3bfe2322-s

217:2014/02/14(金) 21:25:45.97 ID:

すごい雪です。明日、朝一で出るけど電車は大丈夫なのでしょうか。
今からちまちま書いていきます。
218:2014/02/14(金) 22:13:22.66 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》大和編2

《鎮守府》提督の部屋

大和「提督、ついにケッコンカリが実装されましたね♪」

提督「……う、うむ、らしいな」

大和「私、頑張りますから……待っています」(熱い眼差し

提督「……一つ聞きたいのだが、大和君?」

大和「リ、リングのサイズですか? 大和はたぶん1番です……艤装を使っているせいか、ちょっと太いかもしれませんね……」(テレテレ

提督「(そうではなく、何故こんな時間に君が私の部屋にいるのかを聞きたい……)」(チラ

現在時刻:深夜0時

大和「あ、もうマルマルマルマル……深夜ですね。提督、そろそろお休みにならないと」

提督「(もう……寝よう。朝からケッコンカッコカリの話ばかり振られて疲れた……)」(疲労度:真っ赤

提督「(身を固める……か)」

提督「……考えても仕方のない問題だ。大和君、(帰る時の)戸締りは頼んだよ」

大和「はいっ、お任せください!」

219:2014/02/14(金) 22:38:15.70 ID:

《提督の部屋》寝室

提督「ぐぅ……」

大和「――――提督……も、もうお休み……ですか?」(湯上り浴衣

提督「すや……ぐぅ……」

大和「フフ、とても穏やかな寝顔」

大和「………失礼、します」(ベッドイン

提督「む、ぅ……うぅ、私のパーソナル……スペースが……」(脂汗

大和「提督、苦しいのですか? 大丈夫、大和がそばについていますから……ずっと、ずぅっと……」(抱きしめ

提督「ふぐ、う――――」(失神

大和「(……どうしましょう、体の火照って仕方がありません)」(ゾクゾク…

220:2014/02/14(金) 22:50:15.66 ID:

《鎮守府》提督の部屋

時刻:早朝四時

提督「ぅ……もう朝か。昨日はやけに寝苦しかったのだが……真夏に全身を鎖で縛られて道路へ転がされる夢を見てしまった…………し」

大和「すぅ……すぅ……」

提督「」

提督「…………」(頬つねり

提督「(長いようで……短い提督生活であった)」

221:2014/02/14(金) 22:52:41.61 ID:

大和ベッドインネタ、これで終了。とりあえず、なにもなかったですよ。
次は蒼龍ネタ書いてきます。……3-4がクリアできないのですが、どうすればいいのでしょうか。
222:2014/02/14(金) 22:56:58.93 ID:

乙でした

3-4? イオナがない現状どうしようもないです。祈るしかないです。

223:2014/02/14(金) 23:56:18.01 ID:

戦艦と雷巡でゴリ押せ
後は祈るのみ
224:2014/02/15(土) 00:11:43.77 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》蒼龍編2

《艦娘用宿舎》廊下

蒼龍「ふぅ~……いいお湯だった。ここの鎮守府、私たち艦娘のための設備が整ってるから最高ね♪」(湯上り浴衣

提督「(漣君や文月君たちと一緒に食事をしていたら、すっかり遅くなってしまった……、一部の艦娘と親密に接するのは。他の艦娘からすれば依怙贔屓とも取られかねんというのに……)」

蒼龍「やだ、お風呂に入ったばかりなのにちょっと汗かいてきちゃった……」(胸元パタパタしながらコーナーへ

提督「(こういうところから信頼関係というのは崩れていくのだろうな……)」(かぶりを振りながらコーナーへ

<ドンッ

蒼龍「きゃっ」

提督「っ、す、すまない、考え事をして……」

蒼龍「~~~~!!」(胸元おっぴろげ

提督「す、すまっ……!」

蒼龍「せ…………責任とってくださ~~~~~いっ!!」(脱兎

提督「」

225:2014/02/15(土) 00:26:20.82 ID:

《鎮守府》執務室

提督「――――」

憲兵A「……で、責任を取れと言われて我々を呼んだわけですか」

提督「はい。どうか厳罰な処分をお願いいたします」

憲兵B「(この前も艦娘と同衾したとかで我々を呼んだよなこの人……)」

憲兵C「(前に実施した職場の満足度調査、ここは問題なかったはずだけど……)」

憲兵B「(強いて言うなら……もう少し気軽に接して欲しいとかコミュニケーション取って欲しいとか、親密度を上げて欲しい的な意見が多かった)」

漣「んん~~~~!! んぐ~~~~!!」(簀巻き

226:2014/02/15(土) 01:19:29.69 ID:

憲兵A「提督殿を連行させたりはしないと暴れるので、やむなく拘束したが……」

憲兵B「前回と同じでこの提督殿の被害妄想のようですな……」

憲兵C「いますよね、人の好意や言葉を全部悪い方向に捉えるネガティブな人……」

提督「ただこれだけはお願いします、ここにいる艦娘たちにはしかるべき就職先を用意してあげて欲しい……」

憲兵A「いや、あなたを拘束すると艦娘たちの叛逆が起きるので、これまで通りにやってくださいとしか……」

提督「む?」

漣「んぐぐぐ~~~~(ご主人様に手を出したらただじゃおかないから)!! んぅう~~~~~(痛い目見てから謝っても遅いんだからね)!!」

憲兵B「(この人、本気で女の子の好意を『きっと裏があるに違いない』とか考える人間的に残念なタイプだな)」

憲兵C「(あなたレベルの提督を簡単に切り捨てるわけないでしょうJK……)」

227:2014/02/15(土) 01:24:11.32 ID:

蒼龍ネタこれで終了。艦爆ポロリってこんな感じでよかったのでしょうか。
あと、途中の投下の句読点がおかしくてすみませんでした。

>>223-224 編成は駆逐・軽巡。軽巡。戦艦・空母空母でボス前までは必ずいける感じ。
まったりやっているので毛根にダメージがいくことはないけど、やっぱりもう少し編成なりレベル上げなり考えた方がいいんですよね、たぶん。

228:2014/02/15(土) 02:12:13.24 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》那珂編

文月「がんばって笑ったって~♪」

漣「フゥーフゥー!」

曙「(上手い……)」

潮「文月ちゃん、お歌上手……」

朧「これは……かなりの高得点」

提督「(カラオケに行こうと誘われたのはいいが……どうもこういう場所はなじみにくい)」

提督「すまない、私は少し席を外すよ」

漣「あ、は~い。次は漣とデュエットですから、早くもどってきてくださいね」

提督「……了解した」

提督手洗い中……

提督「ふぅ……しかし、私が艦娘たちの気晴らしに参加してよかったのか…………む?」

229:2014/02/15(土) 02:16:31.29 ID:

《カラオケルーム》個室

那珂「川内ちゃんも神通ちゃんも~那珂ちゃんも~、米食え米~!」

那珂「……う~ん、もうちょっと抑揚付けた方がいいかな~。那珂ちゃんファイト!」

提督「………頑張ってくれたまえ、那珂君」

230:2014/02/15(土) 02:20:19.24 ID:

那珂ちゃんヒトカラネタ、これで終了。あれで一人の時はいろいろ努力していると思う。

すみませんが、今日はこれで終了ということで。
次回からのネタ募集。

↓2
↓3
↓4
↓5

鎮守府所属艦娘は
戦艦―大和、伊勢
空母―赤城、大鳳、蒼龍
軽空母―鳳翔、祥鳳、瑞鳳
重巡―青葉
軽(雷)巡―川内型、球磨型
駆逐―綾波型、陽炎、不知火、文月、弥生他少数

このキャラでこんなネタを、と書いていただけると感謝です(あまりにエロかったりグロかったり鬱だと書くのが難しいのでご容赦を、なのです)

231:2014/02/15(土) 02:23:41.94 ID:

瑞鳳ちゃんが近くに居るから集中できない提督に瑞鳳ちゃんが「仕事しようよ」って言って
それでかえって凹む提督とそれを見てあわあわする瑞鳳ちゃんが見たいです
232:2014/02/15(土) 02:24:07.34 ID:

球磨と多摩とこたつに入ってお茶を飲む

233:2014/02/15(土) 02:24:31.43 ID:

落ち度だらけの不知火
234:2014/02/15(土) 02:24:39.90 ID:

それと連投になるが乙
安価下
235:2014/02/15(土) 02:25:56.20 ID:

北上さんとダラダラグダグダ
236:2014/02/15(土) 02:29:08.94 ID:

建造はあり?
羽黒ちゃん出したい

無理なら安価下

237:2014/02/15(土) 02:31:29.21 ID:

乙ー
蒼龍リクの者だけどあれでオッケーっすよ
さんくす
241:2014/02/16(日) 12:39:12.86 ID:

>>237 基本的にああいう毒にも薬にもならない話しか書けなくてすみませんです。オッケーといただけて感謝。
238:2014/02/15(土) 02:58:29.44 ID:

大鳳に懐かれ付きまとわれる提督
239:2014/02/15(土) 04:21:42.08 ID:

乙です
240:2014/02/16(日) 12:38:24.26 ID:

みなさま、ケッコンおめでとうございます。
少し時間が出来たのでちまちまと書いていきます。
242:2014/02/16(日) 12:41:21.75 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》球磨多摩編

提督休日……
《鎮守府》提督の部屋(炬燵)

球磨「クマ~……雪合戦の後の炬燵はまさに至福クマ~」(ぬくぬく

多摩「多摩は炬燵で丸くなるにゃ~」(ぬっくぬく

提督「(まったり寛いでいたら、いきなり炬燵に乱入された……足が当たっている……すごく冷たい)」

提督「…………」(蜜柑むきむき…

球磨「クマ~……提督、球磨もお蜜柑ほしいクマ~」(アーン

提督「…………」(ポイ…

球磨「甘いクマ~♪」

多摩「にゃ~……」(アーン

提督「…………」(ポイ…

多摩「おいしいにゃ~♪」

球磨「クマ~」(アーン

多摩「にゃ~」(アーン

提督「…………」(ポイポイポイポイ…

244:2014/02/16(日) 12:57:29.84 ID:

漣「動物園で餌あげてる飼育員さんみたいですねー」(お茶淹れてきた

提督「……なんとなく私もそんな気がしていた」

漣「はい、ご主人様、お茶ですよ」(炬燵イン

提督「すまない、ありがとう」

漣「いえいえー」(ぬくぬく

漣「ああ、そうだ。ご主人様、口開けてください」

提督「む……?」(あー

<提督のお口にチョコをシュゥゥゥッ!(超エキサイティングボイス)

漣「ちょっと遅めのバレンタインって奴です」(ウインク

提督「…………」(モゴモゴ

漣「~♪」(蜜柑むきむき

球磨「……提督、お蜜柑のおかわり欲しいクマー!」(アーン

多摩「なるたけすっぱいのが欲しいにゃ」(アーン

提督「む……」(蜜柑むきむき

245:2014/02/16(日) 12:59:48.01 ID:

球磨多摩とこたつでお茶ネタ、終了。
前回も多摩ネタは漣にオチを奪われていたような気がします。
246:2014/02/16(日) 13:17:31.75 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》不知火編

提督「…………」(カリカリ…

不知火「…………」(そわ…

提督「…………」(カキカキ…

不知火「…………」(そわそわ…

提督「(見てる……後ろから書類の進み具合をすごく見てる……)」(キリリ…

不知火「(秘書艦として完璧なタイミングでお茶を出さなくては……)」(そわそわそわ…

提督「あ、あの、だな……不知火君」(チラ…

不知火「お茶ですね。お任せください、すぐにお持ちいたします」(ダッシュ!

提督「」

247:2014/02/16(日) 13:18:12.95 ID:

《10分後》給湯室

不知火「…………」

提督「お茶の葉はここで……コーヒーはこちらにまとめてあるから……」

不知火「…………申し訳、ありません」(ショボン

提督「い、いや、基本ここは漣君に整理してもらっているから……わからなくても仕方がない、うん」

提督「(なんでもかんでも認印が必要というのは手間だな……確認に時間がかかるし)」(ポンポンポンポン…

不知火「(もうすぐお昼時。司令の仕事が一段落ついたところで、さりげなく食事を取ることを進言しましょう。きっと褒めていただけます)」(ワクワク

提督「(不知火君が目を爛々と輝かせている……な、なにを狙っているのだろうか)」(ビクビク…

<クゥ~……

不知火「」

提督「…………不知火君?」

不知火「……くっ」(ジワ…

提督「な、泣かなくていいっ、そうだな、もう昼時だ、そ、そろそろ食事に行かないといけないと考えていたところだ……」

不知火「……」(コクコク

248:2014/02/16(日) 13:20:47.91 ID:

《鎮守府》食堂

不知火「司令はこちらでお待ちください。不知火が食事をお運びいたします」(キリッ

提督「そ、そんな気を遣わないでほしいのだが……」

不知火「不知火に、お任せ、ください」(目力

提督「…………お、お願い、しよう」(目そらし

不知火「(やっと、やっと司令のお役に立つ時が来ました)」(カチャカチャ…

提督「あ、お、おい不知火君、あまり急ぐと……」

<コケッ

不知火「あら?」

<どがばしゃーん(閣下ボイス)

提督「」

不知火「……不知火に、なにか……落ち度、でも……」(プルプル…

提督「な、ないぞ、不知火君に落ち度はなかった。た、ただ、なんだ、あれだ、そ……そうだ、少し、ほんの少しだけ張りきり過ぎただけだよ……」

不知火「ふぐ、ぅ……うぅぅぅぅぅっ……!」(マジ泣き

陽炎「……不知火ってさ、動物に例えたら絶対にハスキーだと思うの。それも散歩の途中に飼い主ばっか見てて川に落っこちるタイプの」

伊勢「あー」(納得

249:2014/02/16(日) 13:21:52.46 ID:

落ち度だらけの不知火ネタ、終了。
……書いてて亡くなった実家の愛犬を思い出しました。
250:2014/02/16(日) 14:31:39.76 ID:

>>1の書く不知火大好物です
わっふるわっふる
251:2014/02/16(日) 15:12:52.34 ID:

乙です
252:2014/02/16(日) 15:42:55.94 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》北上編

《鎮守府》防波堤

北上「(大井っちは遠征中だし、暇だよー)」(ブラブーラ

北上「おやぁ、あれは?」

提督「(こうやって釣糸を垂らすのはいつぶりだろうか……)」

提督「(船で沖へ出るのも楽しいが、こうしてゆったり浮き釣りというのもなかなか……)」

提督「(やはり人間、こうしたゆとりある時間は大切だ。退屈しのぎに、自分のような人間がとまう生きればいいかを模索できるし……なにより、一人きりなので胃痛に悩まされることがない)」

提督「(さすがの私も、魚相手に緊張はしないからな……!)」(どやぁ

提督「いや、オニカサゴやウツボが釣れたら緊張はするが……彼らはノーカンだ」

北上「(うわぁ……これまでにない楽しそうな顔してるよ。ぶっちゃけ不審者っぽい)」

北上「(まー、ここで会ったのもなにかの縁だし、声かけてみよーっと)」(ソロ~リ

北上「やっほー」(肩ポン

提督「ぬぉっ!?」(ビクッ

<ズルッ

北上「あ」

提督「」

<バッシャーーーーン

北上「……え? これアタシのせい?」

提督「きゅ……救命胴衣がなければ死ぬところだった……」(ガタガタガタ…

北上「まー、なんていうか……ゴメン」

提督「ききき気にしなな……へぶしッ!」

北上「あったかい缶コーヒー買ってあるけど飲む?」

提督「う、うむ……」(タオルで拭き拭き

<ざざ~ん……ざざ~ん……

提督「い、生き返る……」(ぶるぶる…

北上「…………」(じー

提督「ああ、ひさしぶりに缶コーヒーなんて飲んだ……」(ちびちび…

北上「(なんかかわいい)」(ニヤニヤ

253:2014/02/16(日) 15:44:37.10 ID:

北上とダラダラグダグダネタ、こんなのしか思い浮かばなかったけど、とりあえず終わり。
次は……羽黒、羽黒ネタか。建造するか、それともお客様として出すか。すこし考えてみます。
254:2014/02/16(日) 15:46:22.19 ID:

提督「(やはり人間、こうしたゆとりある時間は大切だ。退屈しのぎに、自分のような人間がとまう生きればいいかを模索できるし……なにより、一人きりなので胃痛に悩まされることがない)」

→提督「(やはり人間、こうしたゆとりある時間は大切だ。退屈しのぎに、自分のような人間がどう生きればいいかを模索できるし……なにより、一人きりなので胃痛に悩まされることがない)」

携帯で下書き打ってるせいで濁点が付かずにへんなことになっていましたので訂正です

255:2014/02/16(日) 18:55:05.99 ID:

ここの提督がうっかりで大井っちとケッコンカッコカリしたらどうなるか
胃潰瘍まったなしだな
256:2014/02/16(日) 19:35:59.94 ID:

>>255
首括ってそうですね
257:2014/02/16(日) 22:42:03.39 ID:

再開します。羽黒ネタ終わったら……その大井さんケッコンカッコカリネタ書いてみます。パッと浮かんだので

それと、前回の安価ネタが終了するので追加を先に希望です。
↓2
↓3
↓4
↓5

現在の提督保有戦力は
戦艦―大和、伊勢
空母―赤城、大鳳、蒼龍
軽空母―鳳翔、祥鳳、瑞鳳
重巡―青葉
軽(雷)巡―川内型、球磨型
駆逐―綾波型、陽炎、不知火、文月、弥生他少数

喫茶《間宮》―羽黒←NEW
です。

258:2014/02/16(日) 22:46:06.64 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》羽黒編

喫茶《間宮》

漣「いやあ、まさかご主人様がごちそうしてくれるとは。漣ちょっと感謝かも、ちょっとね」

提督「先日、風邪をひいて公務を休んでしまったからな……。漣君にも大きな迷惑をかけた、その埋め合わせだ」

漣「この時期に海に飛び込んだら、当然そうなりますって」

提督「う、うむ……」

<カランカラ~ン

羽黒「あ……い、い、いらっしゃいませ……」(オドオド

提督「」

漣「あれ、新しい給仕さん?」

提督「」(ススス…

羽黒「あ、あの……!?」

<パタン…

提督「……どうやら、間宮君の店も行きづらくなってしまったようだな」

漣「行きつけの店を早々に切らないでくださいよ……」

259:2014/02/16(日) 22:46:28.39 ID:

川内型でライブ(in羽黒歓迎会)
260:2014/02/16(日) 22:46:37.46 ID:

ふみだいだい

安価なら敷波編。彼女も綾波型だったよね

261:2014/02/16(日) 22:48:07.42 ID:

満潮ドロップ
262:2014/02/16(日) 22:48:40.95 ID:

ネタでいいの?

文月が秘書官の場合

263:2014/02/16(日) 22:49:10.26 ID:

綾波とほのぼの茶を啜る
264:2014/02/16(日) 23:06:40.90 ID:

安価募集、終了。徐々に提督の保有戦力が増えていく……これは近いうちに保有可能数に達しますね(現在30未満)。
とりあえず敷浪・満潮・綾波追加、了解です。これで合計数は29?
35~40ぐらいで艦娘の補充はストップするかも……どこもこのぐらいの数で落ち着いてるんでしょうか。
265:2014/02/16(日) 23:42:56.85 ID:

《ケッコンカッコカリしりーず》大井編

大井「ハァ……なんで私が提督なんかと」

提督「(それは私が誰よりも聞きたい)」

大井「まあ、消去法で考えると私が一番波風が立たないか」

提督「?」

大井「別に。無意識に身の安全を図ったんだとしても、死ぬほど悪い気持じゃないってだけです」

提督「う、うむ……?」

大井「それはさて置き、提督? たった二人の重雷装艦から私を選んだんです……裏切ったら海に沈めますからね……」

提督「たった二人……木曾君もてんてに、いや、なんでもない、りょ、了解した!!」(ブンブンッ…

提督「(これは……もしかして遠回しな殺害予告か。わ、わかったぞ、あれに違いない、保険金殺人的な……!!)」

大井「ま、悪くはないか……。北上さんが一番だけど、提督も愛してないわけじゃないし?」(ボソッ

266:2014/02/16(日) 23:49:19.81 ID:

大井さんケッコンカッコカリネタ、終了です。
このぐらいの短さならいろんなキャラでも頑張ってできそうだし、希望を書いておいていただけると暇を見て投下できるかも(携帯とかで名無し投稿になるかもですが)。
ひとまず今日はここで終了します。本当にゆっくりとしかネタを消化できなくて申し訳ありません。
267:2014/02/16(日) 23:51:19.88 ID:

しりーずってことは他にも…?

羽黒は間宮さんを通して提督と仲良くなってほしいね

270:2014/02/17(月) 00:02:38.41 ID:

>>267 ケッコンカッコカリは今、この話の提督がいる鎮守府のキャラでいろいろ考えられそうなのでシリーズということにしました。
作中での扱いはほぼ全てパラレルエンディングという形になりそうですけど。
268:2014/02/16(日) 23:55:17.71 ID:

利根さんとか気になるな

269:2014/02/16(日) 23:57:02.33 ID:

乙です
273:2014/02/17(月) 00:22:06.72 ID:

おつー
大井っちはケッコンで大分評価上がったよなぁ
冗談だと思ったら本当に愛されてるとは
274:2014/02/17(月) 00:24:20.55 ID:

>>1的に漣と神通が素晴らしいと思いました(小並)

>>272 すみません、第七駆逐隊って書いておいた方がよかったかもです。しかし、戦力補充しろとは言われてるでしょうし問題なしの方向でお願いします。

275:2014/02/17(月) 09:34:31.95 ID:

ケッコンネタはパラレルにしないとこの提督のキャパ完全に超えてるからね
おっけーよ
281:2014/03/02(日) 23:49:14.09 ID:

速報が落ちる前に安価で頂いたネタを書いていきます。

《艦娘たちとコミュニケーション》羽黒編2

《鎮守府》食堂

羽黒「あ、あの……新しくこの鎮守府に異動してきました……は、羽黒といいます」

羽黒「ふ、ふつつかものですが……よろしくお願いしますっ」

那珂「羽黒ちゃんだね、よっろしくぅ~!」

川内「さあ、新人さんの挨拶は終わったわ! みんな、夜戦(歓迎会)よ夜戦(歓迎会)!!」

那珂「羽黒ちゃん歓迎ライブだね! 那珂ちゃんがんばる♪」

羽黒「え? え?」

球磨「ヴォー!!」(野獣の眼光

多摩「ニャー!!」(野獣の眼光

木曾「お、落ち着け姉たち……って、酒臭っ!? 誰だ、この二人に飲ませたの!」

北上「大吟醸30本、いっちゃってー、あはははははは」(泥酔

大井「北上さん、ああ北上さん、北上さん~♪」(泥酔

羽黒「(なんでしょうかここ……こ、怖い……ぁ)」

羽黒「(そ、そうだ……なにか困った時は提督さんを頼りなさいって店ちょ……間宮さんが……!)」

282:2014/03/02(日) 23:51:05.27 ID:

那珂「~♪ よっし! 次はー……え、何でもう次の曲入ってるの? しかもデュエット曲だし!?」

神通「油断しましたね、次発装填済みです…………ヒック」

那珂「じ……神通ちゃんが酔ってるーーー!?」

神通「提督……一緒に歌を……愛していると囁いてください……」(抱擁

提督「~~~~~!!」(声にならない叫び

大和「提督辛いんでしょうね、その軽巡にまとわりつかれて。好きでもないのに一方的に好意を寄せられて迫られているんですね。提督には大和がいるのに、叶わぬ想いを押しつけるなんてかわいそうな人」(呆れ

漣「鏡貸します?」(呆れ

大和「……どういう意味でしょうか?」(ハイライトの消えた瞳

漣「…………」(ハイライトの消えた瞳

蒼龍「な、何気に漣さんがマジギレしてる……」

伊勢「『……というわけで、今日もうちの鎮守府は修羅場です』と。どこの三文小説だい? 続きを早くって言うぐらいには、日向のウケもいいみたいね」(手紙カキカキ

羽黒「(間宮さん……私、ここでやっていく自信ありません……)」

283:2014/03/02(日) 23:53:07.09 ID:

羽黒歓迎会ネタ、終了。
部署全体の仲がいい職場に異動とかなると、ぼっち感が凄い。そんな内容になりました。
284:2014/03/02(日) 23:57:29.77 ID:

乙です
285:2014/03/03(月) 00:59:36.54 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》敷波編

《鎮守府》執務室

敷波「えーっと、綾波型2番艦の敷波。よろしく」

敷波「いやー、前の鎮守府の保有制限に引っ掛かって解体されかけてたとこで助かったよー。あ、これ前の鎮守府の提督から」つ 菓子折り

漣「ご主人様……?」

提督「……う、うむ」(目逸らし

漣「前から言ってますけど、こーいう艦娘の増やし方やめましょうよ」

漣「お人好しで人の頼みを断れないのは知ってますけど、誰彼構わず助けてもご主人様に得はないですって。だからちょっとはノーと言える人間になりましょうよ、ね?」

提督「む、むう……」

漣「今回はもう仕方がないとして、今後は解体予定の艦娘を引き取らない、オーケー?」

提督「……それに対する答えはノーだ」

286:2014/03/03(月) 01:00:35.28 ID:

提督「嫌々、艦娘をしている子に関しては早めに解体処分してやるべきだと私も思う。だが、そうでない艦娘の中には、自分が住む国を……家族や大切な人々を守るために戦うと覚悟を決めた者もいるのだ」

提督「敬意を表するに価するその信念が、保有制限などというくだらない理由で潰えるのを、国とそこに住む人々を守る志を同じとする一軍人として私は見過ごしてはいけないと思うのだ……が」

漣「……」

提督「……や、やはりダメだろうか」

漣「ハァァァ~~~……もう、わかりましたよ。よく考えたら、誰かさんが建造しないお陰でうちの保有枠はまだまだまだまだ空きがありますし? 戦力増強って考えといてあげます」

提督「……漣君にはいつも迷惑をかけるな」

漣「そう思うなら、今度戦艦なり空母なり建造してくださいね、ご主人様」

提督「すまない、それは勘弁してほしい」(きっぱり

漣「」

敷波「えっとー、なんかもめたみたいだけど、ココでお世話になっていいんだよねあたし?」

提督「あ、ああ、君の活躍を期待している」

敷波「いいのかよ、あたしなんかに期待しちゃってさ。……まあ、いいんだけどね!」

提督「う、うむ……」

287:2014/03/03(月) 01:16:04.36 ID:

敷波のキャラが掴み切れなかったのでこんな話になりました。
次、満潮ドロップ……をすっ飛ばして先に書いていた文月秘書艦ネタいきます。満潮・綾波ネタは明後日予定
288:2014/03/03(月) 01:18:22.98 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》文月編2

《鎮守府》執務室

提督「今回の秘書艦は文月君か……」

文月「秘書艦がんばっちゃうよ~」(ふんす

提督「き、期待している」

《10分後》

文月(提督の膝の上)「司令官あそぼ~、ねえ~」

提督「ふ、文月君、体を揺するのはやめたまえ……じ、字が歪む……」(カリカリ…

漣「文月ちゃーん、お菓子とジュース持ってきたからこっちで食べましょっか」

文月「ほわぁ、やった~」(パタパタ

提督「……ふぅ」(カキカキ…

漣「はい、ご主人様にはお茶」

提督「む、す、すまない、休みなのに……」

漣「いえいえ♪」

提督「しかし……ようやく終わりが見えてきたよ」(カキカキ…

漣「ここのところ、その書類にかかりきりでしたねー」

289:2014/03/03(月) 01:18:54.97 ID:

文月「司令官~、いっしょにジュースのも~」

<ツルッ

漣「あ」

<(書類に)バッシャー

文月「いったぁ~い……あぁ、文月のジュースぅ……」

提督「」

漣「(か、顔を覆い隠してる……)」

文月「司令官、泣いてるの~?」

提督「…………泣いてなどいないよ。怪我はなかったかね、文月君」

文月「文月はへっちゃらだよぉ、えへへ」

提督「そうか、それはよかった。ぐ……ぅ、さ、漣君」

漣「あ、あー、文月ちゃん、ちょっとお願いがあるんだけどいいですか?」

文月「おねがい? なに~?」

<マミヤサンノトコロデー
<オツカイ、マカセテ~♪

290:2014/03/03(月) 01:25:27.12 ID:

提督「……まあ、こんなこともあるさ」(カキカキカキカキカキカキ…

漣「今回ぐらいは叱ってもよかったんじゃないですか?」

提督「それで泣かれたら、たぶん私は血を吐くぞ」

漣「……甘々ですねー」

提督「……むう」

喫茶《間宮》

文月「それでねー、漣ちゃんにおねがいされて文月おつかいに来たんだよ~」

間宮「そ、そうなんですかー、えらいえらい」

文月「えへへ~」

間宮「(これ私の役目、重要だぁ……)」

291:2014/03/03(月) 01:40:46.73 ID:

ここで提督が書いている書類はケッコンカッコカリに関するものっぽい。
今日は時間も遅いのでここまでで。次回以降のネタ安価を取っておきます。

↓2
↓3
↓4
↓5

現在の提督保有戦力は
戦艦―大和、伊勢
空母―赤城、大鳳、蒼龍
軽空母―鳳翔、祥鳳、瑞鳳
重巡―青葉
軽(雷)巡―川内型、球磨型
駆逐―第七駆逐艦、敷波綾波←NEW、陽炎、不知火、文月、弥生他少数

喫茶《間宮》―羽黒

ケッコンカッコカリネタの場合は全てパラレルになりますのであしからずです。

292:2014/03/03(月) 01:42:18.77 ID:

赤城さんで雛祭りネタを…
293:2014/03/03(月) 01:48:33.53 ID:

漣とケッコンカッコカリした場合
294:2014/03/03(月) 01:52:46.69 ID:

主人公のわた吹雪ちゃんに来てもらいましょう!
295:2014/03/03(月) 01:54:37.14 ID:

大鳳と駆逐たちが胸を育てる運動?をしているところに提督が遭遇
296:2014/03/03(月) 02:23:10.08 ID:

乙ー
大和と漣がケッコンカッコカリの書類を巡って戦いが勃発した
297:2014/03/03(月) 08:40:40.19 ID:

キツイ反応する艦娘が結婚カッコカリ書類をめぐってガチバトル
提督は逃げる事も出来ず見てるだけで
298:2014/03/04(火) 21:56:15.45 ID:

帰宅。これからデイリーの任務など回しながらボツボツ書いていきます。
299:2014/03/04(火) 22:11:56.16 ID:

よしきた
300:2014/03/04(火) 22:18:58.28 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》満潮編

《鎮守府》執務室

満潮「朝潮型3番艦、満潮よ!」

提督「よ、ようこそ、我が鎮守府へ……。その、急な異動で戸惑っているだろうが、ここの艦娘はみな性根のいい子たちだから、こ、困ったことや聞きたいことがあれば遠慮せずに頼りたまえ」

満潮「ああ、そう。それは助かるわね」

提督「…………え、えー」(目伏せ

満潮「(この司令官、さっきからオドオドビクビク……ホントに大丈夫なのかしら?)」

満潮「(聞いた話じゃ、この鎮守府はあの《霧》の艦隊を撃退した化け物揃いらしいけど……)」

満潮「(ていうか、そんな戦果あげてる部隊になんで私なんかが?戦時中はいろんな部隊たらい回しで、肝心なときに役に立てなかった駆逐艦なんだけど……)」

満潮「(あ、もしかしてこれって上の遠回しなディスり?活躍目覚ましい部隊でお前も少しは頑張れ的な?)」(イラッ

301:2014/03/04(火) 22:19:50.36 ID:

満潮「(なんかスッゴくイライラしてきたわ。私だって好きで大事な時にドック入りしてたわけじゃないのに!つまんない戦略立てた司令官が悪いのよ、まったく!)」(イライライライラ

提督「ま、まだ赴任したばかりで他の艦娘と連携を取るのは難しいだろう。なので、しばらくは彼女……今日は秘書艦をしてもらっているが、神通君の担当する演習部隊で錬度を上げてほしい」

神通(改二)「け、軽巡洋艦神通です……。あの、その……よ、よろしくお願いします……」

満潮「ああもう、うっさいわね!ああそうねっ、私じゃ力不足だもんね!」

提督「」(ビクッ

神通(改二)「ひっ……」(ビビクッ

満潮「…………ぁ」

満潮「(ヤッバ!わ、私なにやってるの!?腹が立ってたからって、いきなり司令官たちを怒鳴りつけて……!)」

提督「(わ、私はなにか、彼女の気に障ることを言ってしまったのだろうか。いや、きっと言ったのだろう、でなければあの剣幕は……)」

神通「(て、提督が悪いはずがないから……き、きっと私が悪いんですね。せ、せっかく提督に改二にしていただいたのに頼りないままだから……)」

満潮提督神通「「「(あ……謝らないと……!)」」」

302:2014/03/04(火) 22:20:37.00 ID:

(ドアの隙間)
漣「なんで三人揃って落ち込んでんですか。ああもう、ツッコミを入れる人がいないとダメだなあ、もう……」(ハラハラ…

文月「ねぇ~、漣ちゃん、まだ司令官のお部屋はいっちゃダメ~?」(桃太郎金太郎連撃装備

弥生「もう約束した時間……過ぎてます……」(白雪姫シンデレラ連撃装備

303:2014/03/05(水) 00:07:44.44 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》綾波編

喫茶《間宮》

提督「……」

綾波「突然お誘いして申し訳ありませんでした。一度こうして司令官とお茶したかったので……」

提督「そ、そうか……」

綾波「ご迷惑だったでしょうか?」

提督「い……いや、そ、そんなことはないぞ、たぶん、うむ」

綾波「うふふ、ならよかったです」(クスクス

提督「(急なお茶の誘い……い、一体なんの目的で……)」(戦々恐々

綾波「(い、いくらなんでも唐突すぎたかしら? でも、秘書艦を担当した時ぐらいしか司令官とお話したりできないし……)」

提督「(下手なことを口走らないよう、黙っていよう)」(ズズ…

綾波「(ハァ……司令官、どういう話題なら反応してくださるのかしら)」(ズズ…

間宮「お待たせしました~、間宮特製チョコレートパフェでーす」

綾波「あ、あの、綾波、そんな注文はしてないのですが……」

間宮「へ? あ、ああ、違いますよ、コレは――」

提督「…わ、私が注文したものだ」

綾波「え?」

提督「………………す、好きなんだ……甘いもの」

綾波「――――」

提督「で、できれば他の艦娘たちには内密に頼む……」(モムモム

綾波「(や~りま~した~)」

提督「あ、綾波君? は、鼻血、鼻血が出ているぞ……!?」

綾波「すびばせん……。はぁ…癒されますね……司令官のお陰です」

提督「????」

間宮「(綾波さんの気持ちがちょっとわかるのが辛い……)」

304:2014/03/05(水) 00:10:24.59 ID:

満潮がややネガティブに、そして綾波がまさかのキャラ崩壊。なんだかすみません。
い号に苦戦中ですが、漣とケッコンカッコカリネタを書き始めます。
307:2014/03/05(水) 01:23:18.46 ID:

漣の正妻パワー発揮ktkr!
309:2014/03/05(水) 01:56:55.70 ID:

空母系統入れずにバシクルもありやで

あとは5-4を元帥狙うレベルで回すとか

310:2014/03/05(水) 02:06:23.69 ID:

そういう手もあるのですね。もう少しいろんな艦娘を使って攻略を頑張ってみます(このSS書き始めてから使う艦娘が限定されてしまったので)。

《ケッコンカッコカリしりーず》漣編

鎮守府《執務室》

提督「……ケッコンカッコカリをしてほしい」

漣「――――は?」

提督「だ、だから、だな……私と、ケッコンカッコカリをしてほしいと言ったんだ」

漣「や、やですねー、冗談はよしてくださいよご主人さまー…って、あれ? 提督、マジ顔って、あれ? あれれ!? ……えぇ?」

提督「その、嫌ならいいんだ断ってくれて。あくまでこれは私の個人的な感情による頼みでしかないのだから……」

漣「」

提督「む? さ、漣君?」

漣「――――お……お外走ってきますぅーーーー!!」

提督「………ダメ、だったのか?」

311:2014/03/05(水) 02:06:53.06 ID:

1:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 提督にケッコンカッコカリを申し込まれた件について

2:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 また勘違い提督の痛い行動か

4:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 おう、どこの提督だよ全力で煽ってやんよ

5:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 また勘違い提督の痛い行動か

6:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 ○○鎮守府の提督だよ

7:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 勘違い艦娘の痛い妄想だったか

8:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 あそこの提督に告白してもらうとかただのご褒美だろjk

9:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 ちゃんと寝てますか? まだ深夜には程遠い時間ですよ?

10:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 ちゃんと起きてるよ! 手を持たれて指輪嵌めてもらったんだから夢じゃないし!

11:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 そのままむちゃくちゃ夜戦したんですねわかります

12:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 信じろよ!

13:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 だって○鎮の提督っていったら硬派中の硬派でお国の為に色恋沙汰には見向きもしないって噂だし?

14:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 逆にそれがいいって言ってる艦娘がウチの鎮守府にもいるわ

15:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 夜道には気をつけろ殺してやる絶対に殺してやる騙されてるんだ提督には私がいればいいのに私だけがいればいいのに駆逐艦なんかがケッコンカッコカリを申し込まれるなんてありえないh;おいhfそいqふgっくぃ!

16:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 >>15 ヤダこの人怖い

17:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 証拠うp(左手薬指に嵌められたシルバーリングの画像)

18:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 えんだぁぁぁぁぁぁ!

19:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [↓]
 イヤアァァァァァァァァァッ!?

20:以下、VIPにかわりKANMUSUがお送りします [mail]
 フラグを折られた艦娘がここにも……

325:2014/03/05(水) 19:51:55.76 ID:

ところで>>31115で発狂してる艦娘は誰なんだ 
大和か大井あたりだと思うけど
327:2014/03/05(水) 20:28:42.74 ID:

帰宅。これより提督業をこなしつつ話を書いていきます。今日も低速更新になると思います、すみません。
>>325 艦娘の名誉のため緘口令を敷かせていただきます。
328:2014/03/05(水) 20:33:40.65 ID:

……そういや>>31115って何で駆逐艦だって分かってんだ?漣の書き込みって
1、6、10、12だろ?
312:2014/03/05(水) 02:19:26.02 ID:

提督「なに? 鎮守府のネットサーバーが死んだ? い、急いで復旧にかかってくれ」

妖精A「らじゃーですー」

漣「(ヤバイ、あんまり嬉しすぎて板で報告したら炎上しちゃった……)」(指輪装備

提督「…………それをつけてくれているということは……い、いいのかね」

漣「………逆に、漣が断ると思われていた方がショックなんですけど?」

提督「む、むう……」

漣「末永くよろしくお願いしますね、『ご主人様』♪」

提督「こちらこそよろしく頼むよ、漣君」

313:2014/03/05(水) 02:21:06.60 ID:

漣ケッコンカッコカリネタ終了。たぶんここの提督と漣はケッコンカッコカリしてもいつもと変わらないと思う。

今日はこの辺で終わりにします。
今頃アルペジオイベントネタも思いついたので、安価で貰ったネタ含めて投下したいと思います。

314:2014/03/05(水) 02:26:27.71 ID:

乙です
317:2014/03/05(水) 11:04:39.41 ID:

>>314,315 私はなんということを……。
詫び入れとして甘いネタ挑戦。二人分。

↓2
↓4

現在の提督保有戦力は
戦艦―大和、伊勢
空母―赤城、大鳳、蒼龍
軽空母―鳳翔、祥鳳、瑞鳳
重巡―青葉
軽(雷)巡―川内型、球磨型
駆逐―第七駆逐艦、敷波、綾波、陽炎、不知火、文月、弥生他少数

喫茶《間宮》―羽黒

となっております。

319:2014/03/05(水) 11:41:59.11 ID:

夕立居たっけ?いなければ↓
320:2014/03/05(水) 12:12:21.18 ID:

不知火に何か落ち度でも?
321:2014/03/05(水) 12:14:24.47 ID:

赤城
322:2014/03/05(水) 12:37:14.00 ID:

不知火
323:2014/03/05(水) 13:19:15.46 ID:

漣はケッコンしても付き合い変わらないって思う人多いよね
あとあの距離感がいいんだってケッコンしたがらない提督も
324:2014/03/05(水) 14:49:39.51 ID:

追いついた
面白いこんな提督もいいな
330:2014/03/05(水) 21:22:41.03 ID:

《ケッコンカッコカリしりーず》不知火編

《鎮守府》廊下

陽炎「それでねー、その時――」

不知火「!」(ダッシュ

陽炎「ちょっ、いきなりどしたの……って、ああ、なるほどね」

提督「む、む? 不知火君か、どうした」

不知火「いえ、司令官が歩いているのが見えたので。どちらへ行かれるのでしょうか」(ソワソワ

提督「ちょ、ちょっと息抜きに間宮へ行こうと……」

不知火「不知火もご一緒させていただいてもよろしいでしょうか」(モジモジ

提督「……そうだな、不知火君が忙しくなければ誘いたいのだが、構わないだろうか?」

不知火「もちろんです。感謝します」

<シ、シラヌイクン、ソンナニクッツカレルトアルキニクイノダガ…

<イケマセンカ?

陽炎「ケッコンカッコカリしてから、無口で無愛想だった不知火が女の子っぽくなっちゃってもう……」

陽炎「っていうか、私を置いてくなぁー!!」

331:2014/03/05(水) 21:47:10.50 ID:

《ケッコンカッコカリしりーず》赤城編

《鎮守府》食堂

赤城「――――」(モソモソ

提督「――――」(モクモク

赤城「(どうしましょう……食事が喉を通りません。ケッコンカッコカリが実施されて以来、提督のことを妙に意識してしまって……)」

赤城「(相席なのは嬉しいんだけど……あまりバクバク食べているところを見られるのは恥ずかしいし……)」

提督「……赤城君、もしかして体調が思わしくないのか?」

赤城「そんなことはないですけど……ふぅ」(アンニュイ

提督「(どうやらそうとう体調が悪いらしいな……)」

赤城「あの、提督……やっぱり提督も、ケッコンカッコカリするなら大飯ぐらいじゃない艦娘の方がいいって思いますよね?」

提督「………私は、自分があまり食べない分、美味しそうにたくさん物を食べる君の姿に好意を覚えているが」

赤城「――――へ?」

提督「いや、な、なんでもない、聞き流しておいてくれ」

赤城「ハ、ハイ……」

赤城「(あ、あれ? もしかしてさっき提督、私のこと……あれ? ええ?)」

提督「ゴ、ゴホン……」(耳赤い

赤城「――――エヘ、エヘヘヘ」

《このあと無茶苦茶お代わりした》

332:2014/03/05(水) 21:50:17.92 ID:

甘い話を書こうとしました。したけれども……この辺が自分の限界らしい。
赤城さんの話、続きがあるなら友人の加賀さんとかに「おい、(さっさと赤城さんと)ケッコンカッコカリしろよ」とか言われて指輪を渡す流れだと思われ
333:2014/03/05(水) 22:29:04.83 ID:

おかしい…ケッコンカッコカリ後は燃費がよくなるはずなのにこの赤城はさらに食べる…だと!?
336:2014/03/06(木) 13:34:35.36 ID:

昨日は途中で寝落ちしておりました、すみません。
>>333 艦船の燃費はよくなっても、食費が下がるとは言っていないということで。
>>334 デュエルで負ければ続きを書かなくてはいけない、そういうことですねわかります。

今日から一週間ほど用事で書き込めないっぽいので、貰ったネタ+αで書き溜めしたいなと。
とりあえず吹雪ネタは書けたので投下。その後、ネタ募集の安価を行いたいと思います。

334:2014/03/05(水) 22:35:34.93 ID:

不知火が犬っぽくていいね。

あと赤城さんに関しては大体いつもの赤城さんでした。
おい、さっさとケッコンカッコカリまでの話しかけよ

335:2014/03/06(木) 01:32:37.03 ID:

燃費が良くなるんじゃなくて費用対比が上がると考えればまぁ…
337:2014/03/06(木) 13:37:23.00 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》吹雪編

吹雪「今日からお世話になりますっ、世界中を驚愕させたクラスを超えた特型駆逐艦の1番艦 吹雪です!」

提督「あ、ああ、よろしく頼む」

吹雪「はい!」

吹雪「(ずっと来たかった憧れの提督のいる鎮守府への異動が叶って私、いま最っ高に幸せ!)」

吹雪「司令官のために私、頑張ります!」

提督「(非常にテンションの高い子が来てしまった……)」

漣「(舞い上がっちゃってますねえ……。まあ、うちはご主人様の方針で艦娘の扱いがかなり破格ですし、気持ちは分からなくもないですけど)」

漣「……大丈夫かなあ、イロイロ」

吹雪「?」

《艦娘演習中》
1回目

吹雪「(初めての演習。よーし、これから一緒に戦う艦娘たちにいいとこ見せちゃうぞ!!)」

吹雪(レベル41)「なんたって、この日の為に地道に錬度を上げておいた――――って」

漣(レベル99)「逃がさないよ……漣はしつこいから!!」

球磨(レベル99)「意外に優秀な球磨ちゃんって言われてるクマー!」

吹雪「きゃあああああぁぁぁぁっ!?」(大破

文月「吹雪ちゃんだいじょうぶ~?」

吹雪「う、うぅ、ちょっと油断……しちゃったかな。次、次の夜間演習は活躍するよ!」

文月「ほわぁ、がんばって~」

338:2014/03/06(木) 13:38:04.96 ID:

《艦娘夜間演習中》

吹雪(レベル42)「前回の失敗を踏まえて、さらなる錬度向上に成功したよ! これなら……!」

神通(改二レベル99)「探照灯照射……突撃します、私に続いて!」

吹雪「へ? 夜戦なのになんで明かりつけて……って、と、突撃!? 相手は――――」

大和「――来ましたね」

吹雪「」

神通「行きますよ、大和さん……あなたのような人が提督の近くにいるのは迷惑なんですっ……」

大和「面白いことを言いますね……。あなたこそ、大和の提督にすり寄るのをやめていただけませんか?」(ギロッ

大和「提督には大和がいれば十分なんです、大和だけいればいいんです。それなのにあなたたちは……」(ブツブツ

吹雪「(アカン)」

神通「提督…私、ご一緒できて……幸せでした」

大和「第一、第二主砲。斉射……始め!」

神通「砲雷撃戦……開始します!!」

吹雪「(アカン……)」

吹雪「」

文月「吹雪ちゃん、だいじょうぶ~?」(ツンツン

弥生「神風、お疲れ様……」

吹雪(レベル45)「――――あ、また錬度あがった……」

文月「ほわぁ、おめでと~」←レベル71

弥生「この調子で……頑張って……」←レベル67

吹雪「……ハイ」

339:2014/03/06(木) 13:48:13.32 ID:

大鳳と駆逐艦たちが胸を育てるネタと大和と漣のガチバトルは次回。
あと、アルペジオネタの短いのも投下できそうです。
そして毎度のネタ提供のお願い。
↓2
↓3
↓4
↓5

現在の提督保有戦力は
戦艦―大和、伊勢
空母―赤城、大鳳、蒼龍
軽空母―鳳翔、祥鳳、瑞鳳
重巡―青葉
軽(雷)巡―川内型、球磨型
駆逐―第七駆逐艦、敷波綾波、吹雪←NEW、陽炎、不知火、文月、弥生他少数

喫茶《間宮》―羽黒

この艦娘でこんなネタ、と書いていただけると感謝。
ケッコンカッコカリネタの場合は全てパラレルになりますのであしからずです。

現在、保有戦力28(たぶん)。ここの提督の限界は……30~35ぐらいでしょうか。

340:2014/03/06(木) 13:54:51.45 ID:

俺を踏んでいけ
342:2014/03/06(木) 14:04:26.04 ID:

>>340感謝する
提督1人で間宮さんとこ行ったらどうなるのっと
341:2014/03/06(木) 14:03:16.28 ID:

青葉に説教
343:2014/03/06(木) 14:06:28.73 ID:

だめだったら安価下
金剛登場
344:2014/03/06(木) 14:08:02.99 ID:

戦力増強として瑞鶴がやってくる
345:2014/03/06(木) 14:08:08.09 ID:

大井っちがデレるのが見たいです!
346:2014/03/10(月) 20:17:56.93 ID:

人が残っているのか謎だけど……長時間遠征、時間短縮させて終了。帰還しました。
これより(ダウンするまで)投下を開始します。
347:2014/03/10(月) 20:19:28.84 ID:

待ってた!
348:2014/03/10(月) 20:27:11.56 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》虚乳編

23:00
《鎮守府》廊下

提督「ふぅ……」

提督「(今度異動してくる艦娘のための手続きをしていたらすっかり遅くなってしまった……)」

提督「まったく、上は何故うちに艦娘の補充をしたがるのだ……私が人見知りだと知っているだろうに」(キリキリ…

提督「ケッコンカッコカリについても、まだかまだかとやけにせっついてくるし……そんなに私が断られる様を見たいのか……っ」(※ただの被害妄想です

提督「このまま艦娘の異動が続くようなら……私が倒れる日もそう遠くないだろう」

提督「……む?」

大鳳「」(キョロキョロ

提督「(大鳳君? はて、夜勤組以外の消灯時間はもうとっくに過ぎているはずだが……)」

大鳳「」(サササ…

提督「(手に何か持っているな。あれは……牛乳?)」

大鳳「……」(ノックノック

???『合言葉は?』

大鳳「乾いた大地に豊穣の恵みを」

???『よし、入りなさい』

<ギュウニュウモッテキマシタ!

<デカシタワ!

提督「…………いったい何が起きているのだ?」

提督「(気は進まんが……規則違反をしている以上、確認せんわけにもいかん)」(ソロソロ…

大鳳「」

満潮「」

弥生「」(ウツラウツラ…

曙「」

漣「」

瑞鳳「」

提督「(……なにをやっている、彼女たちは。弥生君など半分寝ているし……)」

349:2014/03/10(月) 20:28:39.66 ID:

提督「む?」

満潮「始まったわ」

愛宕『ぱんぱかぱーん!テレビの前のみんな~? 今日のポヨンポヨン体操、はーじまーるよー♪』

大鳳「相変わらず、素晴らしい……いえ、凄まじいお胸ですね愛宕先生は」

弥生「くぅ……くぅ……」

曙「なに食べたらこんな風に育つのかしらね」

漣「潮は特になにもしていないって言ってましたがー……絶対に嘘ですね、というか嘘であってほしいです」

愛宕『はーい、まずは胸の前で手を合わせてぎゅ~!』

満潮「ぎゅ~……!」

大鳳「んー……!」

弥生「すやぁ……」

曙「ぬ、ぐっ、ぐぐ……!!」

漣「んぐぐ……!」

瑞鳳「んぅ……んぅ……!」

愛宕『ぐーっと力を入れたら、次はふーっとリラ~ックス~』

<少女美乳運動中・・・

愛宕『最後にストレッチで体を解したら、ホットミルクを飲んでおやすみなさ~い♪』

満潮「……どう?」

大鳳「こ、心なしか胸部が張ってきた、かも」

曙「フゥー……フゥー……はぁ、おいし」

漣「運動の後のたんぱく質補給も完璧。あとは育つのを待つだけですねっ」

瑞鳳「せめて祥鳳お姉ちゃんレベルぐらいには育ってほしいよねえ……」

弥生「すぅ……すぅ……」

提督「…………」

提督「(私はなにも見なかった……そういうことにしておこう)」(パタン

提督「(やはり少女たちの指揮を男の私が執るというのは、メンタルケアの面で問題があるのではないだろうか? 上に打診してみるか、女性提督と交代できないかと……)」

350:2014/03/10(月) 20:34:26.41 ID:

女性提督に交代の件を出す方が艦娘のメンタルに響くので却下される虚乳編、終了。
次、漣と大和のガチ喧嘩ネタ(微妙に変わってる)いきます
351:2014/03/10(月) 20:44:55.31 ID:

《ケッコンカッコカリしりーず》大和漣編

「シィッ!」
「っ!?」

目にも止まらぬ速度で繰り出された漣の連撃。
初撃は防いだが、続く拳は大和の頬を正確無比に打ち抜いていた。
速い。
だけど……。
口の端から垂れた血を舌で舐めとる。
にぃ、と大和の口が不敵に弧を描く。

「軽い、ですね。所詮は駆逐艦……こんな拳で大和を沈めるのは不可能、です」
「その台詞……百発貰った後でも言えますか?」

キュッ、キュッと小刻みにステップを踏み、薄暗い瞳に大和を見据えて漣も笑う

「大鑑巨砲主義とは名ばかりの大振りな攻撃、漣にはかすりもしません……よっ!」
「っ……!?」

言いながら一発、さらにもう一発。
大和の目の前で星が瞬いた。
ぐらりと体が傾くが無理矢理、踏みとどまる。

「くぅ……!」
「足がふらついてますよ? さて、あと九十七発耐えられますかねー」
「羽虫がっ……大和型を甘く見るな!」
「……!!」

戦艦のサイズからは想像もできない踏み込み。
虚を衝かれた漣のボディに、地面を抉るような姿勢から繰り出された大和のアッパーが突き刺さった……かに思えた。

「ギリギリ防ぎましたか……けど、腕一本いただきました」
「カハッ……くぅぅっ……」

被弾の瞬間、大和の拳とボディの間に割り込ませた漣の左手がダラリと力なく揺れる。

「この、程度でぇ……漣は負けないんだから!」
「まだ退きませんか、その意気やよしです。ですがっ、勝つのは大和です!」

これは意地と意地のぶつかり合いだ。
元より両者に退くという選択肢などない。
漣と大和が前へと飛び出す。

「大和ォォォォッ!!」
「漣ィィィィィッ!!」

二人が咆哮を上げ、全身全霊を込めた拳をお互いの顔面に向けて振り抜いた――――!!

352:2014/03/10(月) 20:46:15.80 ID:

提督「…………それで、なにが原因で君たちは喧嘩したのだね」

漣「任務で手に入れたケッコンカッコカリの書類を……」

大和「大和と漣さん、どちらが提督にお渡しするか揉めて……」

提督「まさか口論が高じて、最終的に殴り合いになったとでも言うのではないだろうな?」

漣「だ、だって大和さんが……!」

大和「漣さんがいけないんですっ……!」

提督「き、君たち、いい加減にしないか。書類の受け渡し程度で何故、戦場で命を預ける仲間といさかいを起こすのだ、なあ……」

<ギャー!

提督「お、お願いだ、少し落ち着いて私の話を……」

<ワー!

提督「……………………」(プチッ

提督「……!!」(無言の手刀)

漣「ふぎゃ!?」(大破!

大和「きゃん!?」(大破!

提督「君たち、ちょっと『ソコ』に入渠して頭を冷やしてきなさい」

晩冬の鎮守府正面海域『ヤア』

漣「」

大和「」

提督「言いたいことがあるのなら、陸(オカ)にあがってきたら存分に聞こう」

北上「あーぁ。アタシ、知ーらない」(ソソクサ

伊勢「普段怒らない人が怒ると怖いんだよねー」(隠行

文月「」

蒼龍「あ、あぁ、文月ちゃんがビックリして固まっちゃった……。よしよし、怖くないよ~、提督は文月ちゃんのこと怒ったりしてないからね~」(イイコイイコ

文月「司令官おこっちゃダメぇ~……!」(ギュゥー

提督「むおっ!? ど、どうしたんだ文月君!?」

蒼龍「怖くても行くのは提督のとこなんだ……ちょっと複雑」

353:2014/03/10(月) 20:54:00.59 ID:

ケッコンカッコカリシリーズ、漣大和編終了。
次はアルペジオイベントネタいきます。キャラ崩壊してても気にしないでいただきたい。
354:2014/03/10(月) 20:58:15.76 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》イオナ編

《イオナ》艦内

千早群像「おかえりイオナ。遠征任務、問題なかったかい」

イオナ「ただいま、群像。任務完了、問題ない」

イオナ「テートクに貰ったお土産がある。心ばかりのお礼だって」

群像「ある意味、こっちが手を貸してもらったようなものなのに……って、スゴイな」

冷凍本マグロ『マグ郎ですギョ』

冷凍アジ『アジ太郎ですギョ』

冷凍ブリ『ブリ夫ですギョッ』

群像「こ、こっちじゃ手に入りにくい海産物がコンテナいっぱいに……」

イオナ「手紙も預かってる」

群像「『武運長久を祈る』、これだけか……イオナ」

イオナ「群像、どうした?」

群像「向こうの提督がどんな人だったのか、少し興味が湧いた。教えてくれ」

イオナ「…………」

~イ401回想中~

《鎮守府》母港

<ピコーン……ピコーン……

提督「(静かだ……ほんの僅か海の中にいるだけで、こんなにも地上の音から隔離されるのか……)」

イオナ「テートク、さっきからここに座ってるだけ。仕事しないの?」

提督「そんなものは既に終わらせてある。出撃も明朝……今はここにいさせてほしい」

イオナ「どうして?」

提督「………閉塞感が心地良い」

イオナ「?」

提督「誰にも邪魔されない……今はイオナ君がいるが。世界に自分一人だけだと思わせてくれる空間が心地良いんだ。ここにいれば艦娘たちと無理に話をする必要もないし……」

提督「ああ……できることなら、私は貝になりたい。海の底でひっそりと誰に会うこともなく、口を噤んで静かに生きていくのだ……」

イオナ「………(コミュ障的な意味で)孤独を愛してる人だった」

群像「……そうか」

群像「(軍人として、命を預かる指揮官として、弱みを見せまいと重圧に耐えて戦っているんだな……)」

355:2014/03/10(月) 21:03:26.92 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》タカオ編

《硫黄島》

タカオ「ただいまー!あなたが寂しがっているんじゃないかと思って、早めに帰ってきてあげたわよ!」

群像「おかえりタカオ。遠征任務、お疲れ様」

タカオ「なによ、それだけなの……」

群像「?」

タカオ「いいわよ、もう!」

群像「あ、ああ。そういえばタカオ、ひとつ聞きたいことがあるんだけどいいか」

タカオ「なによ?」

群像「いや、向こうの提督がどんな人物だったのか教えてほしいんだ」

タカオ「どんな、ねえ……んー」

~タカオ回想中~

タカオ「重巡タカオよ。乙女プラグインが実装されたレア中のレアよ!けど、ツンデレなんかじゃないんだから! そこのところ忘れないでほしいわね!」

提督「……質問、いいかね?」

タカオ「あら、提督さん。なに? 兵装でもなんでも答えてあげるわよ!」

提督「……ツンデレとはなんだね?」

タカオ「え? あの、それは……」

提督「あと、乙女プラグインとは? 効果は?」

タカオ「」

《鎮守府》執務室

<ノックノック

提督「は、入りたまえ」

タカオ「御機嫌よう、提督。私に何か頼みごとはないかしら?」

提督「い、いや、特にない……です」

タカオ「そ、そう、なら仕方ないわね、お茶でも淹れてこようかしら。な、なんならあなたの分も淹れてきてあげてもいいのよ?」(チラッ…チラッ…

提督「そ、それも結構」

タカオ「じゃあ、何をすればいいのよ!?」

提督「…………これで勘弁してくれないか」 つ5000円

タカオ「だから何故お金を払う!?」

タカオ「勘違いしないでよね!別に提督の為に戦うんじゃないんだから!」

提督「あ、ああ、君たちは千早群像君の頼みで、こちらに現れた《霧》の艦隊を撃退するのに手を貸してくれている。それ以上でもそれ以下でもなく、馴れ合うつもりは毛頭ない……そういうことか。もちろんわかっている」

タカオ「」

タカオ「…………部下の言葉を(悪い方向に)きっちり受け止めてくれる人だったわ」

群像「(なるほど、軍人でありながら下の言葉に耳を傾けることのできる柔軟な思考の持ち主か……)」

356:2014/03/10(月) 21:12:39.22 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》ハルナ編

ハルナ「……提督について聞きたい?」

群像「ああ。さっきイオナやタカオにも聞いてきたところなんだが……頼めるか?」

ハルナ「問題ない」

~ハルナ回想中~

提督「言葉集め……?」

ハルナ「そう、言葉集め。お前たちの表現を借りるなら、趣味と呼ぶべきもの」

提督「それで……私にもなにか面白い言葉はないかと聞きに来たのか」

ハルナ「この鎮守府に所属する艦娘たちから『キタコレ』、『おとーさん』などの言葉を収集できた。あとは提督だけだ」

提督「(キタコレは間違いなく漣君だろうが……おとーさんは誰の発言だ?  親元に戻りたいと思っての言葉ならば、なんとしてでも叶えてやらなくては……)」

ハルナ「提督?」

提督「はっ……す、すまない、少し考え事を。言葉を収集しているのだったな……ふむ、ハルナ君はどういう系統の言葉が欲しいなどの希望はあるかね?」

ハルナ「私の…」

ハルナ「……では、人の命……『魂』に関係する言葉がいい」

提督「魂に関係する、か…………では、『地獄』について話すとしよう」

ハルナ「じご……く?  なんだそれは」

提督「地獄とは宗教……今回は仏教における地獄について話すが、一般的に生前、罪を犯した者が死後に送られる世界とされている」

ハルナ「死んだ後の世界だと……バカバカしい」

提督「諸説いろいろあるが、基本となっているのは八大(熱)地獄と、そこに付随する十六の小地獄に分かれており、生前の罪によってそれぞれの地獄で多種多様な責め苦を味わわされる」

ハルナ「責め苦、つまり拷問か」

提督「その通りだ。今から殺生を行った者……つまり、私のような者が落とされる地獄の一つ、等活地獄について話そう。ここは別名、想地獄とも言い、亡者同士が互いに斬り殺しあい、また獄卒に体を引き裂かれ、打ち砕かれ続ける場所だ。ここでの死は厳密な意味での死ではなく、獄卒の蘇れという言葉一つで五体満足で息を吹き返し、再び苦しめられる。それが何度も繰り返される故に等活と言うのだが、これに関してはどこの地獄も似た形を取るので少しややこしい。まあ、この辺りはそういうものかと受け止めておいてほしいのだが……(以下略」参照:深雪pedia

ハルナ「……地獄の話はもう勘弁してつかぁさい」(プルプル…

群像「(ハ、ハルナが怯えるほどの地獄を見てきたというのか、向こうの提督は……!?)」

ハルナ「熱したボーキを口から流し込むのは勘弁してつかぁさい……」(プルプル…

357:2014/03/10(月) 21:19:25.04 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》キリシマ編

キリシマ(ヨタロウ)「なに? あっちの提督の話をしろ?」

群像「ああ。ハルナに話を聞いていたんだけど、途中からコートの中に引きこもってしまって……」

ハルナ『ここは地獄ー、地獄ー、たーのーしーいー地獄ー……♪』(ブルブル…

キリシマ「……しょうがない」

~キリシマ回想中~

キリシマ(ヨタロウ)「まったく、どうして私がこんな姿にならなくてはいけないんだ……」

キリシマ(ヨタロウ)「メンタルモデルまで吹っ飛ばされて……ユニオンコアが無事だったからよかったものの、あと一歩遅ければ消滅していたぞ……!」(プンスカ

提督「す、すまない、砲撃を止めるタイミングを見謝った……」

キリシマ(ヨタロウ)「……フンッ、まあ別にいいが。全力で挑んだ上で戦いに負けた私が悪い」

提督「そ、そうか……しかし」(ジー

キリシマ(ヨタロウ)「なんだ?」

提督「その体、着心地? はどうかね」

キリシマ(ヨタロウ)「着心地か……まあ、悪くないぞ。ハルナにナノマテリアルを分けてもらったし、なにより元がいいんだろな、不都合なく歩き回れる」

提督「そ、そうか……」

提督「(目安箱のお願いにあったヌイグルミ、多めに買っておいてよかった……)」

キリシマ(ヨタロウ)「しかしいいのか?ヒュウガに聞いたが、このボディ、オーダーメイドの高級品らしいじゃないか」

提督「気にしないでほしい。メンタルモデルとやらを壊してしまったお詫びのつもりだ……」

提督「も、もしかしてそれでは足りないか? 当たり前か、体を失わせたのだからな……。き、君が他に詫びを望むなら、私にできる範囲の中でなんでもするが……」

キリシマ(ヨタロウ)「ん? いま何でもすると言ったか?」

提督「あ、ああ……」

キリシマ(ヨタロウ)「なら……そうだ!」

キリシマ(ヨタロウ)「フフッ……フッフッフッ……!」

群像「キ、キリシマ……?」

キリシマ(ヨタロウ)「おっと、悪い。あの提督を屈服させて私のものにする日が待ち遠しくてな」(ニヒルなポーズ

群像「!?」

キリシマ(ヨタロウ)「さあ、大事の前の小事とやらだ。さっさと世界を救ってしまおうか!」

359:2014/03/10(月) 21:30:41.44 ID:

《鎮守府》執務室

ヨタロウ(ピンク)「……」

文月「司令官~、このヌイグルミどうしたのぉ?」

提督「ああ、霧の子たちが帰還する時、『約束の証だ』とキリシマ君が……」

提督「(次に会ったとき、本気で演習しろ、か……)」

提督「(負けたらキリシマ君の艦長をすると約束したが……もしかして私はとんでもない安請け合いをしてしまったのではないか……?)」(キリキリ…

文月「ふぅん? そぉだ司令官、司令官、この子といっしょにオママゴトしよぉ~」

ヨタロウ(ピンク)「ニヤリ」(目が光る

提督「!?」

361:2014/03/10(月) 21:43:06.83 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》コンゴウ編

コンゴウ「……」

群像「コンゴウ、向こうの提督について話を……」

コンゴウ「奴についてだと?」(イラッ

群像「あ、ああ……ダメか?」

群像「(やけに機嫌が悪い……なにかあったのか)」

群像「(というか、なんで普通にコンゴウがいるんだ?)」

~コンゴウ回想中~

<カーニバルダヨ!
<ヤダヤダ、マヤノコト(ry
<オットォ、イマノハアブナカッタァ!

コンゴウ「艦娘どもに兵器としての格の違いを思い知らせてやろう」

ヒュウガ『さあ提督さん、大ボスのコンゴウさんがお出ましよ。主砲に気をつけてね~』

提督「こ……コン……ゴウ……だと」

ヒュウガ『あ、あれ、提督さん?聞いてる? もしも~し』

コンゴウ「フン、今頃になって怖じ気づいたか? だが容赦はしな……」

提督「コンゴウ…………こ、こここ……」(ガクブル

ヒュウガ『……ちょっとコンゴウ? あんた、提督さんになにやったのよ』

コンゴウ「知らん。そもそいつに会ったのは今日が初めてだぞ。そうだな、貴様?」

提督「ヒッ……! う、うわぁぁぁっ……来るな、話しかけるなっ……あっち行けぇ……!!」

コンゴウ「」

ヒュウガ『いや、絶対やったって。なんかトラウマってるじゃん』

提督「ぜっ、全艦、攻撃……! 目標コンゴ……あの悪魔だ! 撃てっ、撃てぇ!!」

イオナ「ヨーソロー」(躊躇なし

ヒュウガ『ちょっ』

コンゴウ「」

<オットォ、イマノハアブナカッ(ry

コンゴウ「私を辱しめた報い、かならず受けさせてやる……!」(爪噛み

群像「(勤勉実直な人かと思ったが、意外と女の敵なところもあるんだな……。英雄色を好むと言うけど……まさかキリシマやコンゴウに手を出すなんて、凄い漢だ……)」

ヒュウガ「(いろいろと勘違いしてそうだけど、面白いから黙ってよーっと)」(全部覗いてた

362:2014/03/10(月) 21:46:29.35 ID:

やはりコミュ障にあそこまで露


なラブコールをする艦娘は苦手なんだなww
363:2014/03/10(月) 21:47:31.08 ID:

そういやこの鎮守府に金剛さんいなかったっけ・・・。一番苦手そうなタイプだけど
過去に既に何かやらかしてたんだろーか。
364:2014/03/10(月) 22:00:30.44 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》青葉編

《鎮守府》執務室

提督「……何故呼ばれたのかはわかるかね?」

青葉「あ、あはは、さてぇ、どしてでしょうね~」

提督「ここ最近、鎮守府において盗撮や盗聴が頻発しているとの報告を受けている。盗まれた情報は好きな食べ物や趣味、想い人など、機密に関わるものではないのが救いだが、それにしても悪質な行為だと私は思う」

青葉「……ソ、ソウデスネー」

提督「……改めて問うが、本当にここへ呼ばれた心当たりはないのだね?」(ジッ…

青葉「」(ダラダラ…

提督「無言は肯定と受け取る。そうか、青葉君ではないのだね……よかった。疑って……すまなかった」(悲しそうな微笑み

青葉「ゴメンなさぃぃ……青葉がやりましたぁ……!」(土下座

提督「…………正直に話してくれてありがとう。私は嬉しいよ」

青葉「ウゥゥ……つい、出来心だったんですぅ~……!!」

提督「いいんだ、誰にだって過ちはある……」

漣「(はぐれ提督人情派……!)」(ドアの隙間から

365:2014/03/10(月) 22:07:44.20 ID:

《提督の休日》間宮編

喫茶《間宮》

提督「……」

間宮「あら、提督さん、いらっしゃいませ」

羽黒「い、いらっしゃいませ~……」

提督「…………い、いつものを」

羽黒「ふえ? いつもの、って、え?」

間宮「すぐに用意しますから、待っててくださいね。羽黒ちゃん、キッチンへ来てー」(ソソクサ

羽黒「て、店長、置いていかないでくださぃ~……!」

《5分後》

羽黒「お、お、お待たせ……しました……。間宮特製ベイクドチーズケーキと、こ、紅茶のセットになり、ます……」

提督「あ、ああ、ありがとう……」

提督「(む、今日の紅茶はニルギリか。深い香りが生クリームたっぷりのチーズケーキとよく合う。チーズケーキのソースはブルーベリーか、オーソドックスではあるが、それだけに使っている素材の良さが重要になってくる……)」(モキュモキュモキュモキュモキュ…

羽黒「(い、一心不乱に召し上がってます……)」

提督「(ああ……やはり甘味は素晴らしい、この時ばかりは日々の悩みを忘れられる……)」(ジ~ン…

間宮「(ウフフ、作り手冥利に尽きますね。さーて、次はどんな特製スイーツを作ってあげましょうか)」

366:2014/03/10(月) 22:11:06.23 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》金剛編

《鎮守府》執務室

漣「そういえばご主人様、明日、新しい艦娘が着任しますね」

提督「……確かに異動の手続きはしたが、明日来るという話は聞いていないぞ」

漣「言ってないですからねー。新しい艦娘は戦艦だそうです。やりましたね、うちの戦力もいい感じに整ってきましたよ」

提督「戦艦、か。確かに大和君の運用は資材の余りがちなうちでも負担が大きかったしな……」

漣「あ、じゃあいい機会ですし、大和さんは解体処分しちゃいましょーか」(ハイライトの消えた瞳

提督「さ、漣君? 君はなにを言っているのかね?」

翌日:《鎮守府》執務室

漣「ご主人様、新しい艦娘の方が到着しました!」

提督「そ、そうか……仕方ない、入りたまえ」

金剛「英国生まれた帰国子女の高速戦艦 金剛デース! よろしくお願いしマース!」

提督「」(白目

漣「ご、ご主人様!?」

金剛「オヤオヤ~?そこにいるのはもしかして~?」(ニマァ

提督「!!」(スベテコワスンダー

<ソウリュウチャンー、オソラカラシレイカン~

<ナンデ!?

漣「えっ、ちょ、なにごと!?」

金剛「アッハハハ! 英国にいた頃からちっとも変わってないデース! ……私から逃げられると思ったら大間違いネー」(ボソ

漣「!?」

367:2014/03/10(月) 22:13:57.10 ID:

そろsろ限界なので今日はここで失礼いたします。
金剛関係のネタは安価で出たらするつもりだった。出たならやるしかない。
368:2014/03/10(月) 22:14:46.43 ID:

乙ー
まさか提督英国にいたことがあったとは
369:2014/03/10(月) 22:20:09.80 ID:

乙です
370:2014/03/10(月) 22:31:04.01 ID:

おつでしたー
371:2014/03/11(火) 06:58:54.85 ID:

乙乙ー
英国留学かー、コミュ障とか色々相違点あるけど、
なぜか相棒の右京さんでここの提督のイメージができてしまったww
372:2014/03/11(火) 07:24:26.41 ID:

ああ…次は総力戦(漣・大和・金剛・如月・神通・不知火)だ…
373:2014/03/11(火) 19:55:26.70 ID:

確かに出会ったその日から露


なラブコールってのも腑に落ちなかったから
提督に英国留学経験があって、そこで既に出会っていた設定はなるほどいいな。
続き楽しみにしてマース。
374:2014/03/13(木) 12:06:15.95 ID:

日を跨いで帰還。
夜、瑞鶴異動とちょっとだけ書き溜めた話を投下したいと思います。あと、毎度のネタ募集もさせてもらいます。
書き溜めと被ったら、そこはなんとか代わりの話を考えます。
↓2
↓3
↓4
↓5

現在の提督保有戦力は
戦艦―大和、伊勢、金剛←NEW
空母―赤城、大鳳、蒼龍、瑞鶴←NEW
軽空母―鳳翔、祥鳳、瑞鳳
重巡―青葉
軽(雷)巡―川内型、球磨型
駆逐―第七駆逐艦、敷波綾波、吹雪、陽炎、不知火、文月、弥生他少数

喫茶《間宮》―羽黒

この艦娘でこんなネタ、と書いていただけると感謝。
ケッコンカッコカリネタの場合は全てパラレルになりますのであしからずです。

現在、保有戦力30(たぶん)。そろそろ提督のstomach値がピンチ。

375:2014/03/13(木) 12:07:54.44 ID:

ksk
376:2014/03/13(木) 12:08:13.71 ID:

川内型のライブの手伝い
377:2014/03/13(木) 12:09:25.88 ID:

祥鳳と甘味談議(in間宮さん)
378:2014/03/13(木) 12:10:23.35 ID:

球磨をぬいぐるみ扱いしてなでなでする提督
379:2014/03/13(木) 12:10:32.39 ID:

瑞鶴とお茶
380:2014/03/13(木) 12:23:13.45 ID:

榛名建造お願いします
381:2014/03/13(木) 21:24:22.43 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》瑞鶴編

瑞鶴(うぅ、セクハラされたとはいえ、提督を爆撃するのはさすがにやり過ぎだったかなぁ……)

瑞鶴(でもまっ、解体処分もされずに済んでラッキーラッキー)

瑞鶴「今時、空母の足りない鎮守府があるなんてビックリだけど……これで加賀さんにぶつくさ小言いわれることもなくなったし、あとは翔鶴姉もこっち来てくれれば最高なんだけどなー。……と、ここか執務室」

瑞鶴「すみませーん、今日ここに異動してきた者なんですけどー」(ノックノック

???『いま立て込んでるから勝手に入ってくだサーイ!』

瑞鶴「え、なにそれ酷くない?母港にも誰も迎えに来てくれなかったし……もしかして私、歓迎されてないのかな」

<いい加減…………ネー!

<タスケ……!!

瑞鶴「なんかホントに忙しそうね。……失礼しまーす!」

瑞鶴「今日からここでお世話になりますっ、航空母艦の瑞鶴で……すぅ……?」

金剛「ハァ……ハァ……ヘ、ヘーイ、提督ぅ、触ってもイイけどサー、時間と場所をわきまえなヨー?」(胸元に手を引き寄せ

提督「ぬ、くっ、くぅぅっ……わきまえていないのは、どちらだ!や、やめたまえっ、し、し、死んでしまいます……!」(手を引っ張り返し

瑞鶴「(姉さん、事件です。セクハラ提督から離れたと思ったら、次の提督はセクハラされる側でした)」

金剛「まったくしぶといネー……そろそろティータイムですし、今日のところは勘弁してあげマース」

提督「ぜぇー……ぜぇー……き、君は……今日異動してくる予定だった……瑞鶴君、か。出迎えに行けなくてすまなかった……ゴホッ、ゴホッ!」

金剛「そして秘書艦の金剛デース!」

瑞鶴「(顔、死人みたいに真っ青なんだけど……ホントに大丈夫なのかしら、この提督)」

382:2014/03/13(木) 21:32:52.40 ID:

瑞鶴異動ネタ終了。次、金剛関連のネタをちょびっとだけ投下。
知人が来訪したので、今日はそれで終了させていただきます。すみません
383:2014/03/13(木) 21:33:39.49 ID:

《艦娘たちとコミュニケーション》神通編2

提督「…………ハァ」(カリカリカリカリ…

神通「(金剛さんが来てから一週間……提督、とても辛そうです……)」

神通「(執務も出撃もいつも通りこなされてますが……このままじゃ提督が倒れてしまいます……)」

神通「あ、あの、提督……」

提督「…………なにかね、神通君」(カリカリ……

神通「(いつもなら、声をかけたらちゃんとこっちを見てくれるのに……)」

神通「(せめて私が秘書艦の間は気を休めてもらわなきゃ……!)」

神通「じ、実は今日、お茶請けに提督のお好きな竹羊羮を作って……」

金剛「ヘーイ提督ぅ、ティータイムの時間ネー!金剛の手作りマフィン持ってきてあげたネー!」(バーン!

提督「お、お帰りはあちらだよ」

金剛「聞こえマセーン。ま、お仕事の邪魔はしたくないから、私はCOOLに去りマース!感想は後でタップリ聞かせてモラウネー♪」

提督「…………ハァ」(ガックリ

神通「…………」

提督「あ、ああ、すまない、話の途中だったね。なにか言いかけていたが……」

神通「……い、いえ、なんでも、ないです。あのっ、お茶淹れてきますね」

提督「(何か言いたそうにしながら、話してはくれず。ああ、これはもう確実に軽蔑されているに違いない……)」

提督「神通君だけでなく、きっと他の艦娘たちも……うぐ!ぅぅぅ……い、胃が痛い……」(ズキズキ…

《鎮守府》給湯室

神通「……提督と金剛さんって、どういう関係なんでしょうか。英国にいた時の知り合いらしいですけど……」

神通「も、もし、お、お付き合いされてたりしたら…………私……胸が、痛いです……」(ズキズキ…

青葉「(ふぅむ、面白くて取材を後回しにしてたらダメージを受けてる艦娘がチラホラ)」(コソコソ

青葉「(仕方ありませんねぇ、青葉、一働きしちゃいますっ!)」

384:2014/03/13(木) 21:34:51.40 ID:

腹が痛い提督と胸が痛い艦娘。同じようで全然違う。
金剛が少し嫌な奴に感じられるかもしれませんが、ちゃんとフォローとかしたりするのでご容赦を。
385:2014/03/13(木) 21:37:05.67 ID:

《青葉、100人(誇張)に聞いちゃいました!》

Q:金剛さんについてどう思います?
漣編

漣「」(三角座り

青葉「あ、あれれー?漣さ~ん、もしもーし?」

漣「」(死んだ魚のような目

青葉「へ、返事がない、ただの屍のようだ……」

曙「あー、無理無理。その子、昨日金剛さんにケンカ吹っ掛けて返り討ちにされてからずっとその調子だから」

青葉「ケンカって、前の大和さんとの件で懲りたんじゃないんですか?」

曙「ケンカって言っても、秘書艦としての能力比べよ。書類作成、作戦の立案、ジャンケン、お茶出し、料理にデュエルタクティクス、提督を休ませるタイミング……全部負けたらしいわ」

漣「あー、うー」(コクコク

青葉「(ん?おかしなものが混ざってたような……)む、蝕まれてますねー」

曙「っとに、あのクソ提督には困ったもんよね。昔の女異動させてくるとか職権乱用もいいとこよ!だいたいなんなのよ金剛さんも。こっち来て早々、提督ぅ提督ぅってベタベタ……べ、別に私はどうだっていいんだけど!?風紀の問題があるっていうか(以下略」

青葉「(ツンデレ入りまぁーす)」(レコーダー回しながら

386:2014/03/13(木) 21:40:10.20 ID:

《青葉、100人(誇張)に聞いちゃいました!》
Q:金剛さんについてどう思います?
大和編

大和「………………」(ザクザクザクザク…

青葉「(な、なんの音ですかねぇ)や、大和さーん?」

大和「排除しないと取り除かないと汚らわしい汚らわしいこのままじゃ大和と提督の幸せが消えてしまいますそうです今のうちに大和の提督に色目を使うあの泥棒猫を海に沈めてしまえばいいんですそうすれば提督は大和のところに戻ってきてくれるに違いありませんウフフ、ウフフフッ……!」(金剛の写真に針を突き立てながら

青葉「うわぁ」(ガチ引き

青葉「し、失礼しましたぁ……」(そっ閉じ

青葉「えっと………………次いってみよー」

387:2014/03/13(木) 21:44:56.29 ID:

《青葉、100人(誇張)に聞いちゃいました!》
Q:金剛さんについてどう思います?
ハイパーズ&伊勢編

北上「えー、金剛? ウザくはないけど、ちょっとフリーダム過ぎだよねー」(雷巡のポーズ!

大井「北、上さん……のっ、い、言う通り……ね!」(ブルブルブル…

青葉「(暇潰しにパントマイムやってる人たちに言われましても……)」

青葉「あのー、伊勢さんお時間よろしいですか? ちょっと金剛さんについてお聞きしたいのですがー」

伊勢「ゴメン、いま忙しいから後にして。えーっと、タイトルはウチの鎮守府がこんなに修羅場なはずがない……いや、私の提督が残念なのは全部お前らが悪いの方がインパクトあるかな?」

青葉「完成したら青葉にも一冊お願いしまーす」

388:2014/03/13(木) 21:45:43.72 ID:

《青葉、100人(誇張)に聞いちゃいました!》
Q:金剛さんについてどう思います?
文月&弥生編

文月「金剛ちゃん~?お菓子くれるし、文月とも遊んでくれるし、とってもいい人ぉ」

弥生「英語……教えてくれます」

青葉「なるほどなるほどぉ……年少組の懐柔も完璧ですねー」

文月「怪獣ぅ? ゴ○ラってかっこいいよねぇ」

弥生「弥生は……ガメ○の方が……」

青葉「えー、いろんな人に聞いて回りましたが……総合すると才色兼備でハイパーズよりもフリーダムで子供に優しくて扱いも上手な艦娘、ですか」

青葉「……………………スゲエ」

389:2014/03/13(木) 21:46:27.62 ID:

今日はここまで。いただいたネタと提督英国ネタは次、投下させていただきます
390:2014/03/13(木) 22:40:15.41 ID:

乙でしたー。そこまで嫌な感じはしないですね、金剛。
まぁ、時間と場所以前に提督の胃の限界をわきまえなよー、って感じですが。
391:2014/03/13(木) 23:11:00.59 ID:

乙です
392:2014/03/14(金) 16:18:12.53 ID:

提督も提督もで口下手すぎて ろくに真意を伝えないから誤解がさらに・・・ww

照れて素直になれない と思われてるな


引用元:【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話【ネタ募集】(SS速報VIP)
【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その1【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その2【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その3【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その4【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その5【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その6【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その7【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その8【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その9【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その10【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その11【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その12【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その13【SS】(再)

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その14【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その15【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その16【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その17【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その18【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その19【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その20【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その21【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その22【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その23【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その24【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その25【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その26【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その27【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その28【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その29【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その30【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その31【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その32【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その33【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その34【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その35【SS】

【艦これ】提督と艦むすの鎮守府での四方山話その36【SS】

全話リンク:提督と艦むすの鎮守府での四方山話

1001 : 2017/03/28 23:58:38 ID: