ac1b149c

 

476:2017/05/17(水) 00:43:45.82 ID:

神威出ないです。アイヌやそちら系の神話好きだけにつらい……ドロップなくて辛いのは久しぶりです。他の艦娘や参加しなかったイベの春風も出てるのに
サークル側のイベント参加も楽しいものです……作ったものが面白いかは別問題として
ちょこっと投下です
477:2017/05/17(水) 00:44:16.38 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》漣&曙編

漣「ウェヒヒ、ご主人様~、こっちのお菓子は甘いぞ~」

子提督「ゴクリ……」

曙「ちょっと、甘い物で釣るなんて卑怯よ!」

漣「おやおや~? 漣はただご主人様に……鋼太郎君に美味しいお菓子を食べさせたいだけで、他意も下心もないわけですが、グフフフ」

曙「その笑い方の時点で怪しいのよー!!」

子提督「あ、あの、喧嘩はダメだよ!」

曙「喧嘩なんかしてないわよ、黙ってなさい! ……ぁ」

子提督「ゴ、ゴメンなさい」(ショボリ

漣「曙ォォォォォッ!?」(神龍拳

曙「ちょ、これは不可抗力……ぐはァッ!!」(K.O!!

潮「あ、曙ちゃん!?」

朧「(このやり取り見るのも久しぶりだなあー)」(ホンワカ

子提督「だ、大丈夫? 曙さん」

曙「…………顎が痛いから撫でて」

子提督「こ、こう?」(サスサス

曙「――――ふ、ふふ、くすぐったいじゃない」

漣「おいこら、曙ォ! ずる……羨まし……アンタも一緒じゃないですかー!」

曙「ハァッ!? な、なに言ってんのよ!」

子提督「(ケンカするほど仲がいいタイプっていうのかな……)」

478:2017/05/17(水) 00:44:45.12 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》潮編

潮「えっと、どうしよう、提督……鋼太郎君は何かしたいことありますか?」

子提督「いえ、とくに」

潮「う、うーん……じゃあ、お勉強しましょう!」

子提督「はい!」

(子提督、勉学中・・・)

潮「弾道学の、えっと……あれ、あれれ?」

子提督「教科書の123P、です」

潮「あわわ、すみません!?」

子提督「わからないところがあったら聞きますね」(カキカキカキカキ

潮「(し、真剣過ぎて声をかけられないよぉ……)」

子提督「(一生懸命勉強して、父さんみたいに艦娘のみんなと仲良しな提督になるんだ――!)」(カリカリカリカリカリカリ

【なお、現実では心へし折られてコミュ障と化す模様】

《艦娘たちとコミュニケーション》朧編

(夕方)

子提督「勉強もおわったし、どうしよう……」(トコトコ

朧「提督、いま暇?」

子提督「あ、朧さん! なんですか、なにかお手伝いすることありますか!」

朧「ううん、特に」

子提督「そうですか……」(ショボリ

朧「……もうすぐご飯だし、ちょっとのんびりしよっか。漣が気合いれて作ってるから……すごいよ」

子提督「(すごい……って、どうすごいんだろう)」

朧「本でも読む? いっぱいあるよ。木の葉侍人道楽帖シリーズ? それとも蓮丈那智フィールドファイル? それともパンプルムース氏のおすすめ料理?」(ズラズラ

子提督「ぜ、ぜんぶきがるに読めそうにないよ?」

朧「大丈夫、貸してあげる」

子提督「え、でも悪いです……」

朧「いいから」(グイグイ

子提督「」

朧「ずっと張りつめてたら疲れちゃいます。本でも読んでゆっくりすごそ?」

カニ<オメーには時間(休み)が必要だ

子提督「……?」

484:2017/05/19(金) 00:45:15.09 ID:

《子提督とコミュニケーションIF》他所提督編

子提督「????」(チョコーン

他所提督「ブハッ、ブハハハハハハハハ!! 工廠妖精と仲良しにしても、実験台はやりすぎだろ! なんだお前、ガキの時はこんなにちんまかったのか!?」(グシグシ

子提督「わ、うわわ!?」

他所提督「ヒヒヒ、いやー、アッハハハハ! く、くるしい、腹が……六つに割れる……!」

龍田「(もともと綺麗に六つに分かれてるけど~)」

子提督「……」(ムスーッ

他所提督「お? なんだ、怒らせちまったか? 悪ぃー悪ぃー」(グシグシ

子提督「別に……怒ってないです」(手払い

子提督「帰ります」(スタスタスタスタ

他所提督「あ、ちょ……」

菊月「あれは司令官が悪いな」

龍田「そうね~。あんな調子じゃ、男の子が生まれたら喧嘩ばっかりしちゃいそう~」

菊月「え?」

龍田「ウフフ、まだ内緒よ~?」

菊月「そ、そうか……そうかっ」(ウッキウキ

他所提督「オーイ、鋼太郎、機嫌直せよ……オイ、鋼~!」

子提督「…………」(ツカツカツカツカ

485:2017/05/19(金) 00:45:44.44 ID:

《子提督とコミュニケーションIF》メガネ提督編

子提督「うあ、ああ……!」

メガネ提督「フォーーーーーーーーーーーウ!! ショタっ子キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

メガネ提督「ウヘヘヘ、怖くないよ~、ほら飴ちゃんあげるよ? 美味しいよー、提督君が定期的に通販してる名品の一つだよ~」

子提督「し、知らない人にものをもらっちゃいけないって言われてるから!」(タタタタタ…

メガネ「うわ!? 待ってよ、僕と仲良くしようよ~! そうだ、間宮さんのところでパフェ食べよう!? ケーキもお饅頭もいいよ! 僕がなんでも買ってあげるからさー!!」

子提督「くるな……かえれ……かえれっ!!」

486:2017/05/19(金) 00:46:30.02 ID:

《子提督とコミュニケーションIF》オネエ提督編

オネエ提督「あー、そっかあ、久しぶりに会いに来てみたら……こういうことになってるのね」

子提督「だれかのお知りあいですか?」

オネエ提督「ああ、気にしなくていいのよ。ちょっと昔馴染みが頭張ってる鎮守府の見学に来ただけだから!」

オネエ提督「今日は運悪くいないみたいだし、お土産にもってきた青山の名店のケーキ、玖珂ちゃんが食べてくれない?」

子提督「! あ……でも、わるいです」

オネエ提督「いいの、いいの。美味しく食べてくれるなら、『彼』も文句言わない……まあ、独り言や愚痴さえ恥ずかしいって思っちゃう人なんだけど」

オネエ提督「あまり日持ちしないものだから、ね?」

子提督「――――じゃ、じゃあ、いただきます」(キラキラ

オネエ提督「うんうん、子供は素直が一番よ!」

子提督「僕、お茶をいれてきますね!」

オネエ提督「は~い、お願いしちゃうわー」

オネエ提督「(いろいろあったんでしょうけど、それでも好きなもの、守りたいものが変わらないっていうのは……凄いわね、玖珂君)」

487:2017/05/19(金) 00:48:16.22 ID:

神威いは縁がなかった。そういうことでイベント攻略進めることにしました

母の日ネタと狂気の妊っ娠しちゃいましたネタやったら運動会(観艦式)ネタスタート
競技の選別終わったけどキャラの所属決まり切っていないです

488:2017/05/19(金) 00:50:37.96 ID:

さすがオネエ提督、常識人だぜ

489:2017/05/19(金) 06:28:25.35 ID:

乙です
メガネ提督、ショタも守備範囲だった(意味深)か……
496:2017/05/22(月) 01:59:28.23 ID:

《提督とコミュニケーション》母の日編

《鎮守府》提督宅

提督(布団)「…………」(モゾ

提督「(今日は休み……動かないぞ……トイレ以外、この聖域から私は……)」

<ピンポーン

提督「……漣君か? それとも神通君」

<ピンポーンピンポピンポピンポーン

提督「……こんなに連打するということは金剛か」

提督「(>聞かなかったことにしよう)」

<ガチャン……トタトタトタトタ

提督「(この足音……金剛では、ない?)」

八雲「こーんにーちはー、母が来ましたよ~♪」

提督「」

八雲「あらあら~、ダメよこんな時間まで寝てちゃ~。ほらほら、いい天気だしお布団干すから早く起きて~」

提督「な、なぜ母がここに?」

八雲「うふふ、もうすぐ母の日でしょ~? なんだか待ちきれなくて……来ちゃった♪」

提督「な、なにを言っているのですか?」

八雲「だって~、鋼ちゃんいつもプレゼント贈ってくれるでしょ? たまには直接、受け取りたいな~って」(ウッキウキ

提督「…………」

八雲「あら~?」

提督「もう郵送しています」

八雲「え、でも~、郵便って一~二日かかるでしょ~?」

提督「最近は曜日指定という便利なシステムがあるのです、母よ」

八雲「えええぇぇぇ~……」(プクー

提督「ふ、膨れっ面をされても、送ったものを返せとは言えないでしょう。我慢してください」

八雲「ぶー……まあいいわ~、仕方ないから鋼君のお家のお掃除とみなさんにご挨拶だけして帰るわね~」

提督「どうしてそうなるのですか……」

八雲「えっと~、スキンシップ? いずれは義理の娘になる人もいるんだし~、仲良くしないと~」

八雲「――――まあ、人の息子をATM呼ばわりしたり、浮気するような塵は事前に処理させてもらうけど」(ニヤァ…

提督「私の部下にそんなことをする子はいません!!」

497:2017/05/22(月) 02:01:39.59 ID:

八雲「うふふふ、念のためよ念のため~」

八雲「ほらほら、邪魔だからはやくお布団から出て着替えて~。ご飯はコンビニでおうどん買ってきたわ~」(ルンルン

提督「(な、何故こうも楽しそうなのだ母は……)」(ノロノロ

家令<数年ぶりに坊ちゃまのお世話を焼けることを喜ばれているのですよ

提督「!?」

八雲「どうしたの~?」

提督「いえ、なんでも……」

提督「で、では、先に朝食……昼食をいただいてきます」

八雲「は~い♪」

八雲「さ~て、鋼君の好みのタイプが出てる本とかDVD探そうかしら~」(腕捲り

【この後、無茶苦茶部屋から発掘した】

(夕方)

旬彩《鳳翔》

漣「ささっ、お義母様どぞ、ど~ぞ!」

神通「きょ、今日は頑張ってお料理作りました……」

大和「腕によりをかけて作った自信作です!」

蒼龍「えっと、こっちが文月ちゃん、あっちが弥生ちゃんに手伝ってもらったんですよ~」

八雲「あ、あらあら~、私もうそんなにたくさん食べられないんだけど~」

金剛『訳:お母さん、急に来るなんて妙ね。破天荒に見えて、こういうの嫌いそうなイメージあったんだけど?』

提督『訳:……そ、そういうこともあるだろう。昔いろいろあったせいで、楽しむことを優先しがちなんだ』

金剛『訳:……フ~ン』

提督『訳:な、なんだね、その意味深なふーんは』

金剛『訳:別に……』

八雲「あ、こ、鋼ちゃ~ん、お母さん、こんなに食べられないから手伝って~」

提督「……わ、私は少食なので。金剛、すまないが比叡君辺りを連れて手伝ってやってくれないか」

金剛『訳:ハイハイ』

金剛「任せるネー! 私と比叡がお手伝いするから安心してくだサーイ!」

比叡<ヒエー!? わ、私もですかー!? 不知火さん、ヘルプしてください~(U´・ω・)

不知火<ゲップ……し、不知火にお任せください…(;U´Д`)

陽炎<やめときなさい! アンタ、鳳翔さんの作ってくれた雑炊、四回もお代わりしてるのよ!?

提督「…………」

498:2017/05/22(月) 02:18:29.47 ID:

(翌朝)

八雲「それじゃ、お母さんは帰るわね~。みんなも、急にお邪魔してゴメンなさいね~」

漣「いえいえ~、ご主人様の昔の話からいまの好みまで聞けて充実してました!」

神通「ア、アドバイス、ありがとうございました!」

蒼龍「え、ちょっと神通さんそれ私聞いてないんだけど!?」

大和「後で詳しく聞かせてもらいましょうか……」

金剛「Oh、せっかくですし駅までお送りしマース!」

八雲「あら~、そんなの悪いわ~」

金剛「遠慮しなくていいヨ! 送るのは提督デース!」

提督「!?」

八雲「あら~……じゃあ、お願いしちゃおうかしら~?」

金剛「臨時で鎮守府預かっておくネー。だから……」

金剛『訳:たまにはゆっくり、お母さんと散歩でもしてきなさい』

提督「…………わかった」

提督「で、では、いきましょうか母よ」

八雲「はいは~い、エスコートは任せたわ~」

提督「そ、そういうのは父にねだってください」

八雲「お父さんと息子にねだるのじゃ、また味わいが違うのよ~♪」

提督「そ、そういうものなのですか」

八雲「たぶん、ね~」

八雲「ね、鋼太郎」(テコテコ

提督「?」

八雲「……ありがとうね、楽しかったわ」

提督「……そうですか」

八雲「あ、もちろん文月ちゃん弥生ちゃん、あとほっぽちゃんの次の孫の顔を見るまでは頑張るから~!」

提督「せ、急かさないでいただきたい……!」

499:2017/05/22(月) 02:24:08.62 ID:

母の日ネタ終了
次回導入やったらバトルカンムスーズ大運動会編突入です
どこにどの艦娘を所属させるかが一番悩ましい
500:2017/05/22(月) 02:39:21.43 ID:

乙、母と息子の会話ですな、金剛GJ。
501:2017/05/22(月) 04:07:03.47 ID:

時間は有限ってのが無情な雰囲気
金剛ちゃんだけ察してそう
乙です
505:2017/05/22(月) 23:56:31.35 ID:

文月と弥生とほっぽの孫を見るまで頑張るだと

引用元:鎮守府の四方山話(SS速報VIP)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その1【SS】

 

 

1001 : 2017/09/24 23:58:38 ID: