gf

41:2014/10/15(水)11:37:59 ID:

そういや扶桑姉妹って夜戦で二人一緒に撃沈されたんだっけ
55:2014/10/15(水)11:41:46 ID:

>>41
いんや、姉様は早々に艦隊とはぐれてあっさり脱落。
山城はそれに気付かずさ迷ってるうちに敵艦隊からタコ殴りにされて爆散。
67:2014/10/15(水)11:43:36 ID:

>>41
一緒ではない

「最上」戦闘詳報では午前3時以降の攻撃で「扶桑」右舷中央部に魚雷が命中して落伍、「最上」が「山城」の後ろに続行したと記録。
西村中将は「扶桑」が落伍したことを知らなかった。
一方、「時雨」は落伍した艦を「山城」、健在艦を「扶桑」と誤認していた。
西村中将は「扶桑」健在と判断したまま命令を発している。

なので山城の台詞に「姉さまも戦っているかしら…」と気がついてない台詞がある

97:2014/10/15(水)11:48:29 ID:

>>55>>67
説明サンクス
けっこうバラバラだったのね、まあ最初から勝ち目は無かったろうが
これじゃ一矢報いるのも困難だっただろうな
109:2014/10/15(水)11:49:37 ID:

>>67
「各艦は私にかまわず~」も史実に沿った台詞だよね。
ドックにいるほうが長いとか欠陥戦艦とか呼ばれて最後には死にに行くだけの突撃。
戦いの中で死ねただけ戦艦の本懐をとげられて満足だったのかな。
123:2014/10/15(水)11:52:26 ID:

>>109
囮としての任務を全うしたのにも関わらず、肝心の本隊はまさかのモンキーターン。

現実は残酷ですわ…

139:2014/10/15(水)11:54:35 ID:

>>123
「時雨」は上級司令部に対し『我ト同勢力以上ノ敵泊地ニ夜間突入スルハ勝算ナシ』(同等かそれ以上の敵勢力の場合
敵の拠点である白雉に夜間に突入しても勝ち目はない)と報告している。
戦後、小沢治三郎(レイテ沖海戦時小沢機動部隊司令官)は
『あの時、まじめに戦争をしたのは、西村一人だったよ』と語った。
また江崎(山城主計長)は、敗因について『日本海軍が米海軍に負けたのであって、
西村司令官の責任ではない。当時の誰でも西村司令官以上の指揮は出来ず、あの状況下では最善の指揮だったと信じている』と回想した

西村さんは愛されてるな

149:2014/10/15(水)11:56:34 ID:

>>139
スリガオ、普通一隻残らず全滅だよね

 改二できっと扶桑姉妹は救われると信じてる。
1001 : 2017/09/20 23:58:38 ID: