Bp2yRYbCEAElknJ

534:2014/06/18(水) 00:51:07.73 ID:

金剛「ふぁー……。少し眠ったら疲れもとれてお肌もピチピチデース♪」

霧島「榛名も先ほど同じ様なことを言っていましたよ」

金剛「榛名は起きて早々にお仕事デスカ。さすがは私の妹ネ!」

提督「うーむ……滑り台をどうしたもんか……」

榛名「榛名も何かお力になれれば良いのですが……」スッ

提督(超良い匂いする)くんかくんか

霧島「それにしても榛名があんなにも乱れるとは……さすがに私でも計算出来ませんでした」

金剛「あははっ、榛名は意外とムッツリな性格かもしれないね♪まぁ、なかなかあそこまでならないでしょ♪」

霧島「そうでしょうか?何事も最初は緊張してなかなか一歩を踏み出せないものですが……」

霧島「一度経験してしまえば二度目からはアッサリ出来ちゃうものですよ?」

金剛「そ、そうなのデスカ?そう言われると……なんだか二人の距離が近いような……」

535:2014/06/18(水) 08:53:56.33 ID:

僕は比叡ちゃんと乱れたい
536:2014/06/18(水) 22:32:09.87 ID:

耳年増なネキ
537:2014/06/19(木) 00:34:07.98 ID:

提督「いろんな設備に金かけ過ぎたな……」

提督「目を洗う水道なんて20個も作るんじゃなかった」

榛名「大丈夫です。いざとなればまた榛名が安い値段で材料を譲っていただけるよう頑張りますから」

提督「いや、ダメだ。もうこれ以上榛名が他の誰かに触られるのは我慢ならん!」

榛名「提督……」ポッ

金剛「ノオオォォォ!!なにありきたりな臭いセリフでいい感じになっているデスカ!!寒過ぎネ!!」

霧島「金剛お姉様、お気をたしかに!!」

金剛「でもこれがもし本当にそうなら一大事ネ……」

霧島「何がですか?」

金剛「榛名は必ず味方になってくれると思っていたデース……でも榛名がライバルになんて事になったら……」

霧島「はい?」

金剛「霧島や比叡ならともかく、榛名だけはダメデース!この私をもってしても勝てるか微妙ネ……」

539:2014/06/19(木) 00:48:20.34 ID:

い?
542:2014/06/19(木) 01:38:21.17 ID:

ダイイングメッセージか……
548:2014/06/20(金) 01:55:24.49 ID:

霧島「あのー……今なにか凄く失礼な事を言われた気がするのですが……」

金剛「私達姉妹にはそれぞれの個性がありマース」

金剛「私には行動力、そして榛名には女子力、霧島には腕力ネ」

霧島「せ、せめて頭脳力といってください!」

金剛「頭脳力?なんだかますます脳筋って感じネ」

比叡「金剛お姉様!比叡は……比叡は何力でしょうか?」

金剛「うぅー、榛名の女子力は要注意ネ」

比叡「金剛お姉様!金剛お姉様!」

金剛「うるさいデスネー。じゃあ比叡は消臭力ネ」

比叡「しょーしゅー力ですか!気合い、入れて、いきます!」

549:2014/06/20(金) 02:03:51.32 ID:

提督「やっぱり滑り台は厳しいかなぁ……うーむ……」

榛名「提督、あまり考え込むのはよく無いですよ……?」

提督「自業自得だから仕方ないよ。心配かけて悪かったな」

榛名「いえ、それでは榛名は肩をお揉みしますね!何かいい案が浮かぶかもしれませんし」

提督「そんなに気を使わなくても」

榛名「でも……先ほどは榛名を沢山揉んでいただいたので、そのお返しです♪」

提督「やれやれ、凝りがとれるどころかますます硬くなっちまいそうだぜ」

金剛「だったら私も手伝いマース!!私もあちこち揉まれたネ!!」ダッ

550:2014/06/20(金) 02:19:00.90 ID:

金剛「肩たたきは大得意デース♪」タントン

榛名「それでは榛名は手のひらをマッサージしますね」ニギニギ

金剛(し、しまったネ!私もさりげなくマッサージと偽ってニギニギすれば良かったデース!!)

榛名「……金剛お姉様、少し相談があるのですけど」

金剛「ん?榛名が相談なんて珍しいネ。どうしたのデース?」

榛名「霧島と比叡お姉様も少しこちらへ」

姉妹会議中

榛名「提督が金銭面でお困りの様なのでカンパして差し上げたいのですが……」

金剛「みんなで出し合ってカンパすると言う事デスカ?」

榛名「申し訳ありません。榛名一人でなんとか出来れば良いのですが、額が額なだけに……」

金剛「なに水臭い事をいってるネ!私達は姉妹、遠慮は無用デース♪」

霧島「その通りです。皆で提督をお助けいたしましょう」

比叡「比叡は金剛お姉様についていきます!」

金剛「それじゃあ早速通帳をもって来マース!」

551:2014/06/20(金) 02:28:58.44 ID:

金剛「あはは、よく考えたら私もあまりお金はもっていなかったデース。レディーは何かとオシャレに気を使いマース」

霧島「実は私も最近メガネを買ったばかりで……」

榛名「榛名もそんなにありませんけど……でも足しにはなりますよね」

金剛「それもそうネ。とりあえず提督に渡しマース」

比叡「比叡の通帳もご自由にお使いください」

金剛「スズメの涙も四粒あつまればカラスの涙くら……ぃ?」

榛名「どうしたのですか?」

金剛「いち、じゅう、ひゃく、せん……ひゃくまん、いっせん…………ひえー!」

比叡「ひえー!」

金剛「ひ、比叡!こんな大金どうしたのデース!!」

榛名「すごい……」

比叡「お金は確か……オシャレさせられてなんだか偉い人を乗せたらいただきましたけど」

金剛「比叡は消臭力から財力にチェンジデース」

557:2014/06/20(金) 05:41:36.69 ID:

お召艦になった時にもらったのかwwwwww
559:2014/06/20(金) 05:57:54.10 ID:

そりゃ陛下を乗せればな
560:2014/06/20(金) 06:23:10.43 ID:

乙、お召艦って凄い(驚愕
561:2014/06/20(金) 06:39:11.89 ID:

待て、それだったら金剛も貰っていてしかるべき金じゃないのか
562:2014/06/20(金) 07:35:09.31 ID:

金剛は無意識のうちに使っちゃったんでしょ(適当)
563:2014/06/20(金) 09:13:57.56 ID:

紅茶の葉っぱはバカみたいに高いのもあるからな…こだわってたり珍しいのに手をつけてたりしたらそりゃあね…
564:2014/06/20(金) 09:26:52.12 ID:

ヒェー
565:2014/06/20(金) 10:08:59.02 ID:

比叡は財力って…
それって実質「こいつ財布」宣言のような…
569:2014/06/20(金) 18:13:33.91 ID:

ヒエーだから仕方ない。
571:2014/06/20(金) 20:45:07.56 ID:

比叡が金持ちって判明したから一航戦の二人がいっしょに食事しに誘うなこりゃあ(もちろん二人は比叡に支払わせる気満々で)

573:2014/06/21(土) 00:58:24.11 ID:

御飯艦か
574:2014/06/21(土) 01:09:50.95 ID:

御飯艦wwwwww誰うまwwwwww
575:2014/06/21(土) 03:04:55.00 ID:

金剛「と言うわけで、このお金を使ってくだサーイ♪」

提督「有難いけどそれはお前達の大切なお金だろ。大事にとっときな」

榛名「大切なお金だからこそ提督に使っていただきたいんです!」

霧島「困った時は助け合い。です」

比叡「そうそう。お金なんてまたすぐに貯まるんですから」

提督「まあ正直比叡の貯金額みて漏らしそうになったけど……」

金剛「遠慮することは無いデース!」

提督「でも約束したのは俺だからな。自分でなんとかするよ」

金剛「もう!相変わらず変な所が頑固な提督デース」

576:2014/06/21(土) 03:18:36.26 ID:

霧島「ですがどうやって……何かアテはあるんですか?」

提督「んー、まぁ一応な」

榛名「どうするおつもりなのですか?」

提督「今日は任務も終わったしちょっとバイトでもしてくるよ」

金剛「アルバイトぐらいでどうやなかなるとは思えまセーン」

提督「そんなこと無いさ。まぁちょっと行ってくるわ」

榛名「でしたら榛名もお手伝いします!」

提督「いやいや、俺一人で行くから。皆は心配しないで待っててくれよ」

霧島「ですが……」

提督「明日には帰るから。あっ
夜中に暁がトイレに起きたら面倒みてやってくれ。頼んだぞー」

金剛「あっ!ちょ、提督ぅー!!」

パタン

577:2014/06/21(土) 03:26:37.39 ID:

金剛「…本当に一人で行ってしまったネ」

榛名「こう言う時に頼っていただけないのは……少し、淋しいですね」

霧島「お身体を壊さなければ良いのですが……」

比叡「あのー、金剛お姉様。こう言うのはダメだったんですか?」

金剛「何がデース?」

比叡「いえ、お金を無償で受け取れないと言ってていはアルバイトをしに行ったんですよね?」

金剛「だからそれがどうしたのデース」

比叡「ですから、私達が提督を雇ってお給料としてお金を渡せば問題なかったのではありませんか?」

金剛「提督を……」

比叡「例えば一日執事をさせてみるとか、マッサージしてもらうとか」

金剛「執事の提督……紅茶をいれてもらって、夜はなんでも命令を……」

榛名「マッサージ……マッサージ……」

霧島「司令とご一緒にマイクチェックを……」

比叡「まぁもう行っちゃったのでどうしようもありませんけど」はふん

金剛「比叡ー……!」

榛名「どうしてもっと早く言ってくれなかったのですか!」

霧島「チェックワンツー!チェックワンツー!!」

比叡「へ?……みんな、どうし…………ひ、ひえー!!」

581:2014/06/21(土) 07:16:23.71 ID:

提督を雇ってあんなことやこんなこと…
ありだと思います(迫真)
582:2014/06/21(土) 10:14:25.25 ID:

乙、腹上死まったなしだな
583:2014/06/21(土) 10:16:46.86 ID:

なんだこのハーレム鎮守府は
直ちに爆発しろ
584:2014/06/21(土) 10:35:26.27 ID:

赤城「一航戦赤城、帰還しました」ガチャリ

加賀「同じく加賀、戻りました。……あら、提督は?」

金剛「提督ならアルバイトネ」

加賀「アルバイト?それなら仕方ないわね。このお金を返しに来たのだけれど」

霧島「それは食費として渡されたものでは?」

赤城「それが一時間食事した所で、何故かお金はいらないから帰ってくれと言われまして」

比叡「ひえー……」

榛名「それにしても提督、本当にお一人で大丈夫でしょうか……」

金剛「まぁアルバイトくらいなら大丈夫デスヨ」

榛名「でも額がアルバイトでどうこうなる物でもないですから……悩んだ末、海に身投げなんてこと……」

金剛「相変わらず榛名は心配性デスネー。提督は長門のゴリラパンチ食らってもピンピンしてるタフネス提督ヨ!」

霧島「ですがメンタル面は案外脆い所がありますから……」

金剛「こら!霧島も榛名を心配させる事言わないでくだサーイ!」

585:2014/06/21(土) 10:45:35.84 ID:

また出禁の店が増えたのか…
586:2014/06/21(土) 10:46:46.53 ID:

加賀「そう言えば前に提督と寝屋を共にした時……」

榛名「寝屋!?……ですか?」

加賀「あまりに早かったので早すぎると言ったら当分シクシク泣いていました」

金剛(シット……!加賀はてっきり赤城Love勢だと思ってノーマーク、油断してたネ……!」)

赤城「確かにあの時は慰めるのが大変でしたからねー」

比叡(ひえー!!これは、さ、ささ、3pですかお姉様ー!!)

霧島「ちなみにプレイ内容は!?チェック、チェック!!ワンツーサンピー!」

金剛「霧島、何聞いてるデース!!思春期ガールデスカ!!」

加賀「あの時は何故かシャワーも浴びずに汗をかくまでジョギングさせられて、汗だくで髪も乱れたまま提督の」

金剛「加賀も答えなくて良いデース!!」

588:2014/06/21(土) 10:59:25.16 ID:

金剛「うぅー……皆して不安を仰ぐから私まで心配になってきたネ……」

榛名「提督は心配するなと言ってましたけど……榛名、心配です」

バリバリッ!!

比叡「な、なんの音ですか!!」

赤城「お煎餅の袋を……失礼しました」もしゃもしゃ

霧島「さっき食べて来たのでは……」

加賀「仕方ありません。彩雲を飛ばして索敵、偵察してみましょう」

金剛「お願いしマース」

ぷーん

加賀「妖精さんが帰って来ましたね」

彩雲「みてきたよー!たいへんたいへん!提督さん深海棲艦に連れられて海に入ってっちゃった!」

榛名「いやぁぁぁぁ!!」

金剛「やああぁぁぁ!!」

比叡「ひえー!!」

霧島「お二人とも似た様な悲鳴を……」

比叡「……ひぇああぁぁ!?」ドヤ?

霧島(比叡お姉様はどうしても最初がヒに……)

589:2014/06/21(土) 11:08:48.00 ID:

金剛「今すぐ助けに行くネ!!」

榛名「榛名もお供します!!」

比叡「比叡も!!」

金剛「ダメネ!比叡はお留守番デース!!」

霧島「ご安心ください。提督は必ず私達がお連れします」

比叡「ちょ、ちょっと待って!どうして私だけ!?」

榛名「だって比叡お姉様はレベル16じゃないですか!!」他は全員レベル90以上

比叡「ひ……ひえー!!」ダダダッ

榛名「あっ……!わ、私、今ひどい事を……」

金剛「仕方ないデース。相手がどの程度か分からない以上私達だけで行かないと」

霧島「加賀さん、提督を最後に見た位置を」

バリバリッ

金剛「何事デース!!」

赤城「すみません。新しいお煎餅を」もっしゃもっしゃ

591:2014/06/21(土) 11:20:10.15 ID:

金剛「もおぉぉー……この一大事に何呑気に煎餅なんて食べているデース!!没収しマース!!」

加賀「あっ、いけません。そんな事をしては……」

赤城「」

戦艦お仕置き中

金剛「うぅー……この金剛が一方的にぃ……」ボロッ

加賀「ですが赤城さん、提督がきけんなのは事実かと」

榛名「そうですよ!」

赤城「何を言っているんですか。提督は心配するなと言ってたんですよね?」

榛名「それは……そうですけど」

赤城「だったら提督を信じて私達は心配せずに待っていれば良いんです」むしゃむしゃ

霧島(また食べて……)

榛名「この貫禄……まさかこれが……」

金剛「正妻の風格デスカ!?」

593:2014/06/21(土) 11:32:48.93 ID:

金剛「そ、それもそうデース。私も提督を心から信頼してマスから、ここは信じて待ちマース」

榛名「もしもの時は連絡があるはずですし……榛名も提督を信じていますから!」

霧島「では私は比叡お姉様を呼んで来ますね」

加賀「…………」

金剛「加賀もこっちに来て紅茶でも飲むネ!赤城も煎餅ばかり食べてないでこっちきてクッキー食べるネ」

赤城「金剛さん、本当にいい人ですね!さっきはすみませんでした!」

榛名(赤城さん、ちょろすぎです……)

榛名「加賀さん?どうかしたんですか?」

加賀「……いえ、なんでも」

加賀(提督が携帯を机に忘れて出掛けた事はだまっておきましょう……そもそも捕まった時点で連絡なんて出来ないでしょうし……)

ガチャッ

霧島「た、たた、大変です!置き手紙が……比叡お姉様が一人で提督を助けに……明後日の方向へ向かったと言う目撃証言も!」

この後、提督ではなく比叡を助けに出撃し、比叡は山中でレベル17になって発見された

597:2014/06/21(土) 11:54:12.64 ID:

乙、方向音痴も持ち合わせてるのか
599:2014/06/21(土) 12:50:02.94 ID:

山の中で一体ナニと闘ったんだろうかヒエーは…?wwww

600:2014/06/21(土) 12:50:05.60 ID:

この世界には山にも艦娘の経験値になるレベルの敵がいるのか……

601:2014/06/21(土) 12:57:40.69 ID:

熊と戦ったんだろ(適当)
602:2014/06/21(土) 12:58:20.19 ID:


山でもレベル上がるんだね
605:2014/06/21(土) 13:46:40.81 ID:

後の熊殺しパンチである
613:2014/06/22(日) 02:44:38.04 ID:

比叡救出の少し前。海際

提督「えーっと、次の案内はそろそろな筈だけど」

ザバーン

提督「おー、きたきた」

カ級「……アッ」

ヨ級「テイトク、テイトク」

提督「いつもご苦労様。ちょっと案内してもらって良いかな?」

ヨ級「アンナイ、アンナイ。テイトク、アンナイ、スル」

カ級「テイ、トク……コレ、ツケ……ル」カポッ

提督「ありがとう。人間は海中でこれが無いと息出来ないからな」

ヨ級「クスクス……ニンゲン、イキ、デキナイ……オモシロイ」

提督「でもカ級ちゃんのコレつけるとさながら間接キスみたいだな!何も付けてないカ級ちゃんも可愛いよ」

カ級「ケッコン……スル?」

ヨ級「ダメダメ、オシゴト……チャント、スル」

提督「しかしまぁ二人とも話しが上手く出来る様にぬったなぁ」

ヨ級「テイトク、ヨ級……モ、カワイイ、イッテ……ホシイ」

提督「もちろん可愛いよ。俺がもしペロリストならペロペロしてるくらい可愛い」

カ級「テイトク……テイトク」グイグイ

提督「よしよし、それじゃあ行こうか」ナデナデ

ヨ級「テイトク、ヨ級モ……」

他提督「(羨ましい。俺も……)イ級ちゃん、さながら間接キ」

他イ級「サッサトシロ。ニドメハ、ナイ」

614:2014/06/22(日) 02:59:18.54 ID:

カ級「モウスグ、ツク……ヨ」

提督(おー、見えてきた見えてきた)

ヨ級「テイトク、モウダイジョウブ……イキ、デキルヨ」

提督「よっ……と。いやー、いつ来ても不思議だよな。海中で息が出来るなんて」

ヨ級「クスクス……イキ、デキル、オモシロイ」

提督「にしてもまたデカく豪華になったな」

カ級「ミンナ、オシゴト……スル……」

ヨ級「ツギ、ムカエニ、イカナイト……テイトク、マダマダカエラナイ……?」

提督「明日まではいるかな?帰りも二人にお願いするよ」

カ級「タノシミ、タノシミ……♪」

ヨ級「ガンバル、カラ……ハグハグ」

カ級「ハグ……」

提督「はい喜んでー!」ムギュッ

他提督「(羨ましい)よし、俺もハ」

他ヨ級「ツギハ、コロス。ジヒハナイ」

616:2014/06/22(日) 03:17:59.03 ID:

深海棲艦の巣

別名 竜宮城

沢山の綺麗な魚が泳ぎ、深海棲艦が集まる豪華な城。

城の周囲は不思議な空間に包まれ人間でも息が出来るのは

日本中の提督か年に一度みかじめ料的な物を払いにココへってくる為である。

提督達はそれを払う代わりに理不尽な攻撃や轟沈を防ぐ契約を結ぶ。これを払わない場合、

※理不尽な攻撃 亀ハウスでクリリンと修行中にセルがくるような事態を防ぐ

※轟沈を防ぐ契約 大破した場合、必ずhpを1は残して貰える(大破進軍は除く)

たまに正義感からか契約を断る若手提督がいるが、鎮守府前海域でレ級や飛行場姫に襲われすぐに払いに来る

617:2014/06/22(日) 03:34:58.64 ID:

タ級「次の方どうぞ」

客提督「コレが今年分の」

飛行場姫「少ないわねぇ。はいはーい。つぎー」

客提督(くそっ!大和建造したら叩きのめしてやる!いや、大和建造失敗し過ぎて貧乏なんだけど)

飛行場姫「なーんか言いたそうな目ぇー。ねぇ、何かしら?ねぇ、ねぇ」ギョロッ

客提督「めっそうも無いです。あとかえのパンツありますか」

タ級「困りましたね……はぁ、次の方……あっ」

提督「やあタッキュン、元気かい」

タ級「ちょうど飛行場姫さんの機嫌が悪くて困ってたんです。なんとかしてもらえませんか?」

618:2014/06/22(日) 03:41:48.76 ID:

提督「ワハハ、相変わらずけしからんいいケツしてやがんぜ!」ぺろーん

飛行場姫「キャッ……!あんた、死…………あれ?提督じゃない♪どうしたのかしら?ねぇ、どうしたの?ねぇ!」

提督「実は日雇いのアルバイト探してるんだけど」

飛行場姫「買うわぁ♪提督の時間、そうねぇ……お給料は未記入の小切手でどうかしら♪」

提督「あ、いや、お金じゃなくて滑り台の材料にでもなりそうな物が欲しいんだけどあるかな?」

飛行場姫「滑り台?ちょっとワンコ、あんたの所なにかある?」

港湾棲姫「……ある」

飛行場姫「じゃあ決定ねぇ♪提督には一日うちで提督をお願いするわぁ♪みんな喜ぶだろうしぃ♪」

深海提督の誕生である

620:2014/06/22(日) 03:58:05.03 ID:

やっぱなめプだったんじゃないですかやだ-
材料なんて飛行場姫についてる滑走路を滑り台にすればよくね
621:2014/06/22(日) 04:51:50.58 ID:

え?何?飛行場姫が滑り台になるって?
ちょっと俺も裸で滑らせてもらってもいいですかね
622:2014/06/22(日) 05:24:14.47 ID:

女がマットに寝そべった男の上をヌルヌル滑っていく店なら知ってる
623:2014/06/22(日) 05:43:21.55 ID:

>>622
奇遇だな、なぜか俺も知ってる
626:2014/06/22(日) 09:17:21.75 ID:

むしろ提督が飛行場姫の滑り台に
材料のために身体を売る提督、ありだと思います
633:2014/06/23(月) 00:11:22.40 ID:

チ級「くうぅ……やられたぁ」ボロッ

提督「うわあぁぁぁぁ!医者だ医者を呼んでくれー!!」

飛行場姫「もう、中破くらいで大袈裟なんだからぁ」

タ級「私達は撃沈されても勝手に治りますからね。チ級も戻ってくる途中で随分修復されたんじゃ無いですか?」

港湾棲姫「海は私達にとって……天然の入渠場だから……」

タ級「とは言え最近困っているんです。こう一日に何度も何度も来られると」

提督「来られると?」

飛行場姫「珊瑚諸島沖よぉ。なーんかあの辺りで新しい艦が発見されたらしくてねぇー」

タ級「正直数を捌き切れないと言いますか……」

提督「そう言われてみれば……」

ヲ級「ヲッ……」クタクタ

ヨ級「ハァ……」ヨタヨタ

装甲空母鬼&姫「また来やがったよあいつらぁー」ボロッ

南方棲戦鬼「どうも私達に向かって一直線に来るのよね……」フラフラ

637:2014/06/23(月) 00:45:45.64 ID:

装甲空母鬼「そう言えばさっきまた新しい艦隊が来てたわよ」

装甲空母姫「もう嫌になっちゃう」

装甲空母鬼&姫「ねー!」

ヲ級「ヲッ……」うるうる

提督「ヲ級ちゃんに泣かれては仕方ない。一応今日一日はこっちの提督たわからな!行くか、珊瑚諸島沖」

飛行場姫「なになに?提督が指揮をとってくれるのぉ?だったら私も行こうかしら♪」

離島棲鬼「ま、まぁ……どうしてもと言うなら行ってやっても良いぞ?」

戦艦棲姫「面白そうね」

レ級「ニシシッ♪」

提督「それじゃあ行くか」

深海棲艦「おー!(ヲー)」

638:2014/06/23(月) 00:50:13.19 ID:

オンドゥルルラギッタンディスカテイトクー!!
639:2014/06/23(月) 00:54:07.22 ID:

れ、レ級ちゃんは違うでしょ!!(白目)
640:2014/06/23(月) 00:57:16.88 ID:

他提督「ふひひ、大鯨ちゃん待っててねぇー!ほげぇぇぇ♪」

鈴谷「うわっ、キモッ……」

山城「こんな提督に拾われて不幸だわ……」

他提督「ごめんょぉ♪そんなツンツンするなって!お前達も愛してやるから」

熊野「提督は何かとんでも無い勘違いをされているのでは?」

他提督「ほら、龍驤。ぼーっとしてたら乳揉むぞー。無いけどな!」どっ

龍驤「ちょ、キミ、さわんないで。本当に……ちょっと、さ、さわんなやボケ!!」

瑞鶴「もうやだ……」

翔鶴「無いてはダメよ、瑞鶴。憲兵に逮捕されるまでの我慢だから。ね?」

他提督「よーし、ボスが見えてきた……あ、あれ?」

飛行場姫「ナンドデモ……」

離島棲鬼「ミナゾコニ……」

戦艦棲姫「シズンデ……」

南方棲戦姫「イキナサイ」

レ級エリート「ニシシッ♪コレから無惨に敗北する艦隊さんに敬礼♪」

ヲ級改フラ「ヲッ!」ビシッ

641:2014/06/23(月) 00:59:56.42 ID:

勝てる気がしないぜ!
642:2014/06/23(月) 01:04:26.86 ID:

ひどい…
643:2014/06/23(月) 01:08:22.71 ID:

この世界では他提督は皆クズなのか
ハーレム思考が見えてなんか萎えるな
644:2014/06/23(月) 01:09:02.10 ID:

こんなんS勝利無理やん…(絶望)
645:2014/06/23(月) 01:09:52.79 ID:

勝利A 深海棲艦

他提督「んもう!なにやってんの!」

翔鶴「お言葉ですが……これだけ疲労が溜まると攻撃も当たらず……」

他提督「言い訳は良い!僕は先に島風で帰るから!反省しながら帰ってこい!島風!!」

島風「…………」スイー…

龍驤「うちもう限界やで……」

鈴谷「提督に触られた所、なんかヌメヌメする……」

瑞鶴「今なら……ヤレる……流星……!」

翔鶴「ダメよ瑞鶴!島風ちゃんが可哀想でしょ!!」

熊野「それにしても……最近は深海棲艦にも提督がいらっしゃるのねぇ……」

鈴谷「へぇー。なんか人間っぽくない?」

山城「少なくともうちの提督よりはマトモね……」

龍驤「んー……っていうか、ちょっち、かっこよくない?」

>>636
確か、赤城「焼肉食べ放題?」みたいなタイトルだったはず!

646:2014/06/23(月) 01:26:12.16 ID:

提督「うおおおいい!!怪我、怪我!!」

飛行場姫「怪我?うーん、これのことかしらぁ?大丈夫よ、こんなの放っておけば治るわぁ♪」

提督「ばい菌とか入ったら大変だろうがぁぁ!早く見せて!」

飛行場姫「本当に心配性なんだからぁ♪でもそう言うとこが好きなんだけど♪」

離島棲鬼「わ、私も怪我したみたいね。まぁかすり傷程度だけれど……」チラッチラッ

提督「どこー!!」

戦艦棲姫「むっ……次の艦隊が来た様だが」

提督「それどころじゃないから!!スルースルー!!」

ワイノワイノ

雪風提督「よーし、ボスについたぞー」

雪風「おかしいですね。敵がいませんよ?」

時雨「提督、あそこに迷子がいるみたいだけど」

雪風提督「まいご?」

飛龍「偵察機で見て見ましょうか」

伊58「あれは大鯨ちゃんでちー♪匂いでわかるでち!」

雪風提督「あっ、本当だ!連れて帰っていいのかな?」

大鯨「あの……よろしくお願いします」

雪風提督「すみませーん!戦ってないんですけどこの子連れて帰って大丈夫ですかー?」

レ級「んー、よく分かんないけど今忙しいから良いんじゃねー?」

雪風提督「ありがとー!」

648:2014/06/23(月) 04:37:33.39 ID:

切実に雪風提督のなりたい
649:2014/06/23(月) 06:49:13.75 ID:

さすがの幸運艦
650:2014/06/23(月) 06:52:14.45 ID:

雪風提督いいなぁ
651:2014/06/23(月) 07:40:42.92 ID:

流石幸運艦のパートナーの提督なだけはあるな…
652:2014/06/23(月) 07:47:09.66 ID:

提督「さて、とりあえず修理は完了したな」

龍驤「なんや敵さんに助けてもろうてすまんなぁ」

提督「どちらかと言うと俺もそっち側の提督だけどね。それに半分はそちらの提督さんのバケツだから」

翔鶴「そちらの提督さんも私達に高速修復材を使っていただいて……ありがとうございます」

雪風提督「いえ、僕は昔から運だけは良くて……バケツを持っていたから皆さんを助けることが出来て今日も幸運でした」

提督「ただ随分疲労が溜まってたみたいだし、しばらくは安静にね」

瑞鶴「うっ、ううっ、翔鶴姉ぇー……!うわぁぁぁん」

翔鶴「ちょ……どうしたの?」

瑞鶴「こんな優しくされて嬉しいのと、あんな提督に拾われて悲しいのがいっぺんにきて……うあぁぁぁん!私もこっちの提督がいいよぉ!!」

雪風提督「そんなに問題がある提督なんですか?」

鈴谷「そりゃー、ねぇ。毎日毎日セクハラセクハラで嫌になるって!」

提督「とんでもない提督だな」しれっと

653:2014/06/23(月) 08:03:36.02 ID:

おまいう
654:2014/06/23(月) 08:06:56.52 ID:

嫌がってないならハラスメントではない
そういうことですね
655:2014/06/23(月) 08:08:56.82 ID:

雪風「しれぇ。しれぇもセクハラとかしたいですか?」

雪風提督「ええ!?いや、僕はそんな……」

時雨「興味があるなら……提督になら、うん。ボクはけど……」

伊58「ゴーヤもてーとくにならなにされても良いでち♪」

飛龍「はいはい、子供がそんな事言ってちゃダメですよ。あとは大人の私に」

長門「お前には多聞丸がいるだろう。提督の相手は私に任せてもらおう」

雪風提督「もう!みんなやめてよ!!人前でそんな……恥ずかしいだろ!」

時雨「恥ずかしがる提督の顔、ちょっと見ていたいかな」

伊58「顔が真っ赤でち!提督は可愛いでち♪」

雪風「雪風に羞恥心はありません!」スケー

飛龍「ほんとに可愛いなぁ……!提督、多聞丸って呼んでも良いですか!?」

長門「なんだ、こう……握り潰したくなる可愛さだな……」

雪風提督「なにそれ怖いよ!普通は抱きしめたくなるとかでしょ!?」

長門「なんだ、提督は抱きしめてもらいたいのか?そうかそうか、ではこの胸に飛び込んでこい!」

時雨「ボクの胸でも良いんだよ?」

雪風提督「時雨まで何言ってー」

ワイノワイノ

提督「やれやれ、……死ぬほど羨ましい!!」

飛行場姫「♪」

この後、姫達全員に抱き回された

656:2014/06/23(月) 08:35:55.98 ID:

龍驤「さてと、ほなうちらは地獄に帰ろか」

瑞鶴「うわぁーん、なにが幸運艦よぉー!!」…

熊野「気は進みませんけど……仕方ありませんわね」

雪風提督「あの……」

鈴谷「ん?」

雪風提督「えっと……ちょっと失礼します!」ギュッ

龍驤「ええ!?な、なな、なんやのこれ!?こんなん、うち……あかんて、勘違いしてまうやん……」とろん

熊野「そ、そういう破廉恥な行為はよろしくなくってよ!」

雪風提督「ごめんなさい!」ギュッ

熊野「なっ!熊野にまでこの様な行為を……提督さんも熊野に、な……何か勘違いをさせる気なので……」カアアァァ

鈴谷「って言うか、手を握られただけで大袈裟じゃん?」

雪風提督「よろしければ皆さんも。少しですが幸運のおすそ分けです」

山城「こんな事で幸運になんてなるわけが」

瑞鶴「ちょっ!山城さん凄い幸運ゲージがあがってるよ!幸福ってるよ!!」

翔鶴「幸運艦カッコカリである瑞鶴には幸運ゲージが見えている(自称)らしいんです」

657:2014/06/23(月) 09:01:18.90 ID:

鈴谷「ん?最上から電話じゃん。もしもーし」

熊野「その、そちらの鎮守府の連絡先なんて教」

鈴谷「ええぇー!!ちょっ、マジで言ってんの!?……うん、うん、わかった!」

熊野「どうしたと言うんですの?大きな声を出してはしたない」

鈴谷「た、大変なんだって!あの提督が憲兵にしょっぴかれたって言ってた!!」

雪風提督「それじゃあもう次の提督も用意されてたんですね」

翔鶴「はい。上の人も分かってたんでしょう。いつかやらかすと」

雪風提督「やらかすって、いったい……」

鈴谷「とうとう駆逐艦にまで手を出して捕まったんだってさぁ」

提督「とんでもない□リコン野郎だな」キリッ

658:2014/06/23(月) 09:13:00.30 ID:

鈴谷「んじゃ、私達帰るね。今日はパーティーなんだってさ!新しい提督の歓迎会と祝勝会!」

雪風提督「僕達も帰りますね」

龍驤「二人とも、ほんまおおきにー!」

提督「行っちゃったな」

レ級「ニシシッ。何さみしそうな顔してんだよ!あんたにはあたしらがいるじゃん!」

ヲ級「ヲッ」

提督「いや、そうじゃなくてさ……」

ヲ級「ヲ……?」

提督「出番……少なかったな。なんか、影薄くね?」

離島棲鬼「分かるわ。その気持ち……私がイベント最終マップのボス旗艦だったのに……私の晴れ舞台を……」

戦艦棲姫「港湾棲姫のことか?」

離島棲鬼「え?……あ、そうね」

660:2014/06/23(月) 09:16:02.46 ID:

乙、駆逐艦はアウトと…あれ?最近手を出していたよぅな…
661:2014/06/23(月) 09:17:43.97 ID:

3アウトまではチェンジしないんだろ(遠い目
663:2014/06/23(月) 09:53:40.46 ID:

3アウトどころか試合が終わるほどやってるような(震え声)
675:2014/06/24(火) 16:27:39.75 ID:

提督「それじゃあ一応提督っぽい仕事しておくか。まずはココまでたどり着かせない為には……」

提督「最初の交戦ポイントにボスマスの鬼と姫を並べて出鼻をくじこうか」

飛行場姫「初っ端にダメージをあたえれば帰るかもしれないわねぇ♪」

提督「その次、どっちに行っても潜水艦マスだから……旗艦をソ級にして陣形は単縦だ」

提督「次のマスはそのままにして……いや、上ルートにもタッきゅんについてもらおうかな」

タ級「人使いならぬ戦艦使いが荒いですね」

提督「終わったらマッサージでもなんでもするからさ!」

タ級「マッサージ……なんでも…………ま、まぁ仕方ない。付き合ってさしあげます」

提督「あとは主力艦隊だけど、さすがに姫鬼が四隻も必要ないだろうし二隻づつ交代でついてもらおうかな」

戦艦棲姫「なら私はこの子と一緒にお願いする。この子、私が付いてないとダメだから」

離島棲鬼「べ、別に一人でも大丈夫だし!ばーかばーか!!あいつらなんてココマデ……ryとか言ってればイチコロなのよ!」

提督(本性は子供か)

676:2014/06/24(火) 16:33:03.76 ID:

今なんでもって
677:2014/06/24(火) 16:51:24.01 ID:

タッきゅんの一人勝ちか
678:2014/06/24(火) 21:25:20.15 ID:

もう少し続きますが次に活躍する艦娘を>>679でおながいしまさ
679:2014/06/24(火) 21:27:12.69 ID:

680:2014/06/24(火) 21:28:45.47 ID:

>>679
よくやった
681:2014/06/24(火) 22:05:46.16 ID:

(愛宕さん…)
683:2014/06/25(水) 01:34:32.93 ID:

乙です
暁が活躍…
なんだろう張り切りすぎて空回りしそう
684:2014/06/25(水) 01:37:48.23 ID:

レ級「あたしも暇だし手伝うよ!」

ヲ級改「ヲッ!」

提督「ありがとう。お前達がいれば心強いよ」

飛行場姫「でもこんなに強化してよかったのー?貴方だってココに来るかもしれないのにぃ」

提督「こまります!」

カ級「センリョクガイ……ツウ、コク……?しょぼーん

ヲ級「ヲ……」しょぼぼーん

飛行場姫「そうねぇ……新しく入れた代わりにあぶれた子はどうするのかしらぁ?」

提督「この子達は帰って俺と一緒に勉強だ」

カ級「イッショニ……イッショニ」

ヲ級「ヲッ!」

687:2014/06/25(水) 09:00:31.80 ID:

夜 竜宮城

提督「良いか?レ級ちゃんみたいな練度の高い感はもうやってることなんだけど」

ヲ級「ヲッ」

提督「とにかく一番HPの少ない艦を狙うんだ。大抵の場合はそれで撤退するはずだからね」

タ級「今帰りました」

カ級「オカエリ」

提督「お疲れ様」

ヲ「ヲー」

提督「次に空母は一部を除いて中破にすれば攻撃ぐ出来なくなる。これも大事だ」

タ級「あー……なんでしょう。さすがにいつもの倍働いたから肩がこりましたね」チラチラ

提督「カ級ちゃんは先に軽巡とか駆逐を倒した方がいいからね」

タ級「…………ハァ」

ヲ級改「ヲ?」

タ級「そんな事無いわよ。少しつかれたから寝るわね……」

ヲ級改「ヲー」

タ級「え?そんなわけ無いでしょ。バカなこと言ってないであなたも休みなさい」

ヲ級改「ヲ」

タ級「おやすみ」

689:2014/06/25(水) 09:10:12.04 ID:

提督「次は相手に軽空母がいた場合」

ヲ級改「ヲ!ヲ!!」

提督「え?タッきゅんが元気ない?」

ヲ級改「ヲー」

提督「そんなに疲れてたのか……じゃあちょっと早いけどマッサージしてくるか」

カ級「ベン……キョウ」

提督「今日は遅いからまた今度しような」

タ級の部屋

タ級「はぁ……疲れた」バタン

ガラッ

提督「揉みほぐしに来ました!!」

タ級「キャッ!」

提督「キャッ!?」

タ級「……」

提督「……」

タ級「提督、何か用ですか?」

690:2014/06/25(水) 09:16:05.16 ID:

提督「約束のマッサージしにきたよ」

タ級「そうでしたか。すっかり忘れていましたが……」

提督「マジで!?」

タ級「ですがせっかくですし……お願いします」

提督「じゃあうつ伏せに寝転んでくれるかな」

タ級「こうですか?」

提督「んじゃ始めるよ!」

タ級「それにしても提督がマッサージをするなんて不思議ですね。普通は逆だと思いますが」

提督「大丈夫大丈夫!昔ちゃんと勉強したから!アダルト的なビデオで!!」

タ級「そうですか。なんだかよくわからないですけどそれなら安心ですね」

691:2014/06/25(水) 09:23:27.38 ID:

提督「……」むにっ

タ級「……っ」

提督「これは……」むにむに

タ級「んっ……」

提督「なるほどなるほど」むにむにむにむに

タ級「て、提督、先程から何故お尻ばかり……やっ、ぁ……」

提督「タッきゅん……いい尻してるな!」

タ級「はい!?」

提督「なんか新しい何かに目覚めそうだ……!」モニモニモニ

タ級「提督、だ……だめ、です……」

提督「反応も可愛いし」ツツー

タ級「んっ……背中、なぞらないでください」

提督「……ふぅ」

この後もめちゃくちゃ揉みほぐしたりなぞったりした

692:2014/06/25(水) 09:32:31.82 ID:

キラ付け(意味深)
693:2014/06/25(水) 09:36:17.94 ID:

提督「さてと、こんなもんかな」

タ級「ハァ……ハァ……、もう……だめ……っ」

提督「タッきゅん」

タ級「なん……ですか……?」

提督「今日も一日お疲れ様」ナデリ

タ級「私の頭を撫でるのなんて……提督くらいですよ……」

提督「あ、つい癖でやってたけど……嫌だった?」

タ級「いえ、悪くはないです……」

提督「さてと、そろそろ最後の戦いに行くか」

タ級「戦い……ですか?」

提督「ああ。文字通り精子をかけた戦いになぁっ!!」ダッ

ガチャ

飛行場姫「もう、待ちくたびれちゃったわぁ♪さぁ……」

離島棲鬼「わ、私も一人前のレディーとして奉仕してもらおうか」

戦艦棲姫「無理はするな。私が代わりに二人分呑み込んでやろう」

南方棲戦姫「だったらワタシは呑み込んでもらおうかしら♪」

港湾棲姫「私は……別に……」

提督「全員まとめて撃沈してやるさ!」むんず

港湾棲姫「な……なんで私からー!!」

この後めちゃくちゃ朝まで搾り取られた

694:2014/06/25(水) 09:48:02.74 ID:

提督「拝啓、母上様。お元気ですか?私は今、…………拘束されています」

金剛「白状するネ!!」

提督「味方に」

金剛「何を独り言言ってるデース!!証拠はあがっていマース!!」ピラッ

「青葉通信 提督、珊瑚礁沖で姫達と秘密の密会!そのままホテルへ姿をくらませる!!」

青葉「青葉、見ちゃいました!」

提督「だからそれには海よりも深いわけがあって!だいたいホテルじゃなくて深海棲艦の巣だから!」

青葉「青葉、ちょっと盛っちゃいました!」

金剛「私にこんなにも心配させて敵艦と逢引なんて……許せないネ!!」

愛宕「金剛、少し落ち着きなさーい。提督にも何か理由があったのよきっと。話を聞いてあげなくちゃ」

提督「そうなんだよ愛宕!本当にお前がいてくれて助かっ」

愛宕「そう……ここにいる全員が納得いくような凄い理由があったのよ。それ以外許される訳ないんだから♪」

提督「あ、あれ……?」

695:2014/06/25(水) 10:06:10.85 ID:

提督「かくかくしかじか」

金剛「つまり頼まれた滑り台の為にアルバイトをしていたと言う訳ネ……?」

提督「はい!」

金剛「だったら私達からお金を貰えば良かったネ!!提督を他の……しかも敵艦に取られるくらいならそっちの方が百倍マシデース!!」

提督「取られるってそんな……」

榛名「…………」クンクン

提督「ちょ、榛名!?縛って匂い嗅がれるとか何このプレイ!!」

榛名「なんだか提督から嗅ぎ慣れない女性の匂いが……」クンクン

提督「ヒエー!!」ぴんっ

金剛「これは……丁度良いデース」ジー

提督「ちょっ、なんでチャックを?!あっ、こら!」

金剛「いただきマース」パクッ

696:2014/06/25(水) 10:13:50.31 ID:

提督「こんな大勢の前で……!もうお嫁に行けない!!」

金剛「だいひょうふへ……ちゅぱっ♪駆逐艦や子供達はいないから安心して出してくだサーイ♪一日放置されたならタップリたまっている筈ネ」

提督「ハッ!」

金剛「はむっ……、ん」

榛名「はわわ……」

比叡「金剛お姉様、金剛お姉様……っ!」びくびくんっ!

提督「ああっ!」

金剛「んっ!!……ん、んんっ、んぐ……ごくっ、ごくっ…………ぷはぁ」

提督「……」

金剛「やっぱり提督にしては量も少ないし濃度も薄いネ!!」

提督「濃度とか言うなよ!ソムリエ?!」

愛宕「もう、飲んじゃったらよく分からないじゃなーい。さぁ提督?今度は皆に分かる様に私の胸に出して下さいね?」

提督「いや、今全部出たから……」

愛宕「提督ったら♪普段ならまだまだ全然余裕じゃないですか♪ましてや二日分なんだから♪」

提督「もう本当に今日は調子悪くて……」

愛宕「よい、しょ♪」パイ

提督「あああっ!!」

愛宕「ふふふ♪」ズリ

697:2014/06/25(水) 10:28:18.36 ID:

ヤ り ま し ま
698:2014/06/25(水) 10:40:45.02 ID:

唐突なR-18展開
699:2014/06/25(水) 10:43:07.15 ID:

愛宕「これは……有罪ねぇ」

金剛「こんな少しだけ(一般人の倍程度)しか出ないなんで、言い訳出来ないデース!」

提督「ほんとに……向こうでは殺伐とした感じで」

ガチャ

飛行場姫「提督、来たわよー♪」お肌ツヤプリ

提督「あっ……」

飛行場姫「あらぁ?なんだかまずい状況かしらぁ?」

金剛「とても殺伐としているようにはみえないデース」

飛行場姫「約束の滑り台、私がやることにしたのよ♪昼は子供達を滑らせてぇ……夜は提督に滑って貰おうかしらぁ♪(意味深)」

金剛「提督は明日までこのままネ」スタスタ

提督「ちょ……」

愛宕「もうー、金剛ったら甘いんだからぁ」スタスタ

提督「あの……」

飛行場姫「なーんか子供達が待ってるみたいだし行ってくるわぁ♪」スタスタ

スタスタスタスタ

提督「お、おーい」

703:2014/06/25(水) 11:05:55.75 ID:

提督「やれやれ……自業自得か。仕方ないな……パンツを穿かせて貰えただけでも良しとするか」

提督「今月はこれで3回目か…………」

提督「……たすけて」

ガチャ

暁「司令官、暁はもっと大人っぽい水着が欲しいんだけど!」

提督「暁!いや、超一流のレディー暁さん!助けてください!!」

暁「え、ええー……、でも助けちゃだめって言われてるし……また何かしたんでしょ?」

提督「そこをなんとか!大人っぽい水着でも下着でも買ってあげるから!」

暁「ほんと!?……あっ、ま、まぁ一人前のレディーとして見過ごせないし助けてあげるわ!」しゅるっ

提督「助かった……」

暁「ねぇ司令官!早く買いに行きましょ!」

提督「よーし、パパ買い物して3階のゲームコーナーにも連れて行っちゃうぞー!」

暁「べ、別にゲームコーナーとか子供っぽいのは興味ないし……でもせっかくだし付いて行ってあげても良いけど!けど!!」キラキラ状態

提督「じゃあこっそり出かけようか。バレたら大変だ」

暁「ちょっとドキドキしてきたかも……!」

この後いつも通り赤城と加賀を間宮食堂のチケットで買収して脱出に成功した

704:2014/06/25(水) 11:07:33.16 ID:

またかきますよ!ええ!
705:2014/06/25(水) 11:08:31.19 ID:

ぶれない一航戦すき
706:2014/06/25(水) 11:11:23.63 ID:

焼肉に回転ずし…

次はどんな食べ放題ですかね!?

708:2014/06/25(水) 11:28:12.22 ID:

提督食べ放題だろ
709:2014/06/25(水) 11:31:49.34 ID:


提督は種馬なんだなぁ
710:2014/06/25(水) 12:34:30.83 ID:

乙です
711:2014/06/25(水) 12:40:03.68 ID:

しゃぶしゃぶ(意味深)がいいです!



引用元:【艦これ】赤城「回転寿司の食べ放題?」 加賀「さすがに気分が高揚します」SS速報VIP

1話:【艦これ】赤城「回転寿司の食べ放題?」 加賀「さすがに気分が高揚します」その1【SS】

2話:【艦これ】赤城「回転寿司の食べ放題?」 加賀「さすがに気分が高揚します」その2【SS】

3話:【艦これ】赤城「回転寿司の食べ放題?」 加賀「さすがに気分が高揚します」その3【SS】

■前話リンク

引用元:【艦これ】赤城「焼肉食べ放題?」 加賀「さすがに気分が高揚します」

1話:【艦これ】赤城「焼肉食べ放題?」 加賀「さすがに気分が高揚します」  【SS】 

2話:【艦これ】不知火「ケッコンカッコカリ??」【SS】

3話:【艦これ】提督「今日の秘書官は響か。」響「にゃんぱすー」その1【SS】

4話:【艦これ】提督「今日の秘書官は響か。」響「にゃんぱすー」その2【SS】

5話:【艦これ】潮「あ、あの……潮、本日の秘書艦に着任いたしました……」 【SS】

6話:【艦これ】潮「あ、あの……潮、本日の秘書艦に着任いたしました……」その2 【SS】

7話:【艦これ】金剛「提督ぅー、仕事ははかどってるネー?」グリグリ  【SS】

8話:【艦これ】金剛「提督ぅー、仕事ははかどってるネー?」グリグリ その2【SS】

9話:【艦これ】金剛「提督ぅー、仕事ははかどってるネー?」グリグリ その3【SS】

10話:【艦これ】夕立「夕立が秘書艦っぽい?」その1 【SS】

11話:【艦これ】夕立「夕立が秘書艦っぽい?」その2 【SS】

1001 : 2017/08/23 23:58:38 ID: