3b43c088411ce6f0f63ba456c406d5f1d2600c971403909438

 

▼時報ボイス実装

重雷装巡洋艦「北上改 / 改二」及び「大井改 / 改二」に、新収録の時報ボイスが実装されます。

 

▼大井

 

『丁度0時を回ったところです、提督。夜更け、ですね』

『現在時刻、マルヒトマルマル。え…固いですか?そ、そう、ですか…///』

『現在時…あ、いえ、マルフタマルマルです。提督、こんな感じならどうですか?』

『マルサンマルマル、まったくうるさいわね…時報の言い方なんて細かいことを…いえ!マルサンマルマル、です♪』

『マルヨン…マルマルです。提督?てーとく?寝たのかしら?…これはチャンスだわ。』

『マルゴーマルマル!北上さんのところへ行かなくては!そうよきっと困っているに決まってるの、きたかみさ~ん!』

『マルロクマルマル!北上さん!大丈夫?無事?!…だ、大丈夫のようね…。え?この包丁?あ、朝ご飯の…。』

『マルナナマルマル。そう、朝ご飯の支度をね、してあげようかなって。えと、お味噌汁の具は、今日はお麩でいい?』

『マルハチマルマル。はい、北上さんの為に腕によりをかけた作った朝ご飯、どうぞ召し上がれ♪美味しい?そう、良かった。』

『マルキューマルマル。え?持ち場に戻れって?そんなぁ。』

『ヒトマルマルマル。提督ただいま。どこに行っていたって?そんなの北上さんのところに決まってるじゃないの!』

『ヒトヒトマルマル。あのー、提督?なんでそんなに頭を抱えているの?お風邪ですか?!えーと、風邪薬はっと…。』

『ヒトフタマルマルです。丁度お昼ですね。私お昼作りましょうか?大丈夫です、料理は得意なんですよ、私♪』

『フトサンマルマル。さぁ、召し上がれ!え?これ?もちろんオムライスです。ケチャップで何か書いてあげましょうか?』

『ヒトヨンマルマルです。提督、なんですかその怪訝な顔は。別にお昼に毒なんて入っていませんよ?失礼ですねぇ。』

『ヒトゴーマルマル。そろそろ真面目に作戦を遂行しないといけませんね。さ、しっかりやりましょう!えぇ!』

『ヒトロクマルマル。えっと…遠征と任務。あと出撃艦隊は…提督、どうしましょうか?』

『ヒトナナマルマルです。あらやだ、もうすぐ夕食の時間ですね。私、ちょっと夕食の仕込み、してきますね。』

『現在時刻、ヒトハチマルマル。この鍋は何かですって?勿論、愛情たっぷりの、大井特製カレーです!行ってきます!』

『ヒトキュウマルマル。北上さーん♪たまたまカレーを作りすぎてしまったの!よかったら、一緒に食べましょぉぉお!』

『フタマルマルマル。ほら、提督の分もちゃんとありますから。え?美味しい…?体が熱くなってきた?そうでしょう?』

『現在時刻、フタヒトマルマル。さ、洗い物もして、火の周りもオッケー、と。今日も疲れましたね、提督。ふぅ…。』

『フタフタマルマル。チッ、まーた軽巡が一隻騒いでるわね…。提督、私、ちょっと文句言ってきてもいい?ぁ、そ…そう?』

『フタサンマルマル。提督、今日もお疲れ様です。北上さん、もう寝たかなぁ?』

 

 

▼北上

 

『提督、日付が変わったよ。』

『マルヒトマルマル。うん、そう。時報ってやつね。今日はアタシがやってあげるよ。』

『マルフタマルマル。なんか飽きてきたー。漫画とかないの?漫画とか。』

『ちぇー、マルサンマルマル。すっかり夜も更けたねー。アタシも眠いよぉ。』

『現在時刻。マルヨンマルマル。提督は眠くないの?…あぁそう、いいねー…』

『マルゴーマルマル。朝になっちゃったよ…明るいよー…あたしゃ眠いよ…寝ていーい?今から…。』

『マルロクマルマル。わ!どうしたの大井っち!そんな怖い顔してさぁ。なになに、どーしたのさ。』

『マルナナマルマル。提督、大井っちが朝飯作ってくれるって。え?大丈夫だよぉ、ありがたいねぇ。』

『マルハチマルマル。大井っちが作った朝飯、いただきまーす!…あれ?どうして二人分しかないの?提督のは?』

『マルキューマルマル。だから、大井っち、別に大丈夫だって。さー、自分の持ち場に戻った戻った!はいはい!』

『ヒトマルマルマル。ハァ…やっと大井っちが戻ってったね…いや、いい子なんだよ?ほんとはね?あ、知ってた?そう。』

『ヒトヒトマルマル。てなことしてたら、もうお昼だねぇ。いやーお昼、何食べよっかねぇ。あぁ、まだ仕事ね、はいはい。』

『ヒトフタマルマル。お昼だぁ!さて、今日は何食べに行こっかねー、うーん。』

『ヒトサンマルマル。そーねぇ、やっぱ昼はカレーだよねぇ。間宮カレー行きますかねぇ?それとも半舷上陸しちゃう?』

『ふぅ…結局いつもの間宮さんのとこのカレー。ま、いいけどね。美味しいし。あ、ヒトヨンマルマル。一応ね。』

『ヒトゴーマルマル。まぁねぇ、色々あったね。でもさ、なんかそれも仕方なかったのかなってさ、今は思うんだ。』

『ヒトロクマルマル。あ、阿武隈だ。おーい。あれ…なんで逃げるのさ。おーい…変な奴、ねー。』

『現在時刻、ヒトナナマルマル。そろそろ今日は看板だね~夕日が落ちるよ~。』

『ヒトハチマルマル。さ、そろそろ今日もお終いですよー。え、まだ早いって?そっか…ちぇ。』

『ヒトキュウマルマル。あ、大井っち~!何でお鍋抱えてんの?え?大井っち特製カレー?カ、カレーかぁ…。』

『フタマルマルマル。え、提督、夜もカレーでいいって?ふぅーん。いいとこあるね、痺れるねぇ!大井っち、ありがとね♪』

『フタヒトマルマル。まぁ、カレーばっかになっちゃったけどさ、大井っちのも美味しかったよねぇ。なんか変な味したけど。』

『フタフタマルマル。さっ、本日の艦隊勤務もおしまいですよ~。ご苦労様でした~。寝よ寝よ。』

『フタサンマルマル。…ん?ん~?え~。あたし今日寝ずの番の係なの?え~?できっかなぁ、それ無理っぽくない?』

 

 


 

 

駄目だこの大井っち…はやくなんとかしないと…。

誰だよデレてたとか言ったやつ…

 

 _人人人人_
 > 好きだ!<
  ̄Y^Y^Y^Y ̄

 

 

1001 : 2017/09/23 23:58:38 ID: