまえ」(ユサユサ

多摩「ンンムー……ニャア!」(グイッ

提督「ぬお!?」

多摩「……今日は、お休みだからずっとダラダラするニャ」(ギュウ

提督「ッ……シャワーだけでも浴びさせてもらえないだろうか」

多摩「……多摩も一緒に洗ってくれる?」(ヒシ

提督「(ズ、ズブズブに沈んでしまいそうだ……)」

193:2017/01/27(金) 17:45:29.32 ID:

今日はここまで
次は比叡もすなる妹といふものをネタ
不知火、陽炎、朧と、久しぶりに再開したので下から安価3人
駆逐(文月弥生除外):漣、曙、潮、吹雪、綾波、敷波、満潮、雷
軽巡:神通、川内、那珂、球磨、多摩、木曾、大井、北上
重巡+1:青葉、衣笠、那智、羽黒、熊野
空母:赤城、加賀、瑞鶴、蒼龍、祥鳳、瑞鳳、鳳翔、大鳳
戦艦(金剛比叡は除外):伊勢、大和
潜水艦:伊168
給糧艦:間宮、伊良湖

↓2
↓3
↓4

>>189
>>190
参考になります、ありがとうございます
予定はだいぶ先みたいなので、いろいろ考えてみます
表紙の絵とかどうしたもんか

194:2017/01/27(金) 17:48:15.98 ID:

祥鳳
195:2017/01/27(金) 18:11:14.19 ID:

鳳翔
196:2017/01/27(金) 18:14:23.71 ID:

青葉
197:2017/01/27(金) 18:29:43.65 ID:

川内
198:2017/01/28(土) 09:13:35.56 ID:

ふぇぇ…3連安価に1時間もかからないなんて早いよぉ…
201:2017/01/29(日) 00:06:12.73 ID:

乙でございます

引用元:鎮守府の四方山話(SS速報VIP)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その1【SS】

 

 

1001 : 2017/08/19 23:58:38 ID: