響

 


ハラショー、響ちゃんの内モモの匂いを嗅ぎながら永遠の眠りにつきたいだけの人生であった。

 

 

 

1000:
1001 : 2018/02/21 23:58:38 ID: